2008/07/08

Joe Filisko

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , @ 11:05 pm by Yuki

ヨーロッパのハープ・プレイヤー達と、「モダン・ハープ・プレイヤーの中で、一番好きな人は?」 という話をするとき、必ずと言っていいほど耳にするのが、ジョー・フィリスコ (Joe Filisko) という名前である。「ジョーは今までに出逢った、最高の教師だ」 と言う人や、ジョーは俺の harmonica god だ」と言う人が、必ず一人はいる。日本ではあまり名が知られていないが、アメリカやヨーロッパで現在のハーモニカ事情を追っている人なら、誰でも知っている名前である。

ジョー・フィリスコといえば、カスタム・ハーモニカを作るハーモニカ職人として有名である。彼の作るハーモニカは 「ハーモニカのストラディバリウス」 と言われ、キム・ウィルソン (Kim Wilson) やデニス・グルンリング (>Dennis Gruenling)、ジェリー・ポートノイ (Jerry Portnoy)、ハワード・リーヴィー (Howard Levey)、故ゲイリー・プリミッチ (Gary Primich)、など、現在活躍するトップ・プレイヤー達のハープは皆、ジョーがカスタマイズしている。ハーモニカ・カスタマイザーとして、この人を上回る者がいないことは、誰もが認める事実である。しかし、「クラフツマンとしてのジョー・フィリスコ」 は、あくまで彼の一面でしかない。教師として、また、プレイヤーとしても一流で、その人柄の良さも手伝って、人々から親しまれ、尊敬されている。

ジョー・フィリスコの演奏が人々の心をつかむ理由は、それが、ハーモニカという楽器への愛情と敬意に満ちているからだろうと思う。ハーピストに限らず、ミュージシャンというのは、概して演奏にエゴを押し出すことが多い。もともと音楽というものは自己表現の手段なのであるから、これはまあ当然のことなのだが、ジョーの場合は少し違う。彼の演奏において、一番に来るものはエゴではなくて、ハーモニカである。彼は、ハーモニカという楽器を知り尽くしていて、この楽器の持つ美点を最大限に引き出すことに勤めているように見える。しかし、そうすることによって、奏でられる音楽はジョー・フィリスコにしか作り出せない音楽となるのである。

キム・ウィルソン (Kim Wilson) やデニス・グルンリング (Dennis Gruenling) など、モダン・ハーピストで好きな人達はたくさんいるけれど、ジョーほどソウルフルな演奏をする人はいないような気がする。

映像は、2007年にドイツで行われたハーモニカ・フェスティバルでのコンサートの模様。ギターはエリック・ノーデン (Eric Norden)。ハーモニカという楽器が、更には、音楽というものがこの世に存在することを感謝したくなるような演奏である。

私は2年前に、ブリストルで行われたハーモニカ・フェスティバルでジョーにお会いしたのだが、彼の演奏する音楽そのもののような人柄であった。

広告

6件のコメント »

  1. ogitetsu said,

    初めて彼を聞いたのですが、さて、どの様な曲を歌うのだろうと、思ったら、<Jesus on the mainline>とはね。
    さすがに4:45以降のソロは良いと思いました。もし、彼の印象の良い点を上げるのであれば、歌う時にはキチンと歌い、ハーモニカばっかりを吹きまくらない所かな。
    よく居るでしょ。テクが有るとギターでも弾きまくって曲を台無しにする人が。
    料理でもやたらスパイス入れて微妙な味加減を出せない人とか(僕の母親)。

    彼はキチンと観客も自分も楽しんでいるのが解かる。
    バランス感覚の良さですね。

    オギ

  2. tsudda said,

    楽器を演奏する目的は演奏者各々で違ってくるのでしょうが、その楽器の可能性を良く見極めて引き出す努力をする事は王道(、少なくともその一つ)でしょうね。 Joe Filisko は戦前のハーピストの奏法研究でも知られますが、それら10ホールズの可能性が色々と試行錯誤された時期へのシンパシーが強いのでは、とも思いました。「一番に来るものはエゴではなくて、ハーモニカである」の発言、不遜ながら私も同様に感じます。彼のハーモニカへの愛情は並大抵ではない気がしてなりません。

    日本でセミナー等あれば是非伺いたいのですが…

  3. Yuki said,

    >オギさん

    あまり知られていない素晴らしいハーピストを知ってもらえたらいいな、というのがこのブログをやっている目的のひとつなので、こういうコメントはうれしいです。ありがとうございます!
    ジョーは戦前ブルースの権威でもあって、YouTube でその演奏が見られます。

    私も、「弾きまくり派」 は大の苦手です (ごくたまに例外はいますが)。ああいうのは、ブルースという音楽の本質に反していると思いますね。

  4. Yuki said,

    >tsuddaさん

    シカゴ・ブルースにも精通している人ですが、ジョー・フィリスコといえば、やっぱり戦前ものですよね。

    機会がありましたら、ぜひセミナーに参加することをお勧めします!シカゴのジョーのハーモニカ・クラスでギターを弾いている方は日本人だそうなので、日本には色々とコネクションがあるんじゃないかと思いますが、、、。

  5. Julie Iso said,

    2008年のSpahでJoe Flisco のハモニカ演奏にはじめてであったとき本当にしびれました。 ハモニカのビギナーで何一つ分からなかった私でも魂が揺さぶられました。 凄かったですよ。
    やはり私の感性は間違ってなかったのですね。 

    • Yuki said,

      > Julie Isoさん

      ジョーの演奏は、本当に心に響きますよね。

      基本のテクニック (喉の開き方など、身体の使い方) においては、彼の右に出る人はいないと思います。あの音色、すごいですよね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。