2008/11/03

音色へのこだわり

Posted in ハープ日記, 音色 @ 12:25 pm by Yuki

先日、トーン・ワークショップについて書いたので (>Tone Workshop)、今日ももう少し、トーン (=音色) について書いてみたいと思います。

ヨーロッパやアメリカで、ブルース・ハープの世界に深くはまっている人と話す時、必ずと言っていいほど耳にするのが、トーン (tone) という言葉です。「あいつはすごくいいトーンをしてる!」 とか、「どうやったらあんなトーンが出せるんだ!」 とか、「すげー、聞いた?あのトーン!」 とか、そんな感じ。ハーピストにとって、「良いトーンをしている」 というのは、最高の褒め言葉のひとつなのです。もちろん、肩を上げて、両手でハーモニカをぎゅーっと顔に押さえつけるように持って、前かがみになりながら、耳をつんざくような音で吹きまくるのがブルース・ハープだと思い込んでいる人もたくさんいます。しかし、良い演奏をしたいと熱心に研究している人ならば、必ず 「トーン」 という言葉をどこかで聞いたり読んだりして、自分のトーンを改善する練習をしているのです。

元はといえば、私がブルース・ハープにのめり込むことになった原因のひとつも、この音色に対するこだわりでした。私の本業は、クラシックとブルースを弾くピアニストなのですが、クラシックを弾く時とブルースを弾く時では、楽器や演奏に対するアプローチがかなり違うということを常々感じています。クラシックの場合は、針に糸を通すような神経の細かさで、一音一音の音色を練って行きますが、ブルースの場合は、ピアノという楽器の打楽器としての一面や、一音一音ではなく全体の雰囲気としてのトーンが重要になってきます。誤解のないように言っておくと、私は、ブルースがクラシックよりも簡単だと言いたいわけではありません。ブルースを弾くことはクラシックを弾くことと同じくらい、私にとって重要なことなのです。クラシックにはクラシックの、ブルースにはブルースの魅力があり、演奏において重要とされる部分が違っているだけのことです。そして、「音色」 ということだけに限って言えば、ブルースにおいては、クラシックに比べて、その幅の広さが限られているのは事実だと思います。言い換えれば、ブルースの演奏においては、ピアノという楽器が持つ多大な可能性と表現力の、ほんの一面しか使われていないということになります。

ジェームス・ブッカー (James Booker) のように、クラシックのテクニックと音色でブルースや R&B を弾いたピアニストもいますが、それはあくまで特殊な例です。それから最近は、ライブでは電子ピアノが使われることが多く、そのことも音色を限らせてしまう原因のひとつだと思います。とにかくそんな感じで、ブルース・ピアノを愛しつつも、私の中には音色が重視されないというフラストレーションが溜まっていったんですね。

そこで、ブルース・ハープなわけです。音色を聞いただけで、誰の演奏か言い当てられてしまうブルース・ハープ。たった一音のロング・トーンで、人の心を揺さぶることのできるブルース・ハープ。こういう音色が重視される楽器で、ブルースを演奏してみたい!と思ったのです。頭に描いた音が出なくて落ちこむことも多いのですが、常に音色に気を使って、一音一音、音をシェイプしていくブルース・ハープの練習は、私にとって、やりがいのある楽しい作業なのであります。

広告

4件のコメント »

  1. 大西 貴之 said,

    はじめまして!
    先日、大野木 一彦氏から話しを伺い早速拝見させて頂きました!
    凄くためになり、勉強になりますし楽しいです(まだ、全部は拝見してませんが)
    私、大西は大野木 一彦氏の弟子です(出来はまったくよくありません)
    しかし、音色(トーン)は常に言われてます。
    また、言われている「ロングトーン」で人の心を揺さぶる人ですし、ハーモニカ本体やAMPを通じての音でなく、体全体から音を奏でる人です。(歌もしかり)
    是非、帰国された時には、京都のLIVE HOUSEへ!
    私は、理論や理屈・ボキャブラが少なく表現力が貧しい人間なので、伝えることが出来ませんが、聞いて、見て感じてみてください。
    ではでは、初めてのコメントで失礼な事を言ってしまいましたが、今後とも宜しくお願いします(^^♪

  2. Yuki said,

    >大西さん

    はじめまして!ようこそいらっしゃいました。
    大野木さんのお弟子さんでいらっしゃいますか。

    先日、関西で演奏活動やレッスンをしているというもう一人の方がコメントを下さったのですが、関西ってブルース色が強いのでしょうか。

    またぜひ遊びにいらしてくださいね!

  3. 大西 said,

    どうなんでしょうか?
    やはり関西が熱いと思っております。
    ちなみに、sweednのbluesもすごく熱いですよ!
    しかし、ハーモニカって難しいです。
    もっと、きき方を考えて聞きこまなければいけないなぁと思いました。
    今までは、「あ~、bluesはええなぁ」的な聞き方でしたので。
    勉強になります!

  4. Yuki said,

    >大西さん

    聞き手である分には、「あ~、bluesはええなぁ」 という聞き方でも十分だと思いますが、自分の演奏を改善したいと思う時には、やはりもっと踏み込んだ聞き方が必要になってきますよね。

    でも、「ブルースっていいなあ」 という思いって、大切ですよね。これがなくては何も始まらないと思います。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。