2009/05/19

Jason Ricci インタビュー その1

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 5:00 pm by Yuki

ジェイソン・リッチのインタビューです。
Blues Moose radio Interview Jason Ricci Ospel (NL) Moulin blues 2 may 2009

なかなか良いインタビューで、全体に興味深い話が続くのですが、一部抜粋します。

jason_phrs-2

「ジェイソン・リッチはジェイソン・リッチ以外の何者でもないわけだけれど、自分が他のハーモニカ・プレイヤーと違うのはどんなところだと思う?」 に対しての答え。

よくわからないけど、僕はただ音楽を演奏したいだけで、それがブルースであるかどうかということにはあまり感心がないってことじゃないかな。たぶん、ちょっとポール・バタフィールドみたいな感じかもしれない。それから僕は、ハーモニカ・プレイヤーというより、ギター・プレイヤーみたいに演奏するんだ。

「自分の演奏する音楽はブルースだと思う?」 の問いに対しての答え。

わからないな。ブルースはもちろん演奏するよ。でもこれは難しい問題だよね。トラディショナル・ブルースというものが、現在で言うところのトラディショナル・ブルース (リトル・ウォルターやビッグウォルターなどのことですね。) だと考える人も多いけれど、そういう人達が50年代に生きていたとしたら、50年代のブルースをトラディショナルだとは思わなかっただろうね。つまり、現在リトル・ウォルターそっくりにハーモニカが吹きたいと思っている連中がリトル・ウォルターの時代に生きていたとしたら、彼らはリトル・ウォルターの音楽なんて大嫌いだっただろうってことだよ。だから、僕の音楽を何と呼ぶかというのは、みんなが好きに決めたらいいさ。ブルースに影響を受けている音楽だと呼べることは確かだろう。でも僕の演奏する曲には、絶対に、100パーセントの確率でブルースではない曲もあるけどね。

「何がブルースで何がブルースでないかと決め付ける人はたくさんいるけれど・・・」 ということについての答え。

そんなのはばかばかしいことだよ。マディ・ウォーターズだってジェームス・コットンだって、ブルースがこうあるべきだなんて考えは持ってなかったんだ。ビッグ・ウォルターなんてラ・クカラーチャを演奏してたんだぜ。彼らはみんな音楽に対して偏見がなかったし、新しいものを取り入れる広い心を持っていたんだ。

僕はインターネットを通して若いプレイヤー達と話すことが多いけれど、若い人達や子供達は、新しいものに対してすごくオープンなんだ。僕は新しい時代のほんの始まりであって、これから僕みたいな演奏をする人達がどんどん増えてくると思うよ。移り変わりなのさ。音楽は変わらなくてはいけないんだ。変わらなくては、そこで終わってしまうから。

最後に、「これはいつもみんなに聞くことなんだけど、ブルースを演奏するのにはコットンを摘まなくちゃいけない思う?」 の問いに対しては、

いや、そうは思わないよ。でも僕は悪魔に魂を売らなきゃいけなかったけどね。

と、お茶目なジョークで締めくくっておりました。ゲイの人ってチャーミングな人が多いですね。

これは他のところで読んだのですが、ジェイソンの音楽を聞いて、「こんなのはブルースじゃない」 と言う人も多いみたいですね。でも、ここで彼が語っているように、何がブルースで何がブルースでないかというのは、そんなに簡単に定義できることではないのだと思います。リトル・ウォルターだって、今でこそトラディショナルとされていますけど、ジャンプ・ブルースのテイストを取り入れたり、ロカビリーのような音楽を作り上げたり、それまでのブルースとは程遠い、斬新なプレイヤーだったわけですから。ジェイソンの人となりが表れた、良いインタビューだと思います。