2009/03/25

Honest I Do - Kim Wilson の場合

Posted in ハーモニカ・プレイヤー @ 7:34 pm by Yuki

さて、先日の予告通り、今日はキム・ウィルソン (Kim Wilson) による “Honest I Do” の演奏です。先日の記事を読んでいない方は、こちらをどうぞ。
Honest I Do – Richard Sleigh の場合

2003年に、アルバム “Lookin’ for Trouble” のプロモーションとして、NPR (National Public Radio) の番組にキムが出演した時のものです。長さ12分ほどですが、キムのインタビューと演奏が聞けます。”Honest I Do” は、一番最後にアコースティックのソロで演奏されます。インタビューの半ばでは、ブギの演奏もありますよ!

下のリンクから、Listen Now のところをクリックしてお聞き下さい。このページには、”Love Attack” の演奏もありますので、こちらもお聞き逃しのないように。素晴らしい演奏です。

NPR – The Fabulous Kim Wilson

kim_wilson_bb

インタビューもとてもためになりますね。12分という短い間で、ブルース・ハープと、ブルースという音楽についての真髄を見事に語っていると思います。特にこの言葉。

ブルースって音楽は、全て骨盤にあるものなんだ。骨盤こそが、それを感じる場所なんだ。それができないんだったら、吹いている音が1000個だろうが1個だろうが、そんな演奏に俺は興味がない。そんなのは、果たすべき役目を果たしていない演奏だよ。
The thing about blues music is, it’s all in the pelvis. That’s where people need to feel it. And if you can’t do that, I don’t care if you are playing a thousand notes or one. You are not delivering the goods.

キム兄、かっこいいー!!!一生ついて行きます!!
骨盤ですよ!骨盤!やっぱブルースは、腰で感じなくちゃならんのです。

広告