2009/06/19

クロマティックに挑戦!

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 11:15 am by Yuki

誕生日に夫からクロマティック・ハーモニカをプレゼントしてもらい、ほくほくの毎日であります。ブルースではサード・ポジションで吹かれることがほとんどのクロマティックですが、ダイアトニックでもC一本で勝負している私としては (詳しくは>一本勝負!)、もちろんサードだけではなくて、すべてのポジションで使えるようになるのが目標です。とりあえずは、メジャー・スケール、二種類 (ハーモニックとメロディ) のマイナースケール、メジャー・ペンタトニック・スケール、ブルース・スケールを、全調で毎日練習しております。スケール練習は、楽器の音の配列を身体に覚えこませて、より自由なアドリブ力を得るための、手っ取り早く有効な練習法だと思います。もちろんこれだけでかっこいいアドリブができるわけではありませんが、ひとつの手助けになることは間違いありません。ダイアトニックで全てのポジションをやると決めた時も、毎日のスケール練習がとても役に立ちました。今でも練習のウォーミングアップとして毎日やっていて、練習の時間が限られている時は、最低でもスケールだけは欠かさないようにしています。

もちろんスケールの練習だけやっているわけではなくて、曲のコピーも始めました。私がクロマティックも吹いてみたいなあと思い始めたのは、ロッド・ピアッツァをライブで見てからなのですが、それ以前からクロマティックの演奏で気になっていたのが、スティーヴィー・ワンダーです。私は実はクロマティック・ハーモニカで吹かれるクラシック音楽やジャズなどはあまり好きではないのですが (あくまで個人的な好みの問題で、これらのスタイルに問題があると思っているわけではもちろんありません。)、スティーヴィー・ワンダーの演奏はずっと大好きだったのであります。それで早速、「もう少し簡単なのからはじめた方がいいのでは・・・」 という夫の忠告を完全に無視して、スティーヴィーがハーモニカを吹いている “There must be an angel” と “Alfie” をコピーし始めたというわけです。

stevie_wonder

“There must be an angel” はユーリズミックス (Eurythmics) の曲で、中間と最後にスティーヴィーのハーモニカが入っています。彼のこのリズムとフィーリングはすごい。これくらいの曲だと (というのは、コード進行とか、ソロで使われている音の複雑さという意味で。)、音取りはまあ楽にできますが、リズムとノリを獲得するのは非常に困難です。4分の4拍子の曲ですが、ファンクみたいに16分音符を基準とした細かい流れを常に感じていないと、スティーヴィーのこのソロは吹けません。そして、なんとも形容し難いビハインド・ザ・ビートのフィーリング。すごいなあ。何度聞いてもため息が出てしまいます。この演奏はヴォーカル的でも管楽器的でもありますが、何よりピアノ的だと私は感じます。ぼろろんぼろろんと装飾音的に奏でられるメロディーが、キーボード奏者の演奏そのもの。うちにあるCDでは、最後のソロはもうちょっと長く入っているのですが、YouTube では早めにフェイド・アウトしているものしか見つけられなかったのが非常に残念です。

実は私はユーリズミックスってけっこう好きなんです。アニー・レノックスは歌もよかったし、存在感もあって素敵だった。80年代のポップ・ミュージックってひどいものがかなりありましたが、良い音楽を作った人達もいましたね。

Eurythmics – There must be an angel

もう一曲の ”Alfie” は、バート・バカラック (Burt Bacharach) の曲をスティーヴィーがハーモニカで演奏しているものです。この映像はかなり cheesy (安っぽいとかくさいとかいう意味です。) な演出なのですが、演奏は素晴らしいです。最初、少しトークがありますが、1:30頃から演奏が始まります。

Alfie – Stevie Wonder and Burt Bacharach

2曲とも、途中何度か 「この音を普通にベンドして出すのは不可能だ!」 というベンド音が使われていて、どうやって出しているかわからなかったのですが、試しに吹いてベンドしてみたらその音が出ました!ブロウ・ベンドだったんですね。これを発見した時は本当にうれしかったです。人に教えてもらうことはもちろん貴重な知識となりますが、自分であれこれ考えたり試したり調べたりして答えを得ることも、時には大切ですね。自分で発見したことって、絶対に忘れないものだし、身につく度合いも違うと思います。

最近は、ハーモニカの入っている曲に限らず、スティーヴィー・ワンダーを聞きまくって、すっかり気持ち良くなっております。この人の作り出すグルーヴを聞いていると踊りたくなるのですが、それと同時に身体の力がふぁ~っと抜けて、ものすごく気持ちの良い状態で身体が動きます。音楽ってドラッグだと思う瞬間。最高です。この2曲の他にも、たくさん演りたい曲があるので、がんばって練習するぞ!

広告