2008/08/26

Champagne and Reefer

Posted in CD tagged , @ 6:54 pm by Yuki

ブルースについて話をする時、”pelvis” とか “pelvic” とかいう言葉を耳にすることがあります。ブルースは腰で感じる音楽なのでしょうか。

私が “pelvic” だなあと感じる曲のひとつに、マディ・ウォーターズ (Muddy Waters) の “Champagne and Reefer” があります。以前紹介したアルバム、”King Bee” に収められている曲です (>King Bee)。うちのバンドでも、最近レパートリーに加えました。この曲はコード進行が変わっているのですが、それがまたなんとも気持ちが良いんですね。慣れるのにちょっと時間がかかりますが、何度か繰り返すうちに、身体で覚えて自然に演奏できるようになります。12 bar の感じで次のコードに行きたくなるところをぐっと押さえて、じらしてから次のコードに移る感じがたまらなく好きです。

YouTube で、スタジオとライブの両バージョンを聞くことができます。
>Muddy Waters – Champagne & Reefer (studio)
>Muddy Waters – Champagne & Reefer (live)

ハーモニカは、ジェリー・ポートノイ (Jerry Portnoy)。

相変わらずお手本のような演奏をしていて、それがこの人が批判されてしまう理由でもあるわけですが、私はやっぱり好きですね。確かに批判したくなる人の気持ちもわかるのですが、彼の完璧な演を聞いていると、ハーピストの中のハーピストなんだよなあ、と思わずにはいられません。

広告

2件のコメント »

  1. ぺたぺた said,

    マディとのライブでは、かなり無駄な音もなく、シンプルでかっこいいです。
    ダイナミックな部分もかっこいいです。
    この方をよく見かけていましたが、名前を知りませんでした。
    でも、もっとガサッとしたあらあらしさも、あったりすると私はもっとすきです。

    それにしても、ようつべはダメです。
    この後もズーーーットマディを見入ってしまいました。
    やっぱり、かっこよすぎます。

  2. Yuki said,

    >ぺたぺたさん

    お久しぶりです!お元気ですか?

    かっこいいですよね、ジェリー・ポートノイ。
    マディのバンドのハーピストとしては、一番在籍年数が長かった人なので、見かけることも多いかもしれません。

    YouTube ははまりますねー。
    ギタリストがスライドを弾くということもあって、うちのバンドはマディのカバーが多いです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。