2008/08/05

1穴タング・ブロック

Posted in テクニック tagged , @ 9:56 pm by Yuki

最近、ビッグ・ウォルター (Big Walter Horton) のコピーをしています。今日は、大好きなアルバム “Little Boy Blue” に収められた “Two Old Maids” を練習しました。このアルバムは、ウォルターのソロをすべて口ずさめるくらい何度も聞いてきたので、コピーするのは比較的楽ではありますが、それにしても耳コピというのは根気がいるし、時間のかかる作業であります。

ビッグ・ウォルターのコピーをする時に必要なるのが、1穴のタング・ブロック。普段タング・ブロックで演奏する人でも、1穴の奏法は色々で、パッカーを使う人もいれば、タング・ブロックとパッカーをその時によって使い分ける人もいます。これは、他の穴のように左側に押さえる穴がない1穴は、タング・ブロックをする必要性があまりないし、特に1穴のベンド音はパッカーの方が良い音色が出しやすいことが多いのが理由だと思います。シングル・ノート (単音) を吹く分には、1穴はパッカーで十分だと思いますが、ビッグ・ウォルター特有の、タング・スラップを使ってコード・リズムをいたるところに入れる演奏では、1穴のタング・ブロックが必要になってきます。

この時のタング・ブロックは、舌の左側で2~3穴、または2~4穴を押さえてします。他の穴が、舌の右側を使って吹く穴の左側を押さえるのと、ちょうど逆のやり方ですね。慣れるのにちょっと時間がかかりますが、これができるようになると、1穴でもタング・スラップをすることが可能になります。

ビッグ・ウォルターの演奏は、ぱっと聞いた感じではそれほど音は多くはなくシンプルに思われますが、よく聞くとたくさんの効果音が使われているので、そういう微妙なトリックを学ぶには最適だと思います。一音一音コピーするというのはけっこう大変な作業ですが、大好きな曲が吹けるようになるというのは、やはり楽しいです。耳コピは、自分の好きな曲を選ぶのが上手く続けられるコツなんだろうな、と思います。

関連記事
タング・ブロック - その1
タング・ブロック - その2

広告

2件のコメント »

  1. ogitetsu said,

    話は少し逸れますが、僕はこの写真好きなんですよ。
    なんとなくナマズのようにも見えますが、背の高い彼を見上げている感じで、彼の表情もなんかキリッとしてますよね。

    オギ

  2. Yuki said,

    >オギさん

    ナマズって!
    まあ、でも確かに、、、。

    それにしても、でかい手ですよね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。