2008/07/24

Jason Ricci

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:14 am by Yuki

ハーモニカに限らず、速弾き (吹き) で攻めるブルースの演奏は好きではないのですが、唯一例外なのが、ジェイソン・リッチ (Jason Ricci)。

この人の演奏に対するアプローチは全く新しいもので、ブルース・ハーモニカの新境地とも言えると思います。初めて聞いたときは自分の耳を疑って、ぶっとんで、感動して涙がでました。

速吹きのプレイヤーですが、この人の演奏は、一音一音と、その音が作り出すフレーズに、きちんと意味があります。それに、速吹きをしても、間を取るところではたっぷり取るので、「速いだけ」 の演奏で終わらずに、しっかりと聞き手に訴えかけてきます。そういうところが、シュガー・ブルー (Sugar Blue) などの速吹きプレイヤーと違うところです (シュガー・ブルーが好きな皆様、ごめんなさい。ただ単に私の好みです)。

映像は、前半アコーティスティックで、後半アンプリファイドに切り替えて演奏するジェイソン。速吹きでも、きちんとハープが泣いています。速吹きのプレイヤーではありませんが、私はマーク・ハメル (Mark Hummel) が好きではなくて、「どうして彼の演奏は、心にぐっとこないんだろう」 と考えたことがあったのですが、彼の演奏はハープが泣かないんですね (マーク・ハメルが好きな皆様、ごめんなさい。あくまで私の好みです)。やっぱりブルース・ハープは 「泣き」 が入ってこそだと思います。

ジェイソンは、絶対にライブを見てみたい人の一人です。

広告

8件のコメント »

  1. blue said,

    シュガー・ブルーなめんなよ!

  2. Yuki said,

    >blueさん

    こんにちは。

    ええと、本文に書いた通り、これは私の個人的な好みです。すみません。
    でも、音楽の好みというのはあって当たり前だと思います。
    なので、シュガー・ブルーが大好きで、ジェイソン・リッチが大嫌いという人がいたとしても、私としては全くOKです。

  3. blue said,

    私も好き嫌いはどうでもいいのです。
    しかし、リッチを紹介するのにシュガーをおとしめる必要はないでしょう?

  4. Yuki said,

    >blueさん

    音楽に好き嫌いがあるなら、どこが好きでどこが嫌いかという理由は必ずあるはずで、その理由を明確にしていくことは、自分の演奏スタイルを作り上げていく上で、欠かせないことだと思っています(そして、それを書く権利もあるはずだと思っています)。

    キム・ウィルソンを「リトル・ウォルターのコピー」と批判する人や、ジェリー・ポートノイを「安全策ばかり取った演奏をする」と批判する人もいますが、私は誰が何と言おうと、この二人の演奏が大好きです。人にはそれぞれ意見があるのが当然だし、そんなのをいちいち気にしていたら、きりがないですよね。どの音楽が自分に重要な意味を持つかは、自分の耳と心で決めるべきだと思っています。シュガー・ブルーの演奏がぴったりとくる人達は、私が何を書こうと、彼の演奏を素晴らしいと思うのではないでしょうか。

    ちなみに、私はシュガー・ブルーが嫌いなわけではなくて、私の心にはいまいち訴えかけてこないというだけです。本文で「ごめんなさい。ただ単に私の好みです」と書いたのは、そういうわけです。おとしめたつもりはなかったのですが、気を悪くされたようで、すみませんでした。

  5. tsudda said,

    うーむ、この辺は難しい問題ですね…

    出版物(商業誌)に比べると遥かに気軽で私的要素の強いblogと言えども、何かしらの意見を述べるとそれに対する反応が当然あるわけで、それを受け入れる義務(というか覚悟)が生じますよね。で、更なる説明を加えるなどしてより有意義な対話となるようにお互いに歩み寄る姿勢があれば、まずはO.K.ではないでしょうか?

    私の所持するJason Ricciのアルバムは1枚のみですがとても気に入っています。一方でSugar BlueやMark Hummelも好きだったりします。他にKim Wilsonは素晴らしいと思いますがJerry Portnoyはそうでもありません。実はAndy Justが大好きだったりしますが、そんな人少ないでしょう?これは私の個人的感想、みなさんと違うはずです。それで良いではありませんか。

  6. Yuki said,

    >tsuddaさん

    私も反対意見があって当然だと思っていて、それを受け入れる覚悟もあったはずなのですが、今回のコメントは 「有意義な対話」 を導くものとはほど遠いものだったので、困惑してしまいました。それでも、私の書き方が悪かったという反省もあり、なるべく誠意を持って対処したつもりです。

    出版物にしろブログにしろ、様々な人による様々な意見が溢れている中で、どれを 「取って」 どれを 「取らない」 か、というのは、最終的には自分の感性で決めることだと思います。シュガー・ブルーを好きな人には、「こいつ、なんにもわかってねーなー」 と思ってもらって当然だと思っています。ただ、それが今回のようなコメントで現れるとは思いませんでした。

    それにしても、Jason Ricci はかっこいいですよね!せっかくジェイソンについて書いたのに、なんだか違う方向へ行ってしまったので、やっとこうして反応が得られて、うれしいです。

  7. まなぶ said,

    俺もyukiさんと同じ感覚かもしれないです。Jerry Portnoyはハーモニカ初めたばかりのとき、マディバンドにいたジェリーのハープめっちゃ好きでした!
    ちょっと前にjason ricciの存在を知り、かなり好きです!歌も好きです!
    シュガーブルーは一枚もってすがあまり聴いてないです。。。

    • Yuki said,

      >まなぶさん

      人の好みはそれぞれですね。色々聞いて行くうちに、好みが変わったりすることもありますし・・・。私もこんなこと書いていますが、シュガー・ブルーもマーク・ハメルも好きだと思うこともあります。ジェイソン・リッチは未だに好きです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。