2009/05/14

一本勝負!

Posted in ハープ日記 tagged @ 1:37 pm by Yuki

私は、どのキーの曲を演奏するにでも、C調のハープを使います。全てのキーを、ポジションを変えてCハープで吹くわけです。なぜそんな面倒なことをわざわざするのかという理由はきちんとあって、このブログでもずっと書こうと思いつつ、理解してもらえるように説明するのが骨だったのと、またちょっとしたコンプレックスのようなものもあり、今日まで書かずに来てしまいました。でも今日は、がんばって書いてみたいと思います。まあ身の上話のようなものでもあるので、お暇な方だけお読み下さい。

私には、絶対音感というものがあります。一時期、「絶対音感」 という本が話題になったのでご存じの方も多いかと思いますが、絶対音感とは、「基準となる他の音の助けを借りずに音の高さ (音高) を音名で把握することのできる感覚 (Wikipedia より引用)」 のことをいいます。つまり、音を聞いた際に、それが頭の中で音の名前となって聞こえる感覚です。C の音が鳴っているのを聞くと、本人が望む望まないに関わらず、頭の中では 「ドー」 と鳴って聞こえるのです。

聴音や耳コピ、暗譜をする時などにはとても役立つ絶対音感ですが、ブルース・ハーモニカを吹くにあたっては、これが障害となってしまいます。絶対音感を持つ人が移調楽器の演奏に困難を感じるというのはよくあることで、サックス・プレイヤーなんかでも、アルト (Eb) を吹く人がテナー (Bb) への持ち換えができないというようなことがあるようです。ハーモニカはもっとひどくて、12のキーがあるわけですから、絶対音感を持つ者にとてつもない混乱をもたらすこととなります。ちなみに私は、電子ピアノやキーボードによくついている 「移調ボタン」 も使えません。聞こえる音と弾いている鍵盤が違うので、混乱してしまうのです (尤も、ピアニストは移調ボタンなどに頼るべきではないと常々思っているので、これは大した問題ではないのですが)。もちろん、全ての絶対音感を持つ人がこのような困難を覚えるわけではなくて、相対音感や移動ド唱法が身についていれば、絶対音感があっても移調楽器をこなせるようです。

さて、それで肝心のハーモニカの話ですが、私はハーモニカの持ち替えが全くできません。ハーモニカは、同じ身体の使い方で同じ穴を吹いているのに、使うハープのキーによって違う音が出ますよね。まあ当たり前のことなのですが、これが私の頭と身体を混乱させ、演奏を不可能にするわけです。私が慣れ親しんでいるのはC調ハープで、このハープの全ての音と音名が、音を出す時の身体の動作と一体となって、私の頭の中にインプットされています。例えば、「3穴を、身体のこの場所を使ってこれくらいベンドすればBbの音がする」 というように、私の身体はプログラムされているのです。それで、例えばAのハープに持ち替ええたとしても、身体が勝手にBbの音を出そうとして、3穴をベンドしてしまったりするんですね。でももちろん、ハープのキーが違うから、Bbの音など出ない。それで、頭も身体もわけがわからなくなってしまうのです。3穴ベンドはあくまでひとつの例であって、全ての音がこのような感じで混乱をもたらすこととなります。

この大変さは絶対音感を持たない人には理解されにくくて、私が 「ハーモニカの持ち替えができない」 と言うと、多く場合、「へ?何言ってんの?」 という反応が返ってきます。実際に持ち替えて吹いて見せると、「なるほど、こりゃあひどい演奏だ。どうやら持ち換えができないというのは本当らしい。」 と納得はしてもらえるようですが、なぜハーモニカを持ち換えるとひどい演奏になるかということはなかなか理解できないようです。これは実際に経験することなしにはわかってもらえることではないのだと思います。

それで皆さん、「音名を考えないようにしろ」 とか、「相対音感を使うんだ」 とか、「音名ではなくてインターバル (音程) で音楽を捉えるといい」 などアドバイスを下さるわけですが、それができたら苦労はしないというか、そんなことはどんなにがんばってもできないのです。絶対音感を持ってしまった者にとって、音というのは言葉のようなものです。「ラ」 と聞こえるものを 「ド」 と聞くようにしろと言われることは、「りんご」 という言葉を聞いて、「みかん」 と聞こえるようにしろと言われているようなものなのです。実際に、音を聞いている時の絶対音感を持つ人の脳を見ると、絶対音感を持たない人が使わない脳の場所が使われていて、それは言葉を操る時に使われるのと同じ場所なのだそうです。

できる曲の調が限られているというのは、家でひとりで吹いている分にはかまいませんが、私はやはりジャムで他の人達と一緒に演奏したかったんですね。それにはやはり、どのキーにも適応できなければなりません。それで、なんとかこの障害を乗り越えようと、違うキーのハーモニカをとっかえひっかえ練習した時期が2年ほどありました。練習を重ねたら、なんとか慣れるのではないかと思ったのです。でもどうしてもだめで、これは時間の無駄だという結論に至りました。ハープを持ち替えるだけで簡単に移調ができてしまうのがブルース・ハープの利点ですが、それが裏目に出てしまうというのは、何とも皮肉なことです。

ジャムから帰ってくるたびに、自分の技量のなさに落ちこんで、「もうハーモニカやめる」 と言う私を、「せっかくここまで上手くなったのに、やめるなんて絶対にもったいない!」 と励ましてくれた夫には感謝しています。そんな悶々とした日々が続いたある時、夫が提案したのが、「Cハープ一本だけで、全ての調を吹いたらいいんじゃないか」 ということだったわけです。「有名なところではハワード・リーヴィーなんかがやってるし、他にもC一本でやっている人が何人かいる」 と言うのです。これはいけるかも、と私は思いました。私がハープを持ち替えると吹けなくなるのは、「どこにどの音があって、どのように身体を使ったらどの音が出る」 ということがわからなくなって混乱してしまうからであります。音名と身体の動きが一致する慣れたハープならば、ポジションの移動は楽にできるのです。そのポジションがちょっと増えたくらいと思えば、これはハープを持ち替えるよりもずっと楽な解決法かもしれないと思ったのです。

それから約2ヶ月間、ジャムに行かずに、ひたすら家で、Cハープのみを使って様々なポジションの練習をしました (以前 Woodshedding という記事を書いたことがありますが、あの頃です)。毎日、スケールの練習だけで2時間。プラス、バッキング・トラックを使って様々なキーの曲を練習しました。テクニック的にはやはり難しかったですが、各スケールや和音の構成音は本業がピアノ弾きということもあってがっちりと頭に入っているので、そういう面 (どのポジションのどのコードにどの音が合うかということ) においてはそれほど大変だとは感じませんでした。そして、「これが私にとって一番自然な方法だ」 と徐々に確信して行ったのです。

もちろん、一本のハープしか使わない演奏というのは、いささか問題もあります。各ポジションにはそれぞれのキャラクターがありますが、曲の雰囲気によってではなくて、曲のキーによってポジションを選ばざるを得ないというのが一番辛いです。更に、スタンダード・ナンバーを演る時に、定番のリフができないこともあるということです。これはもう、適当に曲に合うように作り上げるしかありません。それから、演奏がワンパターンになりがちだと思うのですが、これは夫によると、「普通の (ハープの持ち替えができる) プレイヤーだって毎回同じようなことばっかり繰り返すのがほとんどなのだから、そんなのは気にすることではない。」 とのことでした。確かにブルース・ハープの演奏って、ハープの持ち替えができるできないに関わらず、決まったパターンから抜け出すのが難しいですよね。そして、志の高いプレイヤーは常に、パターン化からの脱出を目指して自分を駆り立てているのだと思います。私も私なりのやり方で、ワンパターンにならない演奏を目指していけば良いのだと、少し気が楽になりました。

現在でも、曲のキーと雰囲気によってはあまり上手く行かないことも多くて、そういう時は、「ハーモニカの持ち替えさえできたら・・・」 とブルーになってしまいます。でも、そんなことを言っても始まらないし、「私にしかできないスタイルを築き上げることができるかもしれないじゃないか」 という気持ちで、前向きに取り組んでおります。当面の目標は、ダーティー・ノートや表情を持たせたベンド・ノートなどのブルージーな音を、各ポジションで有効に使うことにあります。

広告

18件のコメント »

  1. shin said,

    そうですか。絶対音感をお持ちなんですか。
    となると、こと、ブルースやらそんな曲をプレイするに際して障害になってしまうのは何となく解ります。
    というのも、特にブルースには、厳密には譜面に起こせない音も出てきますからね。
    僕は譜面は全く駄目な性質でして、ドレミ感覚はありません。ちなみに学生時分の音楽の授業は大嫌いでした。
    だから、こんな感じの、これくらいの音といった具合で音出しします。いつも音名なんて考えてませんし、よく判ってません。
    ハーモニカの、この辺りをこう引き出せば、こんな音が出る、といった感覚で、今は身体が覚えてくれてますね。
    ブルースの場合、むしろそれが有効だとも先達に教わってきました。
    絶対音感があるのも、幸か不幸か、ですね。

    • Yuki said,

      >shinさん

      わかりにくいかと思いますが、幸い私は譜面にできない音へ対しての困難は感じないんですよ。ブルースの演奏では譜面は全く使いませんし、ブルー・ノートを含むマイクロ・トーンへの対応にも抵抗を感じません。問題は持ち替えができないということなんです (泣)。

      絶対音感を持つ持たないに関わらず、ブルース・ハーピストは、理論を使って演奏する人とそうでない人に分かれるようですね。理論を使う人でも、ドレミ感覚を使う人はあまり多くなくて、インターバル (音程) でとらえるのが主流だと思います。色々なハーピストと話していると、インターバルが会話で使われることが多いです。Dennis Gruenling なんかは、自分は音名なんて使わないけれど、インターバルは必須だと言っていました。私も、ブルース・ハープにおいては、絶対音感よりも相対音感、音名よりもインターバルが有効だと思います。

      ブルース・ハープは極端に言えば理論を知らなくても演奏ができる楽器ですよね。3コードならばどの音を吹いてもある程度は曲にマッチするし、移調もハープを交換するだけでできてしまうわけですから。でも、理論を使うことによって得るメリットも少なからずあると思います。例えば、演奏のワンパターン化から脱出できるとか、身体の感覚で覚えているリフやリック以外のアプローチができるとか。
      理論を使うといっても、それは主に練習の場においてであって、実際のアドリブでは、出てくる演奏はもっと自然なものです (その練習がが身体に染み込んでいればということですが)。演奏にフィーリングが感じられるかとか魂がこもっているとかいうことは、理論を使う使わないとは全く別の問題だと私は思っています。

  2. 韓信 said,

    いやー、そういう深い理由があったんですね。

    でもyukiさんにしか出来ないスタイルを目指すわけですから、やりがいがありますよね。きっと出来ると思います!

    いい旦那さんですね。励ましてくれて、「Cハープ一本だけで、全ての調を吹いたらいいんじゃないか」と、提案もしてくれて。そして、「これが私にとって一番自然な方法だ」 と徐々に確信して行ったわけですから、素晴らしいことです。

    私も個性的なプレイヤー目指して頑張るぞーっと!!

    • Yuki said,

      >韓信さん

      そうですね、やり甲斐はありますね。「Cハープしか使わない」 と言うと、「げー」 と言われることが多いのですが、C一本でもかっこよくブルースが吹けるということを証明できたらいいなあと思っています。まだまだ研鑽を積まなくてはならないのは明らかなのですが、でも無理にハープを持ち替えていた頃よりもずっと自然に思い通りにアドリブができるので、やはり私にはこれが一番のやり方なのだと思います。それに、安上がりで身軽という利点もあります (笑)。

      前述のハワード・リーヴィーは色々なジャンルを吹きますし、彼のブルースの演奏は私の目指すところとはちょっと違うのですが、それでも、ダイアトニック・ハーモニカの限りない可能性を提示するような彼の演奏を聞くと勇気が出てきます。

      私も、個性的な演奏を目指している人が好きです。スタンダードをコピーして学ぶのはとても大切なことで、はじめはそれだけでも十分だと思います。でもある程度のレベルまで達したプレイヤーであれば、往年のプレイヤーの演奏を学びつつ、それプラス自分なりの何かがある演奏を目指して行ってほしいです。音楽は日々進歩すべきものだと思うからです。ベートーヴェンだってリトル・ウォルターだって、その時代の革命児だったのですから。がんばりましょう!

  3. 竹江さんの said,

    ご苦労されているんですね。
    クロマチックやったら凄そう、、

    • Yuki said,

      >竹江さん

      事情を話すと、クロマティックを勧めてくれる人が多いですね。
      私はクロマティックも好きですが、やはりどうしてもダイアトニックが吹きたくて、試行錯誤してきました。でも最近 (ロッド・ピアッツァを見てから)、クロマティックにも挑戦してみたいと思い始めています。

  4. ogitetsu said,

    絶対音階と言語の支配の脳では同じ場所、という下りはとても興味深いです。

    日本語と英語を使い分けしている日常ですから、通訳する時に困ることがありますでしょう? 英語でサッと理解しても、それでは日本語に置き換えようとすると、引き出しが少ないせいか自然な日本語が出てこない、とか。

    絶対音階は頭の中の言語化なんですね。つまり、記号化で、その記号ごとに、すでに楽器のポジションが厳格に付いてくるわけで、キーを変えると混乱するというのも理解出来ます。調度、鏡を見ながら、何かを行う感覚でしょうね。脳内のにァジーさが無いわけだ。慣れだとも思いますが、脳内でシグナルの回路を新しく、繋げ直さなければならないのでしょう。

    僕は小学校時代、音楽はまるで駄目な部類でした。中学も歌唱が入ってようやく”2”から”3”に這い上がれたので、音楽にはコンプレックスを感じてました。これも嫌な感覚で、
    人一倍、音楽は好きだし、いい音楽には敏感なんだけど、音の理解は人並み以下というのはね。学生時代でも、すぐにギターが上手くなったやつがいて、嫉妬してました!

    今回、Yukiさんの悩みを読みながら、僕の場合とはレベル的には雲泥の差ですが、なんとなく救われた気がしました。ホント。

    オギ

    • Yuki said,

      >オギさん

      私のささやかな身の上話が、少しでもお役に立って光栄です。

      クラシック畑で育ったとか、最初からそういうことを教えてくれる人が周りにいたというのでなければ、多かれ少なかれ、理論的な裏づけや理解は後からついてくるのが大抵ではないでしょうか。プロのミュージシャンでもそういう人は多いですよね。まず 「楽器を演奏したい」 という思いがあって、めんどうなことはわからないけれどとりあえず弾きたい!というのが普通のはじまり方だと思います。それで、練習しているうちに自然に覚えて行ったり、努力して身につけて行ったりするものだと思います。まあブルース・ハープではそのまま突っ走る人も多いですが、ギターだとそうも行きませんものね。

      私も、音楽を聞いている時や自分で演奏している時に常に分析的なことを考えているわけではありません。でも後で、「どうしてあの部分はあんなに良かったんだ」 と振り返って分析してみることはよくあります。理論として覚えておくと、その時限りではなく、違う曲を演奏する時にも使えるからです。

      「上手くなるためには、やはり音楽の仕組みを少しは理解しなくてはいけない」 という思いを持つことがあれば、努力をしてでもそれを身につけたいと思うのでしょうね。前述の Dennis Gruenling も、ピアノを使って相対音感をつける訓練をしたそうです。

  5. もも said,

    はじめまして。
    ブルースハープ始めて、もうすぐ1年になります^^

    前に完全に趣味&独学&適当にフルート遊んでいて、そのあとガラスのフルート(G管)を吹いて遊んでいたので絶対音感、なめてました(苦笑)

    そして、やっぱり、他のキーに持ち替えられず。。
    検索してる内に辿りつきました。。。

    いま、いろんな事を試してるんですが。。。

    クロマチックもいいかも・・・。(遠い目)
    なんて、思い始めてきました(笑)

    でもやっぱり、ダイアトニック(?)、吹きたいなぁ・・。

    持ち替え無理だったら、潔くYUKIさんのようにC一本でやるのもいいですね^^

    • Yuki said,

      >ももさん

      はじめまして!ようこそいらっしゃいました。

      おお、お仲間ですね。できないですよね、持ち替え。そして、なかなか理解されない悩みです。絶対音感を持っていても、移動ドで歌うスキルがあれば持ち替えも簡単なのでしょうけれど・・・。

      クロマティックは、私も最近はまっています。ダイアトニックに比べるとキーの移動は楽で楽しいです。でもやっぱり、サード・ポジションのコードを使った演奏などは持ち替えなければ他のキーではできないので、限界はありますよね。

      これからもよろしくお願いいたします。お互いがんばりましょう!

  6. もも said,

    お返事ありがとうございます^^

    理解されないですよね。。。
    おかげで知らない人と某SNSでケンカしてしまいました^^;

    ホントは私のは絶対音感って呼べるものではないのかもしれないです^^;
    人の声はドレミに聞こえないし、だからか、移動ドで歌えるし。
    大体音感なので、黒鍵の音分からないからずれてくるし。(ヒドイですね。笑)

    でも、楽器の音は実音(固定ド?)で聞こえてくるからタチが悪い。。

    頑張って、Gのハモニカを移動ドで吹いてても、途中で実音に惑わされて混乱(笑)
    先生が移動ドなのですが、人のハモニカの音は移動ド出来なくて、真似して吹く事が無理(泣)
    ”ト”って言われて 吹くとソの音鳴って混乱(泣)

    穴の番号だけ意識して吹こうと思ったんですが。。。
    なぜか楽しくない。。。。

    で、YUKIさんのHPを拝見して、絶対音感保持者は言葉を操る所の脳を使ってるって。
    ハーモニカって歌っぽいなと思ってたのですが、歌を聞いてる時、人はどこを使ってるんだろうと、ネット内検索したところ、音を聞く所と言葉つかさどる所を使ってるようです。

    それで、すごくスッキリしました^^
    歌は、言葉があるので、そっちに集中するからドレミに聞こえないのかなと。
    ドレミが歌詞のようなものなので、数字で吹くと楽しくないのかな。と。

    私の勝手な解釈で、申し訳ありません^^;
    なんかYUKIさんのHPのおかげで、すごくスッキリして嬉しくて長々コメントしてしまいました^^;

  7. 森の仲間 said,

    ももさん、はじめまして。Yukiさん、こんにちわ。

    私も幼少の頃ピアノを少し習っていて大体音感がありまして、同じように持ち替えが出来ずに苦労していました。
    クロマチックなんかは耳コピする時はそのまますれば良いのですが、ダイアトニックだと「Cハープ」を基準にしないともの凄く難しいのですよね(そのむかしCハープ以外の曲はコピーをしないぐらいでした)。

    ケース:私の場合(笑というかすみません)

    そもそも、私には移調が難しかったようです。なので心をいれかて単純なメロディーやリフを脳内で移調する訓練をしていましたが、確かに途中で「アレレ?」というのは結構ありました。。
    最近はテンポはそのままで移調してくれるMusicPlayerやソフトがあるので、気合いを入れるときは近代兵器で移調感覚を訓練してみました。ちょっと感覚がついたかな?という感じです。

    それと、私の場合はCハープ以外の音の配列そのものを体得していない事も原因でした。
    なのでAハープの3番で出せる音はF#-Abとかを憶えてみたり(すぐにわすれてみたり)しました。7番からシドが入り交じるところから憶えるのが難くなりますね。
    私は体系的に憶えられないようなので、AやGなど好きなハープのキーから少しずつ憶えています(そして、わすれ始めています)。

    一応理屈からすると移調が出来て穴の音を憶えていればスラスラ〜とできるはずなのですが、やっぱり出来ないんですよね。ということで私は昭和世代らしく「移動ド」という言葉が世の中にないもないものとして「慣れるまでやる」方式をやっています。

    目の前にキーが異なるハープを4−5本並べます。慣れ親しんだフレーズ1小節をCハープで吹いて、感覚が残っている間に他のキーにチェンジします。これを手当り次第にひたすら繰り返します。最初はかなりつまずくので相当ブルーになります。。
    多分「今吹いているハープはCハープから何度離れている」とかを考えると効果的なんでしょうが、そんな事をすると滅入ってしまいそうなので最初から最後まで戯れでも5分くらい毎日やります。
    真面目にやるとツライので「アハハ!変だよね」という気持ちが大切です。
    もがくなら、楽しくもがこうが心の支えになります(笑)。
    蛇足ですがメロディーをあまり意識しないバンプやチャギング(汽車のリズム)は異なるキーのハープと楽しく接する格好の材料ですよ。

    かれこれ1ヶ月くらいすると最初は1小節だったのが12小節くらいは出来るようになってきました。
    ちょっと嬉しくなります。
    脳内の移調精度も少しあがり「アレレ?」というのが少なくなりました(さすがに半音階の多い曲とか6度のハノンとかはアレレになります)。

    「1ヶ月で12小節くらい」だと遅いと思われるかもしれませんが、長年体に染み付いてしまったものを変えるには、それ相応の時間や悩みが伴うと割り切るように自分に言い聞かせています。
    職業や学校じゃないので誰も怒らないでしょうからマイペースで構わないんです。

    もしお急ぎでなく、こんな間の抜けたのんびりした方法がヒントにでもなれば、同じ悩みを持つものとしては幸いです。

    同じ悩みの方がいると本人には申し訳ないですが、やっぱりウレシクなるのは人の業ですかね(笑で済まさせて下さい)。。。つい長くなってしまいました。すみません。。

  8. ogitetsu said,

    最近、この記事でも紹介なされている<絶対音感>という本を、遅ればせながら読みました。色々と考えさせられて、良い本だと思いました。自分のブログでも、その内、これについて書いてみたいですね。
    読んですぐに、思ったのは、音(または音階)と言うのは、文化差があるのだろうということです。絶対音感という場合は、西洋の音階(クラッシックの、という意味ですが)ですね。
    ブルースのスライドや、イスラム圏の音には、楽譜に奇麗に表わせない部分が出てくるし、ヴァイオリンだってビブラト掛ければ、それはもう個人差ですよね。

    この間、聞いた鳥の春告げ歌にしても、楽譜には表わせないでしょうし…。

    僕ね、小学校の低学年で音楽の時間が嫌いだった理由のひとつに、先生が好きではなかった、というのが有ったんです。あの頃、人見知りをしない、臆病な子供出なければ良かったんですが…。

    まあ、この本を読みながら、僕が子供の頃から、どの様に音楽と関わって来たかを考えたりして、ちょいとノスタルジックな気にもなれました。

    でも、音楽って、やはり面白いし、好きです。

    オギテツ

    • Yuki said,

      >オギさん

      クラシック音楽の世界でも、バルトークなどはルーマニアの民俗音楽を採譜して、自身の作曲に利用したりしていますね。クラシック音楽で使われる普通の拍子や調性が使われたりする民俗音楽を用いたことは、当時としては革命的なことだったと思います。

      野鳥の鳴き声を採譜して、それを音にして多くの作曲に使ったメシアンなんて人もいます。『鳥のカタログ』 など、おもしろいですよ。今ちょっと見てみたら、彼が鳥の音楽について語ったり、鳥の鳴き声を採譜している風景のクリップなんかもありました。こういうのを見ると、天才と奇人ってほんと紙一重だなと思います。すごく好きな作曲家です。

      Messiaen on Birds I

  9. ogitetsu said,

    メシアン、数曲、聞いてみました。
    適度な緊張感もあって、聞いていて思わず笑みがこぼれるところもあったりして、たまにこの様な音楽を聴くのもいいですね。
    僕は運転している時に、クラッシックや現代音楽のチャンネルに合わせていることがあるんですよね。

    そうかあ、鳥の鳴き声の採譜をしてる人は居たんですネェ。
    また、勉強してしまった。

    荻てつ

    • Yuki said,

      >オギさん

      彼の鳥の音楽を聴くと、メシアンはたぶん、倍音をも聞き分ける鋭い絶対音感を持っていたのではないかと想像します。

      この人は共感覚も持っていたらしいです。私は全くそういうのはないんですが、彼の (特にオーケストラの) 音楽を聴くと、色が見えそうな気がすることがあります。

  10. 南ミシガン通り said,

    亀レスですがとても興味深いのでコメントしますね。
    私は絶対音感はありませんがギターで似たような思いをしたことがあります。
    よく楽譜で例えばキーはB♭mなのに1カポでAm表示になっているのがあり混乱します。フィンガーボードが頭に入っていると反射的に本当のAmを押さえてしまうんです。だからその場合全部書き換えますがとても面倒です。初心者には便利なんでしょうがカポタストの位置はともかく正確なキーで譜面を書いて欲しいと思います。
    また逆のケース、例えばP・マッカートニーはイエスタデイを全弦1音下げチューニングでキーはFですがポジション的にはGで弾いています。この場合は私はやはりGの譜面で書いて欲しい。絶対音感はなくともポジションが体に染みついて射るんですね。ジミ・ヘンドリックスは時々全弦半音下げでやっていましたが譜面の必要な音楽ではないので平気でしょうが例えばピアニストにはEのポジションで弾くE♭のコードを何と伝えていたんでしょうね?

    ところでシュガー・ブルーはCハープで12音全部出せると聞きましたが本当でしょうか?

    • Yuki said,

      >南ミシガン通りさん

      ピアノでも歌の伴奏をする時などは、移調奏のスキルが必要となります。歌い手の声域やその日の調子によって、譜面に書いてある音をすべて半音上げてとか半音下げてとかで弾かされるわけです。クラシックやジャズではけっこう当たり前に要求されるスキルだと思います。私は苦手ですが。

      ブルース・ハープにおける12音全てを使った演奏では、やはりHoward Levyが有名ですが、最近ではたくさんの人がやっていて、それほど珍しくないと思います。ただ、音が全て出せるというのと、音楽的に優れた演奏であるというのとは別の話ですね。シュガー・ブルーは、私は熱心なファンというわけではないので間違っているかもしれませんが、クロマティック的なアプローチが彼の演奏の一番の特徴ではなかったと思います。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。