2008/11/06

Money World - Paul Lamb

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 11:54 pm by Yuki

12月に、ポール・ラム (Paul Lamb) がブリストルにやって来ます。年に2回くらいは来るので、「もう何度も見てるしな~。どうしようかな~」 と少し悩みつつも、結局、「やっぱり見たい!」 と思って、いつもライブに行ってしまう私であります。ちょくちょくライブが見られることもあって、ポールがどんなに素晴らしいプレイヤーかということは忘れそうになることも実は多いのですが、ライブに行ったりCDを聴き直したりするたびに、「やっぱりポールはすごいなあ」 と、改めて彼の偉大さを思い知ることになるのです。ここ数日も MySpace などで演奏を聴いていて、感心しきりです。
Paul Lamb – MySpace

私は、この MySpace にもアップされている “Money World” という曲が大好きです。ここ数年のライブでは毎回演奏する曲で、聴くたびに何とも言えない気持ちになります。切なさと、悲しみと、やるさなさと、幸せが混ぜ合わさってこみ上げてきて、胸が熱くなって泣きたくなるような感覚は、以前に書いた “Livin a Lie” にもちょっと似ているような気がします。
(過去記事 >Livin’ a Lie – Sugar Ray Norcia

MySpace で聴けるこの曲はライブ録音で、ポールは本当に素晴らしい演奏をしています。特にソロは最高!このソロはすごすぎです。この3日間ほど、毎日10回くらいは聴いていますが、何度聴いても飽きないし、聴くたびに泣き出しそうな気分になります。私はやっぱり、音楽は、心にしっかりと響くものが好きです。この演奏は、ポール自身が熱くなっているのがわかるし、心の底から演奏しているのが感じられます。

「プレイヤー自身が熱くならなければ、聞き手を熱くさせることはできない。心で泣いていなければ、聞き手を泣かせることはできない。心を込めて演奏しなければ、聞き手を感動させることはできない。」 というのは、ハーモニカに限らず、また、ブルースに限らず、音楽を演奏するに当たって、私がいつも自分に言い聞かせていることです。そういう意味で、この演奏は私にとって、理想の演奏とも言えると思います。

ポールのこの演奏は、”Snakes & Ladders” というライブアルバムに収められています。スタジオ録音のアルバムは、ポールとバンドの良さがあまり伝わらないと感じるものもあるのですが、このアルバムは、彼らのライブの素晴らしさが伝わるとても良い一枚だと思います。

12月なのでまだちょっと先ですが、ポールのライブに向けて、気分が盛り上がってきました!

関連過去記事
Paul Lamb

広告

8件のコメント »

  1. 大西 said,

    paul lambは数枚持ってます。
    この方は、歌はなしでバックが多いですよね。
    すごく私好きです。
    私の場合は歌が音痴でうまくないという理由ですが・・・。
    ハーモニカもリズム感悪く、ひとつ音がすくなかったり多かったり・・・。
    何か、良い練習方法はないものでしょうか(T_T)

  2. 藤本エイジ said,

    はじめまして。日本でハモニカ吹きをしてます。
    いつも楽しいブログをありがとうございます!楽しませていただいてマス。

    「アンプリファイド・ハープ」 で泣けるって話で、ついついコメントしたくなりました♪
    常々、なかなかアンプを通した音で泣ける演奏を聴く機会って少ないと思ってました
    (もちろん人それぞれの感情ですから、千差万別だとは思っておりますが…)。
    自分でもそんなプレイをしたいな~とワクワクしつつ

    私にとっては、
    Paul Butterfield 「Done A Lot Of Wrong Things」 

    Blues Traveller 「Hook」 

    にそんなハモニカ・ソロが入ってます。

  3. Yuki said,

    >大西さん

    バンド (The King Snakes) にはヴォーカリストがいるので、ポール自身が歌うことは少ないですが、デュオやソロの時には歌うことも多くて、なかなかいい味出していると思います。

    リズム感が悪いと一言で言っても、その原因は色々です。例えば、拍やリズムがうまく取れない人もいれば、それが頭ではできていてもテクニックがついていかなくてリズムが乱れてしまうという人もいます。なので、まずは原因を探ってみるとよいと思います。でも、ご自分で気づいていらっしゃるようなので、注意して練習すればきっと直りますよ。気づかないで演奏している人も多いですから。

  4. Yuki said,

    >藤本さん

    はじめまして!ようこそいらっしゃいました!

    私は音楽に関してはけっこう涙腺が緩いので、ついつい涙が出てしまうことは多いです。特にライブではよく泣いています。

    私はもう、音楽はこのためにやっているといってもいいくらいで、どんなに優れたテクニックを持っていても、胸に響く演奏ができなくては意味がないと思っています。

    コメントありがとうございました。また遊びにいらしてくださいね!

  5. 大西 said,

    ありがとうございます!
    励みになります。原因ですね!
    できた原因・できない原因、自己分析します。
    やはり、生bandでの演奏とCD聴いて吹くのとは全くちがいますからね。

    ちなみに、わたくしは先日発売された「mark hummel」のharmonica live albumで
    majic dickがご機嫌なsonny boy の曲をアンプ通して、超ご機嫌に吹いているのですが、なぜか泣けました。

  6. Yuki said,

    >大西さん

    上手くできないことって必ず原因があるので (まあ、その日の調子とかにもよりますけど)、その原因を探すことは、上達するためにやはり必要だと思います。

    後は、「ここが上手くできないんですけど、どうしてでしょう?」 と、先生や周りの上手い人に聞いてみるとか、、、。原因を見つけるの手がかりになるかもしれません。

  7. 大西 貴之 said,

    重ね重ね、貴重なアドバイス有難うございます。
    いっちょまえに、機材だけはきちんと良い物を持とうと集めましたが、技術が・・・。
    ある意味、機材も高価なものですから、挫けそうになったときに、自分への叱咤を含めて
    、と考えています。
    克服した時の、喜びを得る為に日々頑張ります!

  8. Yuki said,

    >大西さん

    私もまだまだ修行中です。お互いがんばりましょうね!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。