2009/07/10

リトル・ウォルターの亡霊

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 2:29 pm by Yuki

少し前に、アダム・ガッソー (Adam Gussow) が、自身の運営するサイトで、とても興味深い書き込みをしていました。バラス・ラジャクマー (Bharath Rajakumar) という、カナダのハーピストについてのトピックです。YouTube などをまめにチェックしている方ならご存知だと思いますが、バラスはかなり完璧なリトル・ウォルターのコピーをすることで有名なプレイヤーです。こちらで音が聞けます。
Bharath and his Rhythm Four – Little Walter’s Tell me Mama

アダムは、バラスが素晴らしいプレイヤーだということを述べた上で、ある問題を提起しています。ブルース・ハーモニカを現代化  (modernize) することに常に心を砕いてきたアダムらしいトピックだと思います。彼は自分の意見をはっきりと述べていますが、それを決して読み手に強要しないオープンな内容です。この人は、大学で英語の教授をしたり、本を出したりしているだけあって、いつも素晴らしい文章を書きます。リズムがあって、明快で、読み手をぞくぞくさせるような、美しい文章です。私がした下手な訳だけではなくて、原文も読むことをぜひぜひお勧めします。
Modern Blues Harmonica

アダムの文章が素晴らしいので、今日は私自身の意見は書かずにおこうと思います。
皆さんはどう思われますか?

*       *       *       *       *

反駁を恐れずに、ここに明記する。地球上の全てのハーモニカ・プレイヤーの中で、バラス (ケベック州モントリオール在住) は、完璧な、ぞっとさせるような、非の打ち所ないリトル・ウォルターのサウンドを作り出す数人のうちの一人である。そのサウンドの完璧さは、リック、フレージング、全ての方面においてであるが、特にその機材 (小さなアンプだと思う。賭けてもいい。) は、リトル・ウォルターのレコーディングのほとんど全てのニュアンスを再現させることを可能にしている。

これは中途半端な仕事ではない。この男の夢は、リトル・ウォルターを獲得すること、複製すること、リトル・ウォルターを - 彼の音を、スタイルを、幅広いアプローチを - 生き返らせることだったに違いない。

君はこれについてどう思うだろうか?これは偉大なことだろうか?必要とされたことだろうか?それとも、彼は自分自身を - 彼のオリジナリティを、それがどういうものであれ、「バラス・サウンド」 と呼ばれるべきものを - いけにえにしたのだろうか?完全に忠実な再生という名の十字架の上で。

君たちはたぶん、僕がどう思っているかを知っているだろう。でもやはり言っておこうと思う。僕は、彼はブルースハープというものを制御する道のりを、ちょうど半分まで来ただろうと思う。それも、とても素晴らしいやり方で。そして僕は、彼がそこで止まることを自ら選んだのだろうとも思う。もし彼がこれより先に進まないのならば - というのは、リトル・ウォルターの亡霊がとり憑くことをよしとせず、払い除けることをしないのならば、ということだけれど - 彼は忘れ去られる運命にあるだろう。素晴らしいイミテーターであることよりも悪いことはたくさんある。彼は全く素晴らしいリトル・ウォルターのイミテーターだ。最高のイミテーターかもしれない。間違いなく最高のイミテーターの一人だろう。しかし、僕は - まだ - 彼がどんなクリエイティブなミュージシャンであるかということについては、何も知らないままだ。

もし僕が 「ジェイソン・リッチ・サウンド」 というものを理解したいと思ったら、僕にはそれがどういうものであるかということの考えが幾分ある。「ソニー・テリー・サウンド」 や 「リトル・ウォルター・サウンド」 についてならば、僕は間違いなくそれがどういうものかを知っている。

「バラス・サウンド」 はどういうものなのだろう?それとも僕はバラスのことなど忘れて、ただリトル・ウォルターを聞いていればよいのだろうか?

あるいは、バラスがいかにに完璧にリトル・ウォルターを習得したかということを考えたら、僕はリトル・ウォルターのことも忘れるべきなのだろうか?そして、ブルースハープの伝統の中の、どこか他のところを見るべきなのだろうか?

僕は、若き日のリトル・ウォルターが - バラスの年齢のリトル・ウォルターが - 半世紀前のブルース・ハーモニカ・スタイルへ対するバラスの忠実さを目にしたとしたら、 極めて奇怪だと感じただろうと確信している。1950年代初期のシカゴでは、そんなふうには事は運ばなかった。その時代では、エキサイティングな新しいサウンドを作り出すことが全てだった。それこそが、大勢のミュージシャンに抜きん出る手段だったんだ。ぐつぐつと煮えたぎる蟹鍋の中から這い上がって生きのびるためには、そうするしかなかった。当時は、ブルースは常に再発明され続けていて、リトル・ウォルターもジョン・リー・ウィリアムソンやブルーバード・サウンドのスタイルをマディとの初期のセッションで使っていた。けれど、彼がアンプを使い始めた瞬間・・・他のプレイヤーにはない強みを彼は見せたんだ。

あるいは、もしかしたら、僕は完全に間違っているのかもしれない。なぜ僕は、「ブルースを新しくする」 ということにそんなに執着しなければならないのだろう?リトル・ウォルターが50年代にそうしていたからという、ただそれだけの理由で。もしかしたら僕は、僕自身ののやり方で、バラスと同じくらいのクローンなのかもしれない。リトル・ウォルターの哲学的クローンだ。伝統を保持するだけではなく、新しくすること、新しいサウンドを見つけること、楽器を現代化させることに対して僕が感じているストレスは、もしかしたら見当違いなことなのかもしれない。ブルース・ハーモニカの世界と文明には、愛のある、忍耐強い、鍛練された、私心のないアーキビストが必要なのかもしれない。古典の価値を認め、現在のステージで鮮やかに蘇らせることによって、それらの音楽を存続させる手助けをするプレイヤーが。バラスのアプローチは、一流のヴァイオリニストが見せる、クラシック音楽の伝統的なアプローチと同じものなのかもしれない。リトル・ウォルターのレコーディングは、レパートリーであり、楽譜であり、バラスはその楽譜をリアルタイムで鮮やかに蘇らせるのだ。私達にはそれが必要なのかもしれない。

答えは君が見つけてくれ。

広告

8件のコメント »

  1. nogi said,

    非常に面白い、心の伝わる文章ですね。感銘を受けました。バラスについては、僕は日本国内盤CDのライナーにも書きましたが、プレイヤーとして技術論だけにこだわって聴けば、びっくりするほどのテクニシャンではないと思います。キム・ウィルソンやリック・エストリン、マーク・ハンメルらがカバーするウォルターのほうがずっと本家に似ています。アダム氏も「特に機材」と明記していますが、バラスの凄さは、リトル・ウォルターがエイシズと作ったバンド・サウンドを、その50年代特有の音の質感まで蘇生させようと試みて、しかもほぼ成功していることだと思います。その執念は凄まじく、求道的ですらあり、そういう意味で、バラス達の姿はクラシックの演奏者に近いかもしれませんね。僕は、彼がどこまでもウォルターのハーモニカを追及し、より近付いてゆく努力を続けること(まだまだその余地はある訳です)も、当然ミュージシャンとしての進化に繋がるし、その過程で素晴らしいオリジナル曲が生まれることも大いにありうると思うのです。消えてなくなるかもしれないクラシカルなシカゴブルース(そのダウンホームな美しさを継承している西海岸のベテラン奏者たちも、確実に年を取りつつあるということを踏まえて)のサウンドを、誰かが何とかして残さないと、と考えている点で、僕はバラス寄りかも知れません。50年代のハーモニカブルースのサウンドは決して古びないと信じているわけですから。しかし一方でジェイソン・リッチを頼もしい気持ちで聴いていたり、楽器としてのハーモニカの多様な展望を夢見ないわけでもないのです。アダム氏の言う、ウォルターの哲学的エピゴーネンの心境です。
    スタイル・サウンド(例えば50年代のシカゴサウンドなど)に対する強い思い入れと、楽器としての未知なる場所への展開を望む心は、そもそも矛盾するのか、それとも共存できるのか、そんなことを考えました。
    長々とすみません。

    • Yuki said,

      >nogiさん

      コメントありがとうございました。

      トラディショナルな演奏を守ることに使命を感じる人がいる一方で、アダムやジェイソンのようにブルースハープをモダナイズすることに使命を感じている人もいるというのは、とても興味深いですね。バラスの場合は、使命感というよりも、「リトル・ウォルターのサウンドがただただ好きで、それを自分で再現したくてたまらなかった」 という感じを私は受けるのですが、これはあくまで私の受けた印象で、実際はものすごい使命感を感じているのかもしれません。

      私は個性を感じさせる演奏をするミュージシャンが好きなのですが、それは実はたぶん、クラシック音楽から学んだものだと思います。クラシック音楽は既に存在する曲を演奏するわけですが、奏者達は皆、楽譜を頼りに作曲者の意図を自分なりに解釈して消化し、自分の言葉として語るのです。誰かの録音を聴いて、「素晴らしい演奏だから」 という理由でそれをそっくりそのまま真似をして演奏しても、誰も相手にしてくれない世界です。そういう面では、キム・ウィルソンやリック・エストリンの方が、クラシックのアプローチに近いかな、という気がします、キムがウォルターをコピーするとキム色になるし、リックのコピーもやはり 「リック・エストリンの演奏するリトル・ウォルター」 として私には聞こえます。バラスのウォルターのコピーはそういうものが一切排除されていて、そこが今回、アダムが問題にしたところなのかもしれません。

      トラディショナルなものへの愛と、革新的なものを求める心は、私は共存し得ると思います。デニス・グルーエンリングが良い例で、彼の演奏するブルースは、トラディショナルなアプローチと新しくユニークなアプローチが混合されたもので、それがデニスの独特のスタイルとなっていると思います。その一方で、ハーモニカで演奏するジャンプ・ブルースというスタイルも確立していますしね。ジェイソンが、”traditional yet innovative” とデニスを形容していましたが、正にその言葉がぴったりくると思います。私としては、「トラディショナルな演奏をする人」 と 「革新的な演奏をする人」 ときっぱりと分かれてしまう世の中ではなくて、デニスのように、ブルースの伝統を伝えつつ、新しいサウンドを作り上げて行く人がもっと増えて行く世の中になったらいいな、と思うのですが。

  2. おぎてつ said,

    この話、ブルース・ギターの世界では、Blind Blakeの完璧なコピーをする人が居ます。
    もちろん、ギターや弦やマイクなども自分で調べて、本物ソックリに弾くわけですね。
    もちろん、凄いという人も居れば、興味を示さない人も居る。

    つまり、好みの問題だと思うのだな。
    このバラスという人は、LWを超えるとか、彼のスタイルから自分のスタイルを導こうとかなんて考えてないんでしょう。
    とにかく、LWが好きで好きでしょうがない人なんですね。エルビスが好きで好きで、真似をしてる人とかも多いです。オリジナリティと言う点では、評価が低いでしょうが、僕はLWになろうとする努力は買いますし、コンサートなんかだと、楽しく聞けるでしょうね。
    ただ、正直に書くと、もしCD買う金があれば、LWのCDの方を迷わずかうだろうなあ、ということです。

    僕個人は、演奏を聞いていて、演奏者自身のフレーズが自然と少し出て来るような演奏が一番好きですね。何回も、同じ曲を練習してると、オリジナルとは違うユニークなフレーズを思わず弾いている時があるでしょう。演奏時のSponteniousなユニークさって、僕は大切だと思うのです。

    ところで、もし、LWが生前にこのバラスに会っていたら、どうすると思います?
    最近のマディの映画の中のように、偽者として撃ち殺すかもしれない。
    そう、バラスかもね。じゃんじゃん。

    オギテツ

    • Yuki said,

      >オギさん

      きれいにオチをつけていただいて、ありがとうございました (笑)。

      私も、この人のライブはぜひ見てみたいです。
      こちらでは、T.REX や Guns N’ Roses のトリビュート・バンドがあります。音楽だけではなく、髪型やメイク、服装までそっくりで、けっこうな人気もあるようです。確かにそうやってトリビュート・バンド的に見ると、バラスは間違いなく高く評価されるべき人でしょうね。ただ、ここでアダムが言っている、現在のブルースシーンやブルースハープの歴史に彼のような奏者が必要なのかという問題としては、やはり賛否両論あると思います。

      リトル・ウォルターに限らず、クラシカルなブルースこそが最高だと言う人は多いです。私もよく、「リトル・ウォルターを超えるプレイヤーはいない」 と感じたりすることがあるので、そういう気持ちは良くわかります。でもだからといって、皆が皆、伝統を保つだけの演奏をする世の中が理想なのかというと、私は決してそうではないとは思います。クラシカルな演奏をすることだけが 「伝統を受け継ぐ」 ということではないような気がするし、「ブルースを存続させる」 ということでもないような気が私はするのです。ジェイソンやアダムが感じている危機感や使命感は、「伝統を受け継いで進化させることこそが、ブルースを生き長らえさせる道なのだ」 という思いによるものだと私は解釈しています。

      リトル・ウォルターがもっと長生きしていたら、彼の演奏はどんどん進化しただろうと思うし、もし彼が今も生きていたとしたら・・・バラスに限らず伝統を保つだけの演奏をするプレイヤーには、「そんなのはみんな、俺達が半世紀も前にやったことじゃないか。あんた自身の音楽を聞かせてくれよ。」 と言うのではないかという気がします。

  3. msakai said,

    Yuki-sama,

    一週間のバンコク旅行を終えて日本に戻り、PCから書けるようになったのでやっとコメントできました。アダム・ガッソーさんのレッスンをYouTubeで見てとても参考になり、それ以降は彼の1レッスン5ドルの映像と2ドルのTAB譜をダウンロードして練習していたので、彼のことをYukiさんが書いていたのでコメントしたくなりました。この話はどっかで読んだか聞いたかしたことがあるような記憶があります。(彼のニュースレターだったかなあ)

    この手の話はジャズでもよくあったと思います。ジャコ・パストリアスそっくりなベースとか、マイケル・ブレッカーのテナーそっくりに吹く人とかいましたから。。。でも、確かにそういう偉大な人たちのコピーだと言ってしまえばそれまでなんですが、プレーヤーからすると完全にコピーして音色まで同じにすることは並大抵なことではありませんよね。だから完全に真似できる人は凄いと思います。

    さすがにエルビスみたいに格好まで真似するのはどうかと思いますが、最近日本では、どこかのラジオ局が主催して『レジェンド・オブ・ロック』というのをやっていて、KISSのコピーバンドやジミヘンのコピー、スティーリー・ダンのコピーバンドなんていうのもあり、ここまで行くとお祭りっていう感じではありますね。。。

    ジャズのサックスなんかはいまだにチャーリー・パーカーのフレーズをみんな吹いていたりして、いかに彼が先駆者だったかということが証明されてますね。その当時はどうだったんでしょうか。コルトレーンもそうですよね。ジャイアント・ステップスなんていう曲はどうやったらできるのか不思議です。

    だからリトル・ウォルターもその当時はどうだったのか知りたいですね。

    ただどんな先駆者たちも先人のコピーをしながら自分のスタイルを築いてきたことは間違い無いのでしょうから、名前の残っている人たちの演奏を真似るということはとても大事なんだろうと思っています。練習しなくちゃ。。。。。。。 長々失礼しました。

  4. Yuki said,

    >masakiさん

    アダムはブルース・ハープをモダナイズすることを使命としているようなところがあるので (少なくとも私にはそう見えます。)、この手の話はよくしていますよね。今回はたまたまバラスが取り上げられただけで。

    ブルースにしろジャズにしろ、後世まで名を残す人達は皆、自分なりのスタイルを持っていると思います。バラスさんのやっていることはある意味では素晴らしいことだと思いますが、アダムの言う 「(このままでは) 忘れ去られる運命にあるだろう」 というのは、たぶん真実でしょうね。

    リトル・ウォルターは、やはり大革命家だったのではないでしょうか。先代 (サニーボーイ一世など) の影響が見られる演奏をしていたのはほんの初期のみで、後の演奏は、当時としてはまるっきり新しいものばかりですよね。ロカビリーのスタイルを作り上げたり、ハーモニカの演奏だけではなくて、音楽の歴史においても革命を起こした人だと思います。他のプレイヤーなら普通誰でもする 「同じリフやリックを繰り返す」 ということもほとんどないですし。これだけ一曲一曲違う演奏をした人は、彼以外にいないと思います。もっと長生きしていたらどんな演奏をしていたんだろうと考えると、とても残念です。私はたぶん、オーバーブロウなんかも使うようになったんじゃないかな、と思うのですが。

  5. mosi said,

    自分はギターやってますがここの記事は面白くて時々まとめ読みしてますし、何度も読むページもあって大好きです。参考になることや今を生きるブルースプレイヤーの声が聞けるのがうれしい!。
    Bharathも良いけどやっぱキムは別格でデニスも好きです。

    今回の件は自分にもそのままあてはまって、頭痛いです。今は自分もコピー派ですが、まさにただ好きでって感じでやってます。自分はギターソロにはあまり興味はないのですが、ウォルターのバンドの音楽のリズムの面白さにハマりまくってます。このスゲ~バンドのリズムを何とか再現できないだろうかと。再現という部分は自分なりにも芸がないとは思いますが、まず納得いくところまでやってみて次考えようってところです。ひょっとしたらBharathも同じ感じでやってるうちにCD出す羽目になった(そのレベルに来た)って事かもって思いました。それが良いのか悪いのか。(・・・確かにBharathはあまり聞かないし、次も絶対欲しいかって言ったら・・・)
    しかし人それぞれ役割ってのもあるだろうし、一人で全部はしんどいなぁ~。

    が、同じブルースを愛してるプレイヤー同士、葛藤と愛をもって提言したであろうアダムにも頭が下がります。
    敬意を持ってコピーするだけじゃダメかなぁ、やっぱ。
    結局「好きなんだからいいじゃん」、って思いますが、自分の中に僅かにくすぶるミュージシャンとしての気概が「それじゃ、ダメ!」って。
    オリジナルは何回聞いても
    話変わりますがブログ応援してますね!

  6. Yuki said,

    >mosiさん

    こんにちは。読んでいただいてありがとうございます。

    ブルースを演奏する者にとって、先代の演奏を学ぶというのは、絶対に必要なことですよね。そういう勉強をしないで自分勝手に演奏しても、それは 「スタイルを持った演奏」 ではなくて、「好き勝手にやっている演奏」 でしかないと思います。なので、mosiさんのおっしゃる、「とりあえず納得いくところまでやってみて、それから次を考える」 というのは、すごくまっとうなアプローチなのではないでしょうか。がんばってくださいね。

    それに、伝統を学ぶとか守るとか、それを後世に伝えるなどということを一切抜きにして、「この曲が好きで好きでたまらないから、そっくり同じように弾きたい」 と思うこともありますよね。よくわかります。アダムもそういう思いを否定しているわけではないと思います。

    コメントありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。