2008/10/13

筋力

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 4:47 pm by Yuki

旅行に行っていたり、風邪で体調を崩していたりで、まともな練習をしない日が2週間ほど続きました。しかし楽器って、練習しないと目に見えて弾けなく (吹けなく) なりますね。小さい頃ピアノを習っていた先生が、「1日弾かないと、下手になったのが自分でわかる。2日弾かないと、普段聞いている人 (先生や家族など) にわかる。3日弾かないと、誰が聞いてもわかる」 なんて恐ろしいことを言っていました。まあこれは極端な話ではありますが、それにしても、練習をしないと見る見る技量が落ちていくというのは真実だと思います。

5月にドイツに行った際に、スティーヴ・ベイカー (Steve Baker) と食事をする機会がありました。いろいろと興味深い話を聞いたのですが、中でも印象に残ったのが、彼の現在の練習は、「2時間のギグに耐えうる身体を保つためのフィジカルな練習のみ」 だという話です。耳コピやインプロヴィゼイション (アドリブ / 即興) などの練習をする必要のない (もちろんそのような練習を必死でした時期もあったはずだとは思いますが。) スティーヴのような熟練したプレイヤーでも、その技量を保つための練習は欠かせないんだなあ、と感慨を覚えたのであります。ランナーが走らないと筋力や肺活力が落ちて走れなくなるように、楽器の演奏においても、練習しないと演奏に必要な身体の機能 (ハーモニカでは主に喉や舌の筋肉や肺活力) が衰えてしまうのです。

これは、私の本業であるピアノにもあてはまります。実は今、クラシックのちょっと大切なコンサートが目前に迫っていて、その練習に追われているのですが、こういう本番の前は、私はいつも、手を鍛える練習を普段よりもたくさんします。数時間の曲の練習の他に、スケールやアルペジオ、その他もろもろのテクニックを最低でも1時間は練習に取り入れます。すると、手の筋力がアップするのが日々感じられ、曲のテクニカルな面での練習も少ない時間で済み、本番にも良いコンディションで臨めるというわけです。先週末はバンドのライブがあったのですが、毎日手を鍛えていたので、指が恐ろしいくらいに回る回る。このところブルースの練習なんてしていなかったのに、おかげでなかなか良い演奏ができました。

私はピアノ弾きなので、ハーモニカを演奏すると、「やっぱピアノ弾く人は覚えが早いね」 などと言われることがけっこうあります。確かに、演奏に必要な基礎的な知識を既に持っているという面でそれは一理ありますが、逆にピアノ弾きであることが弊害になることも実は多いのです。更に私は、ハーモニカの演奏においては致命傷ともいえるハンディキャップも背負っています。これは、小さな頃から音楽を学んできたことによるものです (このことについては、何れ改めて書きたいと思っています)。

ピアノ弾きであることがハーモニカの演奏に役立っていることがあるとしたら、それは私が、「楽器の演奏は練習なしでは絶対に上手くならない」 ということを身に染みて知っているということだいう気がします。

広告

2件のコメント »

  1. tsudda said,

    毎日地道に続ける事が如何に重要か、という話ですね。全く耳が痛い…。(笑)

    >喉や舌の筋肉や肺活力
    考えてみたら、ハーモニカ吹き特有の鍛わり方ってのもその辺なんでしょうね。

    >逆にピアノ弾きであることが弊害になる~
    傍から見ると羨ましい限りですが、良い事尽くめって訳ではないんですね…うむむ。

    >ハンディキャップ
    興味津々です(音感か何かかな?)。 何れにせよその辺の記事も楽しみに待ってます。

  2. Yuki said,

    >tsuddaさん

    しばらくピアノに集中していたこともあって、思うようにハープの練習ができていなかったのですが、リサイタルも終わったことだし、またハープもばりばり練習しますよ!継続は力なり、です。がんばりましょう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。