2008/06/08

スロウ・ベンド

Posted in テクニック tagged , @ 7:34 pm by Yuki

先日の、弱音ベンドに続いて、最近行っているベンドの練習法。

4穴ドロー・ベンドをできるだけ大きな音で鳴らします (もちろん良い音色で)。そのまま、ゆっくりとピッチを上げていって、なめらかに4穴ナチュラル・ドロー (ベンドではない普通のドロー音。) に到達するように練習します。ピッチを上げる途中で、音量が小さくなったり、音色が薄くなったり、音が跳んでしまったりしないように注意。音量、音質を変えずに、ゆっくりとなめらかに音程を上げていくところに、この練習の意味があります。それができるようになったら、今度はその逆で、4穴ナチュラル・ドローからゆっくりとピッチを下げて、4穴ドロー・ベンド音に到達するように練習をします。この時も、注意する点は一緒 。(音量、音質を変えず、なめらかに!)
上手くできるようになったら、1穴、2穴、3穴、6穴でも練習し、更に、弱音での練習もします。

これは、口の中を開いて、喉でピッチを調節し、お腹で支える、という正しい方法でベンドをしないと上手くできないので、とても良い練習になります。これが上手くできるようになると、ベンド・ノートの音色が改善され、ピッチも安定するようになります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。