2008/05/29

インプロヴィゼイションの練習方法 ・ その1

Posted in テクニック tagged , , @ 6:50 pm by Yuki

ブルースの演奏に欠かせないのが、インプロヴィゼイション (アドリブ / 即興演奏)。毎回同じことを繰り返す人も中にはいますが、私はブルースの醍醐味はその即興性にあると思います。でもインプロヴィゼイションを上手くするのって難しいですよね。「今日はいつもと違ったソロを演奏しよう!」 と心に決めて挑んでも、実際に演奏してみると代わり映えのしないソロばかり、、、というのを経験したことがある人は少なくないはずです。今日は、マンネリ化しがちなインプロヴィゼイションを改善するための練習方法を紹介したいと思います。

まず、練習する前に、避ける穴をひとつ決めます。2穴ドローを避けるとか、3穴ブロウを避けるなどと自分の中で決めてから、その穴を使わずにインプロヴィゼイションを始めるのです。そうすると、いつものパターンを繰り返すことができなくなるので、新しい動きを見つけて行かなくてはならなくなります。慣れてきたら、避ける穴を2つに増やして練習します。これは、先日参加したデニス・グルンリング (Dennis Gruenling) のブルースハープ・ワークショップで学んだ練習法です (>Dennis Gruenling)。想像するよりも難しくて、とてもよい練習になります。

広告