2009/01/08

Kim Wilson – Juke, My Babe

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, 本 / DVD / 映画 tagged , @ 7:05 pm by Yuki

昨年12月にアメリカで、”Cadillac Records” という映画が公開となりました。ご存知、チェス・レコードの話で、Muddy Waters、Little Walter、Willie Dixon、Howlin’ Wolf、Chuck Berry、Etta James なんかが出て来ます (もちろん本物ではないですが)。去年の初め頃にこの映画のことを知って、ずっと楽しみにして公開日をチェックしているのですが、イギリスでは春ごろということです。ブルース・ファンの人は納得行かない部分も多いらしく、賛否両論あるようですが、やはり楽しみであります。

cadillac_records_poster1

チェス・レコードの話ということで、もちろん音楽が出てくるわけですが、オリジナルではなくて、この映画のために演奏 / 録音された音楽が使われています。ハーモニカを吹いているのは、我らがキム・ウィルソン (Kim WIlson)。YouTube に “Juke” と “My Babe” の録音があったので、アップします。

Juke – Cadillac Record Sountrack
>My Babe – Cadillac Record Sountrack

kim_wilson_wt

ハーモニカ好きとしては、キムの演奏が聴けることも、この映画を見るひとつの楽しみになりそうです。

広告

4件のコメント »

  1. noginogi said,

    Yukiさん、あけましておめでとうございます。
    この映画は、僕も去年から楽しみにしてました。そうですか、キムが吹いてるんですね。
    日本公開は危ういなんて声もあって心配ですが、観たいなあ。ちなみに僕は羊年です。

  2. Yuki said,

    >のぎのぎさん

    あけましておめでとうございます!今年もよろしくです。

    聞いた話によると、一曲だけ別の人が吹いているらしいですが、後は全てキムらしいですよ。楽しみですね!

    おおー、ジェリー・ポートノイと一緒のヒツジ組ですね。ジェリー・ポートノイはあんまり・・・と言う人もけっこういますが、私はすごく好きです。ちなみにうちの夫もヒツジ組です。

  3. ogitetsu said,

    う~ん、これだけの豪華な顔ぶれなのに。、1時間40分という短さですからねぇ。でも、ほれた弱みで見に行きました。僕のかみさんは、「まあ、いい映画だったんじゃない」という軽い感想でしたが、ブルース好きとしては、あれも物足りない、こちらは描写が不正確、なんて思って見てしまうのです。しょうがないかぁ。大体、この映画は「事実を元にしてます」とか始めに出てくるのに、チェスの創立者が一人だけ、っーのはどーだか。お、止めよう、ここら辺で。

    キム・ウィルソンの他には、バディ・ガイの名前も有りました。それと、ヒューバート・サムリンもチャッカリと出演してましたね。多分、気が付かなかったけれど、結構シカゴのブルースマンが、色々なところに出てるのかもしれない。

    オギ

    • Yuki said,

      >オギさん

      そうだ、オギさんはこの映画見に行かれたんですよね。
      普段は、映画を見るまでは、なるべくレビューを読んだりトレイラーを見たりしないようにしているのですが、この映画に関しては、周り(ブルース仲間)から色々と情報が入ってきます。聞いた話によると、チェスの創立者が一人というのもそうですが、「リトル・ウォルターはあんなことはしていない!」 と腹を立てている人もいるみたいですね。いずれにせよ、やはり楽しみです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。