2017/05/10

ドラえもん、サニー・テリーを吹くの巻

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 自分の録音・録画 tagged , @ 9:17 am by Yuki

最近、友人(60代)が、フェイスブックのプロフィール写真を更新しました。彼が若い頃の、なんかかっこつけたポーズを取っているちょっとイケてる写真で(笑)、彼が言うには、「ここは自分のページなんだから、自分の好きな写真載せるんだもんね!」ということでした。その後に、「昔はかっこよかったのに、何でこんなんなっちゃったんだ?」というコメントを自分で付けていて、まあ、イギリス人の得意な自虐ネタなんですけれども。

そんな彼を見習って(?)、今日は自分の演奏を(笑)。ここは私のブログですから!!!(爆)。

2月にハーモニカのイベントに参加しまして、その時のジャムで演らせてもらったものです。リハなし、ギターの方のとの面識なし、打ち合わせする時間もなしだったので(ジャムでは普通のことですが。)、ちょっとした賭け(?)でしたが、上手く合わせていただいて、吹きやすかったです。

サニー・テリーって、ジャムにはあまり向かないような気がします。面識のない人(どういうスタイルが得意なのかわからない人)とのジャムではやっぱり、「12バー、シャッフル、キーはEで!」みたいなチョイスが安全かと思います。サニーは拍が飛ぶことが多くて、しかも飛ぶのが半拍だったりすることも。サニーおじさんはやりたい放題です。なので、ギターの人もそういうのに慣れていないと弾きにくいでしょうし、ハーモニカ側としても、きっちり4拍子のブギみたいなギターを弾かれると辛い。

そういう意味でも、サニー・テリー&ブラウニー・マクギーのデュオは最強だと思います。サニーがどんだけ拍を飛ばそうが、ブラウニーはいつもサニーが何処に行きたいのか分かっていて、きっちり合わせてくる。

それにしても、このビデオの私の顔は、何でこんなに丸いのか。ドラえもん並に丸い。「なんかドラえもんみたいだよねー」と夫に言ったら、「ドラえもんもアンパンマンも、フレンドリーな人達はみんな顔が丸い!だから大丈夫だ!」と返答されました。持つべきものは、ポジティブな夫だと思います。

2017/04/27

ポール・ラム化

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 本 / DVD / 映画 tagged , @ 8:31 am by Yuki

うちにある、ポール・ラムのDVD。リリースされたのが2007年・・・もう10年も前ですね。すっかり存在を忘れていたのですが、最近ふと思い出して、見直してみたのです。確かサニー・テリーの話もしてたよなあ、と思って。

内容はインタビュー形式で、ポールの音楽人生(?)が、演奏を交えて語られて行く、というものです。久しぶりに見て、爆笑。というのも、話の度に、「サニーが・・・」、「そこはサニーが・・・」、「そういうのもサニーが・・・」と、すぐにサニー・テリーの話になるのです。どんだけサニー好きなんだ、このおっさん(爆)。

いや、それだけサニー・テリーは彼にとって大切な存在なんだということですけれども。確かにね、ポールの演奏を聞いていると、サニー・テリーが土台として身体に染み込んでいるのがわかります。シカゴ系・ウェストコースト系の演奏をする時でも、サニー・テリーのあの細分化されたリズムが常に身体の中を巡っていて、それが彼のスウィンギーな演奏に繋がっている。

そういう私も、ポールのことを笑ってはいられなくなって来ました。ハーモニカの話をしていると、ついつい「そうそう、それはサニー・テリーも・・・」となってしまうのです。夫には「ポール・ラム化してる」と言われます。

IMG_20170415_115720

それはともかく、DVD はポールのデモストレーションもたっぷり入った、素敵な内容となっています。前に見たのは私がまだサニー・テリをやっていなかった頃なので、今回改めて見てみると、すごく新鮮で為になりました。”Beautifully City”とかもやってます!私、サニーの演奏するこの曲、大好きなんですよ。サニー・テリーって謎が多くて、始めの頃はタングブロックをするべきかどうかさえもわからなかったのですが、この曲をコピーして、「タングブロック使ってるじゃん!!」と確信した感動を覚えています(正確には、彼の演奏は、全体にタングブロックとパッカーをかなり巧みにミックスしていると思います)。

そんなわけで、今日はサニー・テリのソロのパフォーマンスをじっくりと撮ったビデオを。Pt 2の始めで、おもむろにポケットからごそごそとハーモニカを取り出す様子とか、たまらないです。サニーは使うキーがいつも決まっているので(だいたいA、Bb、Bあたりですね。)、そんな彼ならではの仕草というか。おしゃれなケースにハーモニカぎっしり、というのよりも(まあそういう楽しさもわかりますが。)、今の私にはこのシンプルさがたまらなくかっこいい。

Beautiful Cityは、Pt 1の4:40から。毎日サニーが眠る前に、お母さんにお願いされて演奏していたという曲。

2017/04/15

Aki Kumar + Rockin’ Johnny

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 10:40 pm by Yuki

イギリスに住んで16年。こちらの生活にどっぷりと浸かってしまっていました。日本に帰るともう、ただの常識ないおばちゃんでしかありません。だいたいこの歳でおしゃれ着(?)がTシャツとジーンズ(又はミニスカート)とエアマックス(たまにアディダス・スーパースター)とかいう時点で終わってる。もう日本には帰れまい(イギリスは個人主義が浸透しているので、結構なんでもアリなのです)。

そんな私ですが、やっぱり自分は日本人だよなあ、と思う瞬間は良くあります。ショパンのソナタがなかなか暗譜できなくて、「ああ、暗記パン欲しい・・・」と呟く時ですとか、料理で醤油を使う度に、「しょうゆうこと!」と頭の中で言ってしまう(かろうじて実際に言葉にはしない。)時ですとか。そういうのを直ちに分かち合える相手が近くにいないというのは、なかなか寂しいものです。

ハーモニカに関しては、例の秋熊。たまに夫の前で「オータムン・ベアー」とか言ってみたりしますが、たぶんわかってません。

さて先日、その秋熊を見に行って来ました。今回はギターのロッキン・ジョニーと共にツアーをしているアキ・クマー。このジョニーのギターが、めっちゃかっこよかったです。片道1時間半かけて行った甲斐があった(運転したのは夫ですが)。なんていうか、いちいちかっこいい。一音一音に表情があって、意味がある。夫がCDを持っていて、ちょっと聞いたことはあったのですが、その時は取り立てて良いとは思わなかったのです(恥)。でも今回のライブを見て、すっかりファンになりました。CDにサインしてもらい、おまけにステッカーもいただいてほくほく。夫には「好きじゃないって言ってたくせに!!」と呆れられる始末です。

IMG_20170410_213757

IMG_20170414_203012

なんかジョニーの話ばっかりになってしまいましたが、アキも相変わらずハーモニカ・マニア感満載の、素晴らしい演奏をしてくれました。これからのブルース・ハープ界をしょって立つ一人になるような気がします。考えたくないことですけど、御三家(キム・ウィルソン、ロッド・ピアッツァ、リック・エストリン。このチョイスは私の独断と偏見ですが、ブルース・ファンの方ならわかってもらえるかと思います。)がいなくなってしまった後、ブルース・ハープ界はどうなるんだ?という不安は、ちょっとありますよね。そんなこともあって、アキにはこれからも頑張ってもらいたい。

アキはフレンドリーで謙虚で、とても良い人です。ブルース・ハーモニカ界って、良い人多いですね。有名な人、ある程度のステータスを築いている人(今回のアキとか。)で、傲慢な人って会ったことありません。彼のCDも買いましたが、それについてはまた後日。

2017/04/09

イメージは掃除機

Posted in テクニック tagged @ 9:57 am by Yuki

先日、夫の生徒さんが家に来ていたので、その間、ちょっと外出することにしました。何しろ狭い家ですので。カフェでお茶をしたり八百屋で買い物をしたりして、そろそろレッスンも終わる頃だろうと家に帰ってドアを開けたら、夫が生徒さんの前で掃除気を片付けている所でした。ハーモニカのレッスンが、いつから掃除機のレッスンになったのか。いつからうちの夫は掃除機屋になったのか。

感の良い方ならもう分かっているかと思いますが、彼はハーモニカを演奏する際の呼吸の説明をしていたのです。ブルース・ハープって、お腹からの呼吸を、喉(KとかGを発音する場所)で一瞬止めて音を切ったりアタックしたりして演奏することが多いです。これはブルース・ハープではすごく重要なテクニックだと思います。

それがどう掃除機に繋がるのかと言うと・・・

掃除機のブラシを外して、筒だけにします。筒の入り口に手を当てたり外したりすると、しゅぱしゅぱ言いますね。その時の手が、喉(KやGを発音する場所)。で、筒の先が閉じようが閉じまいが、吸引を続ける掃除気が、お腹からの空気の吸引です。

そしてこれは、サニー・テリーを演る時も同じです。例えば、同じドローの和音が二回続く時に、「ハー・ハー」と二回吸い込むことはまずないです。「ハー」という一回の呼吸の中で、音を喉で切って二つに分けます。これはブローの時も同じ。サニー・テリーは口内の形を変えて音色を変えたりもしますが、その場合も呼吸は一回ということに変わりはありません。

サニー・テリーは本当に複雑なので、アタックの仕方や音色の変え方はまだまだ研究中ですが、この呼吸の基本はたぶん間違っていないと思います。サニーのあの滑らかなグルーヴは、滑らかな呼吸が基盤です!

2017/04/02

Tone! Sweet Tone!

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 音色 tagged , @ 8:08 am by Yuki

さて、ブログ再開第一回目は、サニー・テリーです(爆)。いや、待って下さい!閉じないで!(笑)他のスタイルにも、きっと応用は利きますから!

先月、ポール・ラム(Paul Lamb) のデュオのライブを見に行きました。サニーのスタイルを演る現代のプレイヤーで、私が一番尊敬しているのが、ジョー・フィリスコ(Joe Filisko)とポール・ラム(Paul Lamb)。両者とも、聴きまくって研究しまくった感ありありの、素晴らしい演奏をします。特にジョーは、私がサニー・テリーを始めるに当たって、彼の教材がとても役に立ちました。お会いする度、またFacebookなどでもいつも励ましていただいて、彼なしにはここまで来れなかったと思います。どれだけ感謝してもし足りない。

そして、ポール・ラム。彼のサニー・テリーも素晴らしい。サニーのグルーヴとフィーリングに至っては、個人的には世界一だと思っています。ポールには一度、レッスンの様なものをしてもらったことがあり、嬉しいことにそれを覚えていてくれて、今回も励ましていただきました。ありがたいことです。

このポールのライブを見て以来、集中して練習しているのが、トーン(音色)作り。サニーのあのスウィートなトーンを求めて、日々研究中です。サニー・テリーってなんかちょっと音色がシャープなイメージがあるかもしれませんが(サニーがよくやる4穴ドローのロングトーンは確かにシャープなので、そのせいですかね?)、全体の音色は実にスウィートです。それまでは結構いい線行ってると思っていたのですが、ポール・ラムのライブを見て、まだまだだ!と思い知らされました。

誰っだたか忘れましたが(確かシカゴ系の有名なプレイヤーだったと思います)、「トーンの改善に限界は無い」と言っていたことがあります。どんなに上手くなっても改善の余地はあるという事です。名言ですね。

そんな訳で本日は、私のアイドル(61歳のおっさん捕まえてこの言葉のチョイスはどういうものか。)ポール・ラムのこのスロー・ブルースを。かっこいいですよ!!

2017/03/26

お久しぶりです!!

Posted in ハープ日記 @ 10:31 am by Yuki

なんと二年半ぶりの更新です!皆様、お元気でしょうか(というか、まだこのブログを見てくれている人はいるのか)?

ここ一年くらいでしょうか、読者の方々がFacebookで私を見つけて下さって、「ブログ読んでました」などと嬉しいメッセージを頂くことがありました。それで、ああ、そういえばブログ楽しかったよなあ、という思いがじわじわと蘇って来てですね、ちょっと重い腰を上げて、また再開してみようかと思ったわけです。メッセージを下さった方々、ありがとうございます!そして、何も言わずに更新を待ち、今これを読んでくれている方々も、ありがとうございます!

さて、この二年半の間、何をしていたかと言いますと。。。サニー・テリーをやっていました!(爆)うちの狭いアパートの一番端にある一番狭い部屋は、「サニー・テリー部屋」と呼ばれています。ガレージが泥棒に壊されて使えない状態なので、この部屋を物置き代わりに使っていて、自転車やダンボール箱などで溢れかえっている足の踏み場もないような部屋です(どういう生活をしているんだ)。その部屋に暇さえあれば引きこもってサニー・テリーを聴いてはコピーし、聴いてはコピーし・・・を続けていたので、夫が「サニー・テリー部屋」と名付けました。

そんな訳で、サニー・テリーはちょっとは上手くなりましたが、他のスタイルは下手になった気がします。「 C調ハープだけでやってるんですよね。すごいですね」というメッセージも何度かいただきましたが、もうそんなの全然出来ません。ファーストやサード・ポジションでさえかなり怪しい。というか、最近はサニー・テリーしかできない人になりつつあります。

しかし、私にとってハーモニカはあくまで趣味ですから!バンドやりたいとか有名(?)になりたいとかいう野望もないですし。好きな曲やスタイルを楽しんでやるのが一番だと思うのです。これからのブログの内容が、サニー・テリー一色になるのでは・・・?という良からぬ予感がちょっとしますが、楽しんでもらえたら嬉しいです。長くなったので、再開後、第一回目の本文はまた後日。よろしくお願い致します!

2014/09/26

Sonny Terry – take 2

Posted in 自分の録音・録画 @ 10:40 pm by Yuki

思うところあって、サニー・テリーの録音をやり直しました。バージョン・アップです。

2014/07/27

ピン芸人

Posted in ハープ日記, 自分の録音・録画 @ 9:34 am by Yuki

お久しぶりです!ハープおたくのみなさま、いかがお過ごしでしょうか?ブログをすっかり放置しておりましたが・・・めっちゃ忙しかったのです!

まず6月に、ハーモニカとフット・パーカッション(ストンプ・ボックス+タンバリン)とボーカルで、ソロのライブをやらせてもらいました。なにしろこういう形態でのライブは初めてだったので、聞き返してみると色々問題はありますが、こういうのは回数重ねて慣れて行くしかないんだろうなあ、と思います (この先どれだけこういうライブをやって行くのかは不明ですけれども)。

他にもサニー・テリーとかアンプリファイドとかもやりました。

いつも思うことですが、歌とハーモニカ一本だけで(他の楽器の伴奏なしで)、音楽をずーっと繋げ続けるというのは非常に難しいです。息つく暇もないというか、唾を飲み込む暇がないというのが一番辛い。ピアノ弾きながら歌うのも難しいし得意ではないですが、それとはまた別の難しさがあります。それから、ストンプが意外に疲れる(笑)。

まあそんな感じで、このライブのための準備と、それから去年くらいからずっと計画を練っていたピアノのプロジェクトの打ち合わせや練習や曲のアレンジなどもあり、忙しくしておりました。こちらの方もライブを始めたので、近いうちに何かアップできれば、と思います。

2014/04/28

Dennis Gruenling のロー・キー、クロスオーバー

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 9:42 pm by Yuki

デニス・グルンリングの新しいクリップ。

まずは、ロー・キーのハーモニカでの演奏。もうこれは、ハーモニカというよりホーンですね。こういうのやらせたらこの人はほんと上手いです。最後に「聖者の行進」を引用していることから、やはり本人も明らかにホーンを意識しているのが聞いて取れます。かっこいいなあああ。

>Doug Deming & Dennis Gruenling w/The Jewel Tones “You Can Do No Wrong”

dennis_g

それから、こちらはちょっと前ですが、デニスがHohnerのCrossoverを吹いてコメントしているクリップを、ホーナーがアップしていました。

>Dennis Gruenling on the Marine Band Crossover

表現力の多彩さはさすがですね。クロスオーバーだと、カスタマイズや手直しなしでもオーバーブロウができる、ということもさりげなくアピールしたりしています。

2014/04/20

オー・ブラザー!

Posted in 本 / DVD / 映画 tagged , , , @ 2:33 pm by Yuki

映画、「オー・ブラザー」(原題:O Brother, Where Art Thou?)を見ました。コーエン兄弟の映画は好きですが、これは機会を逃しっぱなしでまだ見ていなかった。 音楽は T Bone Burnett がプロデュースしています。

1930年代、アメリカの南部。鎖に繋がれ、ワークソングを歌い、そのリズムに合わせて穴掘りの仕事をするチェイン・ギャング。この冒頭のシーンから、ブルース好きとしてはすっかり引き込まれてしまいました。

>O Brother – Opening

このシーンで使われている歌は、アラン・ロマックスが1959年にミシシッピの刑務所で録音したものだそうです。歌っているのは、James Carter and the Prisoners(ジェームズ・カーターとザ・プリズナーズ)。「ザ・プリズナーズ」ってバンド名みたいですけどね、文字通り本物の囚人の方々らしいです(笑)。

o-brother-hammer

しかしこの録音が数十年後(2003年)に映画で使われることになって、バーネットによりプロデュースされたサウンド・トラックのアルバムがビルボード・チャートで1位になったりグラミー賞を取ったりしたので、こりゃなんとかこの歌を歌っているジェームズ・カーターという人物を探し出さねば、ということになったらしく。

o_brother_st

カーターさんは無事発見され(シカゴにいたそうです。)、20000ドルの報酬を受け取り、グラミー賞のセレモニーなどにも参加したそうな。カーターさんは1925年生まれなので、この歌を録音した際は34歳くらい、映画で彼の歌が使われた時は75歳くらい、ということになります。77歳で亡くなっているので、間に合って良かった!人生ってほんと何が起こるかわかりません。

この逸話からもわかるように、映画では、ブルーグラス、フォーク、ブルースなどの音楽が重要な役目を果たしています。クリス・トーマス・キング扮するトミー・ジョンソンも出てきます。主役の3人組がクロスロードで彼を見つけて車に乗せるシーンも、ブルース好きとしてはたまらない。このブログを読んで下さっている方には、アメリカのルーツ・ミュージックが好きな方が多いと思うので、おすすめな映画です。

ストーリーとしては、脱獄/逃亡系ですが、かなりゆるいです。KKKなんかも出てきてヘビーなはずなのに、そこはさすがにコーエン兄弟、という感じで、ゆる〜く楽しく(でも歴史や事実を軽んじているというのでは決してない。)進んで行きます。主役は、「世界一セクシーな男」などと言われるジョージ・クルーニー。私はその濃い感じがあまり好きではなくて、そんなにかっこいいと思ったことないんですが、この映画を見て、「なるほど、この人の持つ魅力はこういうことなのか」と納得しました。だめ男のチンピラを演じるジョージ・クルーニーは、非常にかっこいい。

次ページへ