2008/09/05

ブルースハープについての認識

Posted in ハープ日記 tagged @ 9:49 pm by Yuki

先日、ジャムの後で、ギタリストの一人 (以下Dとします。) と話していた時のこと。

D: ギター弾いたことある?

私: 何回か挑戦したことあるけど、ぜんっぜんだめだった。押さえてる弦と違う弦を弾いちゃったりしてさ。あはは(笑)。ギターって難しいよね。Dはピアノ弾くの?

D: うん。C調の曲なら弾ける!がはは(笑)。そういう奴多いよね。

私: うん、多い多い。C調はピアノでは視覚的にすごくわかりやすいから。

D: ピアノは調を変えて弾くのが大変だよな。でも、一番移調が簡単なのはハーモニカだよね。曲の調によってハーモニカを変えればいいんだもんな。

私: うーん。でも、ポジションが変わると混乱したりするよ。

D: へ。ポジションて何?

私: CハープをそのままC調の曲で吹くのがファースト・ポジション。5度上の調を吹くのがセカンド・ポジション。で、5度下の調を吹くのがサード・ポジション。ブルース・ハープでは主にこの3つが使われることが多いよ。最もよく使われるのはセカンド・ポジションだけど。

D: へえ~。俺はまた、ブルース・ハープってのは、みんなクロス・ハープ (セカンド・ポジションのこと) で吹くものなのかと思ってた。

私: 一つのハーモニカでも、全ての調を吹くことはできるんだよ。ただ、幾つかのポジションはブルースにぴったりとくるけど、ブルースに合わないポジションもあるから、そういうポジションはあまり使われないというわけなの。

D: へえ~。知らんかった。

私: ハープって実は奥が深いのよ。

、、、こんな感じで、ブルース・ハープについての世間の認識というのはやっぱりこんなものなんだなあ、と改めて思ったのでありました。それにしても、ブルース・ハープってなんだか正当に評価されていない!と感じることが多いですね。曲の調に合わせてハープを持ち替えて同じことをやってるだけじゃん!と思われがちなハーピスト達。まあ確かに、そういう演奏をする人が多いのも事実なので、仕方がないことなのかもしれませんが、そこから脱出しようとあくせく努力しているハーピスト達もいるわけです。私がこのブログを始めたのも、そういうことを少し書いてみたいなと思ったのが、ひとつのきっかけであります。

今日はサード・ポジションを中心に練習しました。

広告

6件のコメント »

  1. k-sk said,

    はじめまして。
    以前からちょくちょく読ませてもらっていました。
    まだブルースハープを吹きだしてから1年半くらいのぺーぺーです。

    ブルースハープについての世間の認識って低いですよね。
    「見せて」と言われて貸すと大体、両手をハープの側面に当てているような気がします。
    複音のハーモニカと一緒のイメージなのでしょうか。
    以前アメリカ人に「見せて」と言われて貸したときは、綺麗な持ち方で2番の吸う音を最初に出していました。
    あぁ、「文化の違い」なんだな、って思いました。
    同時に、「コイツらは日本人と違って、ことわりもなく吹くな~」とも思いましたが・・・(苦笑)。

    なんか取り留めの無い文章で、すみません。

  2. Yuki said,

    >k-skさん

    はじめまして!ようこそいらっしゃいました!
    見知らぬハープ吹きの方にコメントをいただくのはすごくうれしいです。ありがとうございます。

    ああ~、吹かれちゃいましたか。たまにいますよね、こういう人。
    私は見せてもらうことがあっても、自分からは 「吹いてみていい?」 とは聞きません。
    「吹いてみていいよ」 とオファーがあってはじめて吹かせてもらいます。

    のんびりやっていますが、これからもぜひ遊びにいらしてくださいね!

  3. tsudda said,

    ※ k-skさんの書かれた、サンドイッチを食べる時みたいに持つ人
    ※ クロマティックの時みたく、両手の掌ではさみ込むように持つ人

    僕が今まで見た「初めてのブルースハープ」はこの2パターンですね~。

  4. Yuki said,

    >tsuddaさん

    「初めての」 というわけではないんですが、やたらにカップリングして、両手でぎゅう~とハーモニカを押さえつける人も多くないですか?そういう人は、肩をぐっと上げて、ちょっと前かがみになる傾向もあります。リラックスして 「サンドイッチ持ち」 で吹いた方が、よっぽど良い音が出そうです。

  5. tsudda said,

    >両手でぎゅう~っと
    体に無駄な力が入ってると、肝心の音色も窮屈になりますからね。かく言う私自身も、時々手先や喉が無駄に緊張しているのに気付いて練習STOP!ってな事が良くあります。「悪い癖」は「技術不足」より厄介なのかも知れませんね。早く初心者の域を脱したいので、もっと集中して「正しい」練習を心掛けたく思ってます。

  6. Yuki said,

    >tsuddaさん

    練習STOP!となるだけいいですよ~。
    自分がどんな音を出しているか、気にも留めない人が多いんじゃないでしょうか。

    私も、よい音が出にくいなあと思う時は、必ずどこかに力が入っていますね。特に喉が閉じていることが多いです。がんばりましょう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。