2008/09/04

Champion Jack Dupree with King Curtis

Posted in ハーモニカ以外 @ 7:32 pm by Yuki

昨晩は、チャンピオン・ジャック・デュプリー (Champion Jack Dupree) の映像を色々と見ていて、彼がキング・カーティス (King Curtis) と演奏しているこの映像に目が釘付けとなりました。キング・カーティスはもともと好きなのですが、この演奏は本当に素晴らしくて、何度も聞いても飽きません。

champion jack dupree with king curtis

デュプリーの歌の合間に入れるカーティスのフィルはすごく味があるし、何といっても圧倒的なソロがすごい。特に、ハイピッチ音から盛り上げていって、IVコードで落ち着くところ (5:26あたり)で は、何度聞いても 「うおおお」 と叫んでしまう私です。更に、ソロの終わり方もかっこいい。短3度で終わるかあ~。さすがだなあ、とため息が出てしまいます。

今日の記事は、ハーモニカには直接関係がなかったですが、上手いハーモニカ・プレイヤーというのは、サクソフォーンなどの管楽器の演奏を学んでいることが多いのです。特にサクソフォーンは、ベンド音とか、アタックの仕方とか、音のシェイプの仕方がハーモニカに近いと感じます。聞いていると、「あーなるほどー、サクソフォンではこういう風に吹くのか」 と学ぶことが多いです。

広告

2件のコメント »

  1. ogitetsu said,

    チャンピオンのオッサン、途中で右手で弾きながら、左で酒を煽ってますね。これこそ、バレルハウス・ピアノというかブルースマン丸出しで良いですね。
    この人はボクシングでも州のチャンピオンになっているから、一つに才能あると、色々と他にも才能が有ったりするのよね。
    しかし、この演奏は本当いい具合で皆はまってますね。ソロに絡まるドラムの入り方にも感心します。

    オギ

  2. Yuki said,

    >オギさん

    ドラマーから転向したアルバート・アモンズとか、元野球選手のジミー・ヤンシーとか、
    ブルース / ブギウギ・ピアニストって、他から転向した人がけっこういますね。

    >ソロに絡まるドラムの入り方
    そうそう!あれ、かっこいいですよね!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。