2008/07/16

Now You Can Talk About Me – George “Harmonica” Smith

Posted in CD tagged , @ 8:59 am by Yuki

他のハーピストに比べると有名度はいまいち低いジョージ・スミスですが、この人に影響を受けたハーピストは多いです。ウィリアム・クラーク (William Clarke) やロッド・ピアッツァ (Rod Piazza) などに続くウェスト・コースト・ブルース・ハープのスタイルは、この人なしには始まりません。

迫力のダイアトニックと、美しく妖艶なクロマティック。どれも良い演奏なのですが、私がこのアルバムで一番好きなのは、ロッド・ピアッツァが参加している “Astatic Stomp”。ロッドの完璧とも言えるソロから始まり、その後、張り裂けるように始まる (この人は、本当に特色のある音色をしていますね。) ジョージのソロ。それに答えるロッドのソロの出だしは、太いビブラート。お互いを影響、刺激し合いながら音楽を作り上げていく二人。最後の掛け合いもかっこいい。「ブルースって素晴らしい音楽だなあ」 と思う一曲です。

ブルース・ハープのデュエットというのは、上手く演奏するのはとても難しいと思うのですが、この曲は本当によくできていると思います。何度聞いても飽きない一曲です。”Astatic Stomp” というタイトルも、洒落ているじゃありませんか。

広告

2件のコメント »

  1. bluespapa said,

    ジョージ・ハーモニカ・スミスは、私の好きなハーピストの一人です。
    アルバムも色々聴きましたが、ヴォーカルもハープも意外とパワフルです。
    ’50年代半ばの彼が最高ですが、フィリップ・ウォーカーとの日本公演も忘れられません。

    アスタティック・ストンプ、 このアスタティックのマイクはキャンキャンしますが、最高のサウンドが得られますね。
    ホーナーのマイクはアスタティック製でしたが、ちょっとマイルドなサウンドですね。

  2. Yuki said,

    >bluespapaさん

    ジョージ・スミス、かっこいいですよね!音に勢いがあって、迫力があって、なおかつ美しくメロウな演奏もできて、、、。私はサニーランド・スリムと共演したものなんかも好きです。

    Astatic は色々ありますが、古き良き時代に作られたクリスタルエレメントで良いコンディションのものは、最高ですよね!Hohner のマイクは、Astatic のエレメントを使った良いものもありますが、日本で作られたエレメントを使った時期のものは、あまり評判がよくないようです。もちろん、アンプとの相性もありますが。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。