2009/06/26

パッカー

Posted in テクニック, ハープ日記, 音色 @ 2:30 pm by Yuki

最近、集中して行っているのが、パッカーの練習。何を今更、という感じもしますが、実は私はパッカーの演奏が大の苦手なのです。普段は全てタング・ブロックで演奏するので、たまにパッカーで吹いてみると、うわっ何これ!というお粗末な演奏になります。これまでタング・ブロックのみの演奏に不自由を感じたことはなかったのですが、訳あって、パッカーももうちょっとましにできるようになろうと心に決めたのでした。その訳というのは、オーバー・ブロウ / ドローを演奏に取り入れようと思い始めたことにあります。私は、オーバー・ブロウ / ドローがまだ、タング・ブロックでできないんですね。練習はしているのですがなかなかできなくて、これは時間がかかりそうだということで、とりあえずはオーバー・ブロウ / ドローを使う時はパッカーに切り替えようと決めたのであります。

プロの人はだいたい、パッカーとタング・ブロックをミックスして演奏していることがほとんどだと思いますが、ジョー・フィリスコやデニス・グルンリングなど、ほぼ100%タング・ブロックを使う人もいます。デニスに憧れてハープを始めた私としては、彼の言葉を信じて (笑)、タング・ブロックこそがブルース・ハープの道だ!というような感じでこれまで練習して来てました。今でもそういう思いは少なからずあって、タング・ブロックを多く使うプレイヤーの演奏の方が、音色もその演奏のアプローチも、好みだと感じることが多いです。しかし、デニスやジョーの様にタング・ブロックでオーバー・ブロウ / ドローができるようになるにはまだまだ時間がかかりそうだし、それまではひとつパッカーでやってみようじゃないか、ということにしたのです。以下、練習の覚え書きです。

まずはトーン (音色) 作り。良いトーンが出せなければ何も始まらない、ということで、いつものスケールをパッカーで練習。ううっ。トーンがかなり貧弱。特にベンド音。口の先をすぼめてストローで飲み物を飲む時のように 「チュー」 という感じで吸うという、薄い音にならないためには死んでも避けたいやり方でベンドをしそうになってしまう。いかーん!!そこで、タング・ブロックに切り替え、同じ音を吹いて、正しい身体の使い方を確認。そうそう、ここなのよねー。口の形は変えないで、喉のこのあたりを下げる感じで、この部分で発音するようにベンドするのよねー。と確認して、今度はそれを再現するようにパッカーで吹いてみます。こうして、タング・ブロックで見本を示して (自分で自分に見本を示すというのも変な話ですが。)、パッカーで再現するのというのを繰り返し練習して、良いトーンでスケールが吹けるようにします。まあ、なんとも面倒な練習であります。

タング・ブロックだとベンドがしにくいと言う人もいますが、私は、正しい身体の使い方でのベンドを学ぶには、タング・ブロックはとても役に立つと思います。パッカーだと口先でベンドをするという間違いを犯してしまうことは簡単ですが、タング・ブロックだと舌と口がハーモニカに固定されるため、嫌でも口先以外の場所を使ってベンドをしなくてはならなくなります。舌をハーモニカにつけ、口を大きく開くことによって、口の奥や喉が開きやすくなるので、ナチュラル音 (ベンドしない音) のトーンも良くなることが多いです。「すべてタング・ブロックで演奏するべきだ」 とは言いませんが、トーンやベンドのテクニックを改善したいと思っている方は、試してみる価値は大いにあると思います。

さて、スケールがだいたいできるようになったら、次はタング・ブロックとパッカーの切り替えの練習。スケールを、タング・ブロック→パッカー→タングブ・ロック→パッカー・・・と、一音ごとに切り替えて練習。トップの音まで行って戻ってきたら、次は同じスケールをパッカーから始め、パッカー→タングブ・ロック→パッカー・・・と練習。これもまた面倒ですが、効果はありです。

更に、私がいつもタング・ブロックで練習する基礎練習のひとつ、タング・スラップとコード・リズムを織り交ぜたブギ・パターンを、パッカーで練習。ビッグ・ウォルター様がよく使うテクニックです。これを、12バーの構成でやります。ウォルター様はタング・ブロックを使っていますが、それに近いサウンドをパッカーで作り出すようにがんばるのです。良いトーンで吹けているか、きちんとアーティキュレートできているか、ベンド音のピッチは正確か、などとひとつひとつ確認できるゆっくりのテンポからはじめて、少しずつテンポを上げていきます。

これらの練習を始めてから今日で5日目くらいですが、だいぶ自然にパッカーの演奏ができるようになってきました。私は使うポジションが多いので、スケールもブギ・パターンも、全てのポジションでやると、かなりの量になります。パッカーの練習の他に、毎日の日課であるタング・ブロックでの練習も普通にするため、最近は基礎練習だけでものすごく時間がかかってしまいます。でもそのおかげで、この頃は曲をやってもなかなか調子が良いです。楽器の演奏はスポーツのように、日々の体作りがものを言うというところがあると思います。

オーバー・ブロウ / ドローを演奏で使うことについても書く予定でいたのですが、思いのほか長くなったので、次回にしたいと思います

広告

2009/06/19

クロマティックに挑戦!

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 11:15 am by Yuki

誕生日に夫からクロマティック・ハーモニカをプレゼントしてもらい、ほくほくの毎日であります。ブルースではサード・ポジションで吹かれることがほとんどのクロマティックですが、ダイアトニックでもC一本で勝負している私としては (詳しくは>一本勝負!)、もちろんサードだけではなくて、すべてのポジションで使えるようになるのが目標です。とりあえずは、メジャー・スケール、二種類 (ハーモニックとメロディ) のマイナースケール、メジャー・ペンタトニック・スケール、ブルース・スケールを、全調で毎日練習しております。スケール練習は、楽器の音の配列を身体に覚えこませて、より自由なアドリブ力を得るための、手っ取り早く有効な練習法だと思います。もちろんこれだけでかっこいいアドリブができるわけではありませんが、ひとつの手助けになることは間違いありません。ダイアトニックで全てのポジションをやると決めた時も、毎日のスケール練習がとても役に立ちました。今でも練習のウォーミングアップとして毎日やっていて、練習の時間が限られている時は、最低でもスケールだけは欠かさないようにしています。

もちろんスケールの練習だけやっているわけではなくて、曲のコピーも始めました。私がクロマティックも吹いてみたいなあと思い始めたのは、ロッド・ピアッツァをライブで見てからなのですが、それ以前からクロマティックの演奏で気になっていたのが、スティーヴィー・ワンダーです。私は実はクロマティック・ハーモニカで吹かれるクラシック音楽やジャズなどはあまり好きではないのですが (あくまで個人的な好みの問題で、これらのスタイルに問題があると思っているわけではもちろんありません。)、スティーヴィー・ワンダーの演奏はずっと大好きだったのであります。それで早速、「もう少し簡単なのからはじめた方がいいのでは・・・」 という夫の忠告を完全に無視して、スティーヴィーがハーモニカを吹いている “There must be an angel” と “Alfie” をコピーし始めたというわけです。

stevie_wonder

“There must be an angel” はユーリズミックス (Eurythmics) の曲で、中間と最後にスティーヴィーのハーモニカが入っています。彼のこのリズムとフィーリングはすごい。これくらいの曲だと (というのは、コード進行とか、ソロで使われている音の複雑さという意味で。)、音取りはまあ楽にできますが、リズムとノリを獲得するのは非常に困難です。4分の4拍子の曲ですが、ファンクみたいに16分音符を基準とした細かい流れを常に感じていないと、スティーヴィーのこのソロは吹けません。そして、なんとも形容し難いビハインド・ザ・ビートのフィーリング。すごいなあ。何度聞いてもため息が出てしまいます。この演奏はヴォーカル的でも管楽器的でもありますが、何よりピアノ的だと私は感じます。ぼろろんぼろろんと装飾音的に奏でられるメロディーが、キーボード奏者の演奏そのもの。うちにあるCDでは、最後のソロはもうちょっと長く入っているのですが、YouTube では早めにフェイド・アウトしているものしか見つけられなかったのが非常に残念です。

実は私はユーリズミックスってけっこう好きなんです。アニー・レノックスは歌もよかったし、存在感もあって素敵だった。80年代のポップ・ミュージックってひどいものがかなりありましたが、良い音楽を作った人達もいましたね。

Eurythmics – There must be an angel

もう一曲の ”Alfie” は、バート・バカラック (Burt Bacharach) の曲をスティーヴィーがハーモニカで演奏しているものです。この映像はかなり cheesy (安っぽいとかくさいとかいう意味です。) な演出なのですが、演奏は素晴らしいです。最初、少しトークがありますが、1:30頃から演奏が始まります。

Alfie – Stevie Wonder and Burt Bacharach

2曲とも、途中何度か 「この音を普通にベンドして出すのは不可能だ!」 というベンド音が使われていて、どうやって出しているかわからなかったのですが、試しに吹いてベンドしてみたらその音が出ました!ブロウ・ベンドだったんですね。これを発見した時は本当にうれしかったです。人に教えてもらうことはもちろん貴重な知識となりますが、自分であれこれ考えたり試したり調べたりして答えを得ることも、時には大切ですね。自分で発見したことって、絶対に忘れないものだし、身につく度合いも違うと思います。

最近は、ハーモニカの入っている曲に限らず、スティーヴィー・ワンダーを聞きまくって、すっかり気持ち良くなっております。この人の作り出すグルーヴを聞いていると踊りたくなるのですが、それと同時に身体の力がふぁ~っと抜けて、ものすごく気持ちの良い状態で身体が動きます。音楽ってドラッグだと思う瞬間。最高です。この2曲の他にも、たくさん演りたい曲があるので、がんばって練習するぞ!

2009/06/16

Rod Piazza – Soul Monster

Posted in CD @ 11:00 am by Yuki

ロッド・ピアッツァ (Rod Piazza) と彼のバンド、The Mighty Flyers の新譜 ”Soul Monster“。本日発売です。

ロッドは今年の4月にライブを見て以来、すっかり惚れてしまったハーピストです (詳しくは>Rod Piazza に惚れる)。それまでももちろんCDは聞いていたし、DVDなどでそのお姿を拝見してはいたのですが、ライブで感じる彼のエネルギーとテンションとスウィングは、まったく比べものにならなくて、すっかりやられてしまったのでした。

まだ買っていないジェイソン・リッチの新譜 (Done With the Devil) と合わせて買おうかなあ。

2009/06/10

ブルース・ミュージシャンの誕生日

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 12:10 am by Yuki

“BLUES BIRTHDAYS” という、ブルース・ミュージシャンの誕生日のデータベースがあります。自分と同じ誕生日のブルース・マン / ウーマンは誰だ?なんて見てみると、なかなか楽しいです。
BLUES BIRTHDAYS

さて本日6月10日、誕生日を私とシェアしているのは、この方!

howlin_wolf

Howlin’ Wolf Smokestack Lightning

お~う~う~~。光栄です。

2009/06/06

クルージング

Posted in ハープ日記, ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 8:32 pm by Yuki

キム・ウィルソンのライブを見て来ました。生でキムの演奏を聞くのは3回目。いつもかっこいいキム兄ですが、今回が一番良かった気がします。キムやデニスやロッドなど、大好きなハープ・プレイヤーのライブを見る時は、いつもステージのまん前で盛り上がる私であります。バンド全体のサウンドとしては、後ろの方 (特にミキシング・デスクに近い所) が音もバランスも良いことはわかってはいるのですが、やはり近くで見たいという思いが強くて、かぶりつきで見ることが多いです。

今回、キムを見ていて特に感心したのは、そのリラックス度。先日の記事 (So I don’t have to be blowing so damned hard) で、身体をリラックスすることの大切さを書きましたが、キムはその極致。上手い人は誰でもリラックスしているはずですが、キムのは見ていてすごくわかりやすい。身体に音を共鳴させているのが目に見て取れるようでした。

Kim_Wilson_bt

以前紹介したキムのインタビューの中で、今回のキムの演奏を聞いて私が感じたことをそのまま表していた部分があるので、それを紹介します。

ハーモニカプレイヤーってのは、アンプリファイドのような音をアコースティックの演奏で出そうとすることに、一生を費やすようなものなんだ。そしてそれを達成するために目指すことは、リラックスするってことなんだ。俺のすごく良い友達で、マディ・ウォーターズと演っていたこともあるジェリー・ポートノイに言ったことがある。大きな車を運転しているみたいなものなんだってね。でかいエンジンを持ったやつだよ。それを運転していると、そのエンジン音を聞いて、みんなが俺がパンチできるってことを知っているんだ。でも、俺はクルーズしているだけなのさ。パンチはしない。みんなが 「パンチが来るぞ」 って予想しているところでは、絶対にパンチはしないんだ。俺がタイヤを焦がすだろうって期待させるに留めておくのさ。たまに 「キュィィィィーーッ!!」 と一発お見舞いして、すぐにやめるんだ。そしてまたクルーズする。そうすれば、みんなをまた、その焦げたタイヤの匂いを期待させる状態にしておくことができる。

このインタビューはこちらにあります。
Honest I Do - Kim Wilson の場合

2009/06/04

Koko Taylor (R.I.P.)

Posted in ハーモニカ以外 @ 9:33 pm by Yuki

スヌークス・イーグリン (Snooks Eaglin)、エディ・ボー (Eddie Bo)、忌野清志郎と、今年はショックなニュースが多いと思っていたところにもうひとつ。

Koko_Taylor

Koko Taylor – Good Times Roll + I’m A Woman 1978

R.I.P.