2008/07/31

Paul Lamb

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , @ 10:11 am by Yuki

イギリスが誇るブルース・ハープ・プレイヤー、ポール・ラム (Paul Lamb)。ライブは何度も見ていて大好きなのですが、昨日は彼のワークショップがあったので、それに参加してきました。現在、うちの近くでは Gloucester International Rythm & Blues Festival というイベントが行われていて、このワークショップはその一環として行われたものです。ハープ以外の音楽記事は、日常のブログの方に書いているので、興味のある方はそちらをご覧になってください。
Jon Cleary
>The Matt Schofield Trio

さてポールのワークショップは、演奏法を教えるというよりも、演奏をまじえながら、彼がどうやって自分自身でハーモニカを学んでいったかという話をするといった感じでした。バンドのライブではアンプリファイドの演奏が多くて、もちろん私はそれも大好きなのですが、1.5メートルくらいの至近距離で、ソニー・テリー (Sonny Terry) やビッグ・ウォルター (Big Walter Horton)、ソニー・ボーイ2世 (Sonny Boy Williamson II) などのスタイルをアコースティックで演奏するポールを見るのは、とても貴重な経験でした。アンプを使って素晴らしい演奏ができる人は、やはりアコースティックの音色がいいんだよなあ、と改めて感じたのであります。

ポールの話で一番印象に残ったのは、自分の好きな一人のハープ・プレイヤーの演奏を綿密に研究して学ぶと、他のプレイヤーの演奏を学ぶのは比較的簡単にできる、というもの。ポールにとってはそれはソニー・テリーで、ソニー・テリーを必死でコピーしてマスターした後は、それを応用して他のプレイヤーのスタイルも学んでいくことができたのだと言っていました。一人の作曲家の作品を隈なく研究して学んだ人は、他の作曲家の作品を弾いても強いというのは、クラシック音楽でも言われることです。自分にとっての 「この人」 というのを見つけて、そのスタイルをみっちりと学ぶのは大切なことなのですね。私にとっては、ビッグ・ウォルターかなあ。きちんとコピーしたことがあるのはまだ数曲なので、もっと研究しなくては。

ワークショップの後は、マイケル・ローチ (Michael Roach) とポールのコンサートがありました。二人ともマイクもアンプもPAもなしの、純粋なアコースティックの演奏。こういうアコースティックのデュオで演奏するポール見たのは初めてだったので、とて興味深かったです。

その後、マイケル・ローチがワークショップ参加者にも演奏の機会を与えてくれたので、私も彼と一緒に一曲演奏させてもらいました。こういうシチュエーションで演奏するのは初めてだったので緊張したし、反省する点ももちろんあったのですが、とっても楽しかったです。インプロヴィゼイション (アドリブ / 即興) も気持ちよくできて、なんとか意味のあるものになったと思います。家での練習はもちろん大切ですが、ある程度上手く吹けるようになったら、ジャムなどに参加して他のミュージシャンと演奏することも、ブルースでは大切だと思います。そこで失敗したり、家で簡単にできることができなかったり、逆に家ではしたことがないことができてしまったり、そういう経験をして新たな練習の課題ができて行くのだと思います。というわけで、今晩もジャムです!

広告