2008/07/03

James CottonとSEYDEL

Posted in ハーモニカ, ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 10:21 am by Yuki

このところ、サイドル社(C.A. Seydel Söhne)の製品についてばかり書いていたので(>SEYDEL 1847>BIG SIX Blues)、今日は違うことを書こう!と思っていたのですが、サイドルのページでニュースがあったので、本日もまたサイドルな話です。

あのジェームス・コットン(James Cotton)が、サイドルのアーティスト・ページに加わりました。
コットンは、今年の3月に、リトル・ウォルター(Little Walter)がロックの殿堂入りをした際に、そのセレモニーで演奏したのですが、その時はサイドル社のスティール・リードを使ったのだそうです。現在製作中のニューアルバムでも、SEYDEL 1847を使っているのだそうな。写真はサイドルのハープを持つコットン。

サイドルのオフィシャル・サイトでは、このことを大々的にニュースとして発表していました。まあ、ジェームス・コットンといえば、生きるブルース・レジェンドですから、誇り高いことなのでしょう。私は2005年にイギリスに来た際にライブを見に行きましたが、すごく楽しそうにハーモニカを吹いていました。それにしても、最近、サイドルはめきめきと力をつけていますね。

サイドルのコットンについてのページはこちら
>Superharps united: Blues Legend James Cotton becomes SEYDEL endorsee

広告

2件のコメント »

  1. ogitetsu said,

    James Cottonは、3年ぶりぐらいにまた日本公演を行なうのだとか。
    もう声は出せないらしいけれど、ハーモニカはまだ充分吹けると、私の相棒のハーピストが申しておりました。

    面白いことに、ブログ仲間ってシンクロする時があるんですよね。ボクもコットンについて何か書くことは無いかなあ、と考えていた矢先なので、ここでコットンの写真を見て、「おや」と思った次第です。

    オギ

  2. Yuki said,

    >オギさん

    そうそう、また日本に行くらしいですね。
    3年前にイギリスで見た時も、ハープだけの演奏で、全曲座っての演奏でしたけど、すごく良かったです。

    オギさんのコットンについてのエントリーも楽しみにしています。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。