2009/08/23

James Booker: St. James Infirmary

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 10:07 pm by Yuki

お馴染み “St. James Infirmary”。有名な曲で多くの人が演奏していますが、一番好きなバージョンはジェームス・ブッカー (James Booker) のもの。

James Booker: St. James Infirmary

booker_resurrection

ブッカーは私の piano god なのですが、いつも聞きまくっているかというと、実はそうでもありません。この人の演奏は、魂の奥の暗い部分まで入り込んでくるので、かなり気合を入れないと聞けないのです。BGM などには絶対にできない。その代わり、聞く時は集中して、身も心もすっかりゆだねて、しっかりと聞きます。聞いた後には、素晴らしい小説を読んだ後のような、「しん」 とした静けさが心の中に残ります。

このクリップの演奏は、”Resurrection of the Bayou Maharajah” というアルバムに収められています。

広告

4件のコメント »

  1. ジェームス・ブッカーさんは初めて聴きました。
    世の中には知らないミュージシャンがまだまだ居るものです。
    ジャンルを問わず伸び伸びと弾き、歌う個性溢れるミュージシャンですね。
    そういう意味でニーナ・シモンを思い出してしまいました。この人も個性的ですよ。

    • Yuki said,

      > blues&jazz django さん

      ブッカーはさほど有名なピアニストではないですが、彼を好きだと言う人は、半端じゃなく好きだということが多いです。はまる人はどっぷりとはまるみたいですね。

      ブルースにおけるピアノは、(ハーモニカなどと違って) 音色の良し悪しがあまり問われないことが多いです。その辺りが、ブッカーがあまり評価されない理由のひとつなのかな、という気がします。ピアノという楽器の表現力の豊かさや音色の多彩さを活かした、本当にたまらない、心に響く音を出すピアニストだと思います。

      ニーナ・シモンは素敵ですね。歌もいいし、格好がいいです。

  2. 職人 said,

    始めまして ジェームス・ブッカーを調べていて来ました
    ピアニストでハープのブログとは幅が広くて大いにたまげました

    私はユーシンさんというハーピストと一時期バンドをやっていましてハーモニカの上手な人は本当に凄いもんだと思ってます

    小さな楽器で無限の可能性という感じですね
    又お邪魔します

    • Yuki said,

      >職人さん

      こんにちは。はじめまして。
      私は日本のハーピストについては全く詳しくないのですが、ユーシンさんのお名前は知っています。 夫がカスタマイズの仕事をしていて、私自身もカスタム・ハープに興味があるので、日本のカスタム・ハーモニカ事情について検索していてユーシンさんのサイトを見つけました。

      ジェームス・ブッカーは私のピアノ・ゴッドで、彼について色々とマニアックに書いたことがあります。かなり前に書いたものなので今読む恥ずかしいのですが、よかったらそちらも読んでみてください。
      >http://yukipiano.com/01_menu.htm

      コメントありがとうございました。ちょっと今、心理的に辛い時期が続いていて、しばらくまともなブログを書いていませんが、少しずつ更新していく予定ですのです。これからもよろしくお願いいたします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。