2009/03/18

Tiger Man

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 10:47 am by Yuki

キム・ウィルソンが演奏する曲で好きなもののひとつに、”Tiger Man” があります。エルヴィス・プレスリーが演奏したので有名な曲らしいですが、私はこの曲はキムから入りました。なんかこの曲、かわいくて好きなんですよね。何と言っても、はじまりの歌詞が、

俺はジャングルの王様だ
やつらは俺のことを、虎男 (タイガー・マン) と呼ぶのさ

I am the king of the jungle
They call me the tiger man

ですから。
2番では山にも登っちゃいますよ!

俺は山に登って、俺の黒猫を呼ぶんだ
I get up on a mountain
And I call my black cat back

こんな感じで本人は強がっているんですが、どこかぬけて感じられるところが好きです。30代も半ばに差し掛かろうとしている女としては、男ってかわいいよな、と思わせる歌であります。もっと若い頃なら、こんなふうに山の上から威張って呼ばれたら、「ふん、何さ。そんなに偉そうにして呼んだって行かないわよ。」 と言うこともあったかもしれませんが、最近は、「かっこつけちゃって、仕方ないわねえ。はいはい、今、行きますよ。」 とあしらうことができる気がします。尤も、こういうマッチョ系の人を好きになることはあまりないのですが。

YouTube に、この曲の作曲者でもあるジョー・ヒル・ルイス (Joe Hill Louis) による演奏がありました。ハーモニカは・・・この演奏はたぶん、ビッグ・ウォルター・ホートン (Big Walter Horton) でしょうか。

Tiger Man – Joe Hill Louis

続いて、キム・ウィルソンとキッド・ラモス (Kid Ramos) のデュオ。1995年の映像だそうです。キムの同名のアルバム “Tiger Man” がリリースされたのが93年ですから、そのちょっと後ですね。ここではアコスーティックのハープを吹いています。

Fabulous Kim Wilson-Tigerman

以前、キムのライブを見に行った時、キムが、「リクエストはある?」 と観客に聞いたことがありました。私は思わず 「タイガー・マーン!」 と叫びそうになったのですが・・・なんだか恥ずかしくてできなかったです。

広告

2件のコメント »

  1. おぎてつ said,

    子供の時に、やはり、タイガーマスクのお面を被って遊んだりしましたが、いまだにいい歳をしても、変わらないですね。

    反省点としては、歳と共にずうずうしくなって来る所でしょう。
    どう考えても、人生の折り返し地点をとうに過ぎた自分としては、反省もしますが、「雀百まで踊り忘れず」だそうです。余り、替りはしないでしょう。

    黒い山猫を呼び出すとは、中々、激しそうな彼女で御座いますね。良いねぇ。
    二人でお茶をでは無く、二人でお肉という感じですが、ははは。

    Yukiさんもこれから女性として、脂の乗る年代。
    大いに期待していいのでしょうかね? まあ、私は遠くで声援を送るだけですが。

    おぎゃ

  2. Yuki said,

    >オギさん

    脂の乗る年代・・・そうですよねえ。ご期待ください!と言いたいところですが、実際は、「理想の30代って、こんなはずじゃなかった」 という毎日であります。子供の頃、仮面ライダーのお面をかぶって遊んだのが、やはりまずかったのでしょうか。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。