2009/02/21

スケールのすすめ

Posted in テクニック tagged @ 11:04 pm by Yuki

私が毎日の練習に取り入れているもののひとつに、スケール (音階) の練習があります。なぜスケールを練習するかというのは人によって多少異なるのかもしれませんが、私にとってのスケール練習は、

アドリブ (即興演奏、インプロヴィゼイション) における自由を獲得するための手段

に他なりません。この 「自由」 というのは2つに分けることができて、

1.思考上の自由
2.身体上の自由

となります。

ブルース・ハーピストというのは、私を含め、他のハーピストのリフやリックをコピーしてアドリブをすることが非常に多いです。コピーをするのは大切な練習法ですが、それ以外のアプローチができない奏者が多いのも事実だと思います。知っているリフやリックを繋ぎ合わせるだけではなくて、もうちょっと踏み込んだ、又はもっとオリジナルな演奏をしようという場合には、理論的なアプローチが手助けになってくると思います。スケールを練習すると、「どこにどの音があるか」 というマップが頭の中にできやすいですし、ブレス・パターンによる演奏だけではなくて、音楽の構成に従って音を選んでいくことができるようになります。「今、バンドはこのコードを演奏しているから、このスケールの中からこの音を使うことができる」 というようなアプローチが可能となるわけです。これが、「思想上の自由」 です。

「身体上の自由」 というのは、出したい音を、出したい時に、出したいように出せるという自由です。例えば、ベンド音。何度も練習したリフの中ではうまく鳴らすことができるベンド音も、アドリブで咄嗟に 「今、ここでこういう音色でこのベンド音を鳴らしたらかっこいいだろう」 という時には、身体がついて行かないことがあります。アイディアも音のイメージもあるのだけれど、コピーし慣れたリフやリック以外の演奏にはテクニックがついて行かないのです。これも、毎日のスケール練習でかなり改善することができます。ただし、身体に共鳴した良い音色が出ているか、ピッチは正確か、身体に余分な力が入っていないか、身体の正しい場所でアーティキュレーションができているか、レガート奏法はできているかなど、色々と注意しながら練習することがあくまで大切で、何も考えずにがむしゃらに練習しても時間の無駄となるだけです。これらのことがきちんとできるテンポで始めて、徐々にテンポをあげて行くのが良いと思います。テンポが上がっても、注意点は忘れないことが大切です。

ジェイソン・リッチ (Jason Ricci) も、「ハーモニカを速く演奏する方法 (Playing Harp Fast) 」 という題で、スケール練習を取り上げています。私は速吹きを目指しているわけではないのですが、スケールが速く上手くできるようになってから、特に速くないフレーズでも、演奏するのがぐっと楽になりました。ジェイソンは、ハーモニカ専用のフォーラムでもスケール練習の重要さを話題にしていて、現在でもスケールを練習していると言っていました。

Playing Harp Fast Part 2

私は、ジェイソンがここでやっている練習法を含む計8パターンの練習法を、メジャー・ペンタトニック・スケール、マイナー・ペンタトニック・スケール、ブルース・スケールの3つのスケールでそれぞれ練習します。なぜこの3つなのかというと、私がブルースのアドリブで使うのは、この3つのスケールが圧倒的に多いからであります。これを、1st、2nd、3rd、4th、5th、6th、11th、12th の各ポジションで練習すると、軽く2時間はかかります。「そんな退屈なこと毎日やってられるか!」 という方も多いかと思いますが、私はこういうのはあまり苦にならないんですね。かれこれ2ヶ月ほど毎日やっていますが、効果は抜群で、最近はジャムに行くのが楽しいです。スタンダード・ポジション (1st、2nd、3rd) 以外には興味がないという方は2時間もいらないですし、スケールを毎日の練習にちょっと取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

広告

4件のコメント »

  1. msakai said,

    こんにちは。

    またまた貴重な映像ありがとうございます。ジェイソン・リッチもこういう練習してるんですね。
    楽器力アップにはこういう練習をやってもやってもやり足りませんね。あー。吹きたい。。。

    • Yuki said,

      >masakiさん

      スケール練習の良いところは、テクニック的なことに意識を集中できることですよね。これだけで良い演奏ができるようになるというわけではもちろんないですが、しっかりと練習すればかなり役に立つものだと思います。

  2. まなぶ said,

    このお方もスケールの動画がアップされてました。http://www.youtube.com/watch?v=8sh6ZkdmDr8
    やっぱりスケール大事ですね!
    鍵盤でスケールの音を出して確認して、その音をハーモニカに置き換えてスケールの練習をはじめてみようと思いました。

    • Yuki said,

      まなぶさん

      私も最近ハープの持ち替えを始めたので、またスケールを毎日やってます。でも演奏がスケール中心になりすぎるのもどうかと思うので、バランスが大切ですね!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。