2009/08/30

たまには日本のものも・・・

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 11:31 am by Yuki

意識して避けているわけではないのですが、このブログでは日本人ハーピストを取り上げることは多くありません。普段読むのは英語のサイトばかりで日本のハープ事情には全く詳しくないことと、ハープ関係の知り合いはほとんどこちら (ヨーロッパとアメリカ) の人だということがあって、やはりこちらの話題が中心になってしまいます。しかし今日はめずらしく、ジャパニーズ・ハープメンのかっこいい演奏を紹介したいと思います。大野木一彦さんとマッドハープ加藤さんのデュオ。十穴祭ブルースフェスティバルというイベントでの演奏だそうです。

ハリーハリーベイビー

大野木さんはこのブログを読んでご丁寧なメールを下さって、それ以来、たまにメールやCDを交換させていただいたり、うちの夫のカスタム・ハープのテスターになっていただいたりしています。数少ない日本人のハープ友達 (と勝手に呼んでいる。) であります。マッドハープ加藤さんも同じくブログを通して知った方で、ブログを相互リンクさせていただいています。

この演奏は、アンサンブルとしてとても上手く仕上がっていると思いました。加藤さんのリラックス感と、大野木さんのハープ (ちょっとキム・ウィルソンを髣髴とさせる) が合わさった感じがよいです。ハーモニカ同士のセッションってやかましくなりがちなのですが、お二人ともバックアップが上手なので、お互いの邪魔にならないように上手く避けあっています。加藤さんの歌も、ちょっとオーティス・スパンみたいな感じで味があって素敵です。

お二人とも、関西を中心に演奏活動やレッスンをなさっています。お近くの方、機会のある方はぜひぜひチェックしましょう。

NOGIOH.COM
マッドハープのBLUESHARP日記

広告

4件のコメント »

  1. nogi said,

    Yukiさん
    我々の動画を取り上げていただいてとどうもありがとうございます。
    加藤さんのダウンホームな歌とハーモニカの良さを生かすには、もっとトリッキーな感じでも合うと思うのですが、結局中途半端に張り合うように泥臭くなりました。音数を減らそう、と心がける時、白人ハーモニカ奏者の中ではポートノイとキム・ウィルソンを無意識に思い描いている気がします。

    • Yuki said,

      >大野木さん

      コメントありがとうございます。
      私はこの泥臭さが良いと思いました!お二人ともバックアップが上手なので、私には張り合っている感じには聞こえなかったです。

  2. 平松悟 said,

    横浜のハーモニカ吹き、平松です。はじめまして。
    関西10穴祭りで加藤さんと大野木さんとは初対面でした。
    とてもすばらしいイベントになりました。
    とてもいいダブルハープ曲になりましたね。
    声がそちらにも届いたようでとても嬉しく思います。

    • Yuki said,

      >平松さん

      こんにちは、はじめまして。
      楽しそうなイベントですね。私もヨーロッパのフェスティバルなどにはたまに参加するのですが、こういうイベントの良いところは、学ぶことが多いというだけではなくて、人と知り合うということだと思います。

      コメントありがとうございました。よかったらまたぜひ遊びにいらしてください!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。