2008/06/02

弱音ベンド

Posted in テクニック tagged , @ 5:12 pm by Yuki

何しろ初心者なので、問題点や改善すべき点は山ほどあるのですが、先日、ジャムセッションで演奏して、反省したこと。
弱音でのベンドが苦手。
ある程度の音量で演奏する場合は、正確なピッチと、まずまずの音色でベンドノートを鳴らすことができるのですが、それが弱音になると、ピッチが狂ったり、音色が薄っぺらくなったり、アーティキュレーションがあいまいになったりしてしまいます。

ということで、ここ数日間は、静か~にベンドノートの練習をしています。小さい音でベンドしようとすると、口先だけを使いがちになりがちですが、そこは気をつけて、きちんと喉を使ってベンドするようにします。また、音が小さくなったからといって、音色まで薄くならないように、音を身体に共鳴させるのを忘れないようにします。

ああ~、ハーモニカって難しい、、、。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。