2008/11/25

頭の角度と位置

Posted in ハープ日記 @ 11:06 pm by Yuki

全国のブルースハープおたくのみなさま、こんにちは。今日もディープにブルースハープしていらっしゃいますでしょうか。喉が痛くて練習ができなかったり、日常のブログの方で書きたいことが溜まっていたりで、すっかりごぶさたしてしまいました。

喉の痛みはハーモニカの演奏に使う場所だけが見事に痛くて、何かの呪いか?とも思ったのですが、何とか治まり、練習再開です。最近の私の課題は、「1穴 (特にドロー) のロングトーンを、良い音色と大きな音量でできるようにする」 ということでした。私は、1穴は舌の左側を使ってタング・ブロックすることがほとんどなのですが、その時、どうも喉が緊張してしまうんですね。短い音や小さな音だとまだましなのですが、大きな音量でロングトーンを演奏しようと思うと、だんだん喉が緊張してきて、しまいには、「ぐぉーーー」 という変な音が喉から発せられるのでした。

数週間、一人で悩んだあげく、昨日の夕食時に、「1穴がさあ、なんか上手くいかないんだよね・・・。」 と、ぼそっと夫に相談してみました。ハーモニカ吹きの夫を持つと、「いつも教えてもらってるんでしょう?いいなあ。」 などと言われることが多いのですが、実は最近はそんなことはあまりなくて、練習は一人ですることの方が断然多いです。本当に初心者だった頃はよくアドバイスをもらったりもしましたが、ある程度吹けるようになってからは、本当に助けが必要な時以外は、地道に一人で練習しています。

それはさておき、今日、夫の生徒が帰った後、1穴を吹いてみろというから吹いてみたら、ちょっとだけど頭が身体の前に出ているから、あごを引き気味にして、頭はほんの少し後ろに傾くようにしてみたら?と言われました。ふむふむ、と思って試してみると・・・なんと一発で直りました。この数週間の練習はなんだったんだ?うれしいけどくやしい。

あごを引いて、頭の角度に気をつけると、喉がリラックスしやすくなるんですね。よい演奏をするには、よい姿勢が欠かせないことなのだと、改めて実感したのでありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。