2008/10/17

King of swing - Kim Wilson

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 7:16 pm by Yuki

昨日、コメント欄に 「このブログを読んで、タングブロックを多く使った演奏ができるように練習しています。リトル・ウォルターの初期作品やビッグ・ウォルターの1951年あたりの作品を、昔はほとんどパッカーで演奏していたところを、今はタングブロックで挑戦しています」 というようなことを書いて下さった方がいました (>感激)。

皆さんがんばっていらっしゃるんですね。このところ、なかなか時間が作れなくて、曲のコピーはしていなかったのですが、このコメントを読んで反省して、昨晩からまた気合を入れてコピーを始めました。私は音楽に関しては、うんちくだけの人間には絶対になりたくないのです。私にとっての音楽とはあくまで、自分で演奏したり、ライブで生の演奏をびりびりと体感したり、他のミュージシャンと一緒に演奏をして刺激しあったり音楽の素晴らしさを分けあったりするなど、身体を駆使して心で感じるものなのであります。しかしこういうブログをやっていると、頭でっかちになりかねないので、そうならないためにも、もっと実のある練習をしなくては、と反省したのでありました (Ryoji さん、ありがとー)。

さて、昨晩から始めたコピーは、キム・ウィルソン (Kim WIlson) の “Boogie All Night” のソロ。む、難しい、、、。何が難しいって、フレージングとフィーリングです。キムの演奏は、もうこれにつきますね。繰り返し聞いてなんとか全ての音が吹けるようになっても (ここまででもけっこう大変なんですが。)、キムのように微妙な表現力のある演奏をするのは簡単にできるものではありません。一音一音のシェイプの仕方や音色、スウィング感、、、やっぱりキムはすごいです。私は彼を “king of swing” と呼ぶ。

私がコピーしている曲ではないのですが、キムのかっこいいライブ映像があるのでアップします。彼のライブは2回見ましたが、すごくかっこよくて、「本物ってこういうことをいうのね~」 と思いました。
Kim Wilson

今日はこのキムの曲の他に、リトル・ウォルターの “Last Night” もコピーしました。ハーモニカの難しさというのは、「いかに一音一音に表情をつけるか」 ということだというのを実感した一日であります。色男たちにうつつを抜かしている場合ではない!明日もがんばるぞー! (でも昨日のビッグ・ウォルターはやっぱりすごくかっこいいと思いませんか?今日も3回くらい見ちゃいました、、、。)

広告