2008/05/18

Livin’ a Lie – Sugar Ray Norcia

Posted in CD tagged , @ 9:50 pm by Yuki

現役で活躍するブルース・ハープ・プレイヤー、シュガー・レイ・ノーシア (Sugar Ray Norcia)。今日は、2005年にリリースされた彼のアルバム、”Hands Across the Table” から “Livin a Lie” という曲について書きたいと思います。大好きで大好きで、しょうがない曲です。「モダン・ブルースハープ・プレイヤーの好きな曲トップ5を挙げて」 と言われたら (そんなマニアックなことを聞く人はめったにいませんが)、絶対にこの曲が入ります。聴くたびに、胸が熱くなって、鳥肌が立って、泣きそうな気分になります。というか、今日はこのブログを書くために聴き直していて、泣いてしまいました。

歌詞は、「俺の彼女は浮気をしていて、いつも俺のことを傷つける。俺は自分に嘘ついて、偽りの生活を送ってるんだ」 というような感じで (直訳ではありません。)、音楽によってはかなり暗くみじめになりそうなのですが、シュガー・レイの演奏は、熱い熱い愛の讃歌に聴こえます。「だまされてるってわかってる。こんなのが嘘の生活だってのもわかってる。でも、しょうがねえよなあ。彼女が好きでたまんねえんだ」 という思いが、彼の演奏から伝わってくるようです。そこには、圧倒的なものに対する心地よい降服があるような気がします。

アルバムの中には、好きな曲もあまり好きではない曲もあるのですが、この “Livin’ a Lie” が入っているというだけで、私の中ではかなり高位置なアルバムとなっています。

シュガー・レイは、先日紹介した、ビッグ・ウォルター・ホートンのアルバム、”Little Boy Blue” にもヴォーカルで参加しています (>Little Boy Blue – Big Walter Horton)。今日、このブログを書くために “Hands Across the Table” のCDの解説を読んでいたら、ピアニストの名前が Little Anthony Geraci と紹介されていました。これはひょっとして、ビッグ・ウォルターの “Little Boy Blue” でオーティス・スパン (Otis Spann) みたいなピアノを弾いていた Little Anthony という人では?と思って調べてみたら、やっぱりそうでした。気づくの遅すぎ (恥)。ピアニストとして、こういうことを知らないというのはいけませんね。反省です。もうちょっとちゃんと勉強しよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。