2009/10/14

Carlos Santana – Samba Pa Ti

Posted in ハーモニカ以外 @ 9:07 am by Yuki

相変わらず荒波にどっぷりとのまれてしまったような生活が続いていますが、そんな中、一時の安らぎを与えてくれたのが、この曲。

Carlos Santana – Samba Pa Ti

久しぶりに聞いたのですが、この曲を初めて聞いた時の美しく温かい思い出が鮮やかによみがえってきて、安らかで前向きな気持ちになりました。
音楽にはそういう力がありますよね。

久々の凪。
こういうものがあるから、なんとか溺れ死にせずにやって行けているのだと思います。

広告

4件のコメント »

  1. Ogitetsu said,

    最近はいかがですか?

    僕の方も、実は少し悩んでいることが有ったりして、まあ人生は平坦に行きませんね。
    少し、気持ちが安らぐかと思えば、自分で面倒の種を植えてしまったり、物事に行き詰まったり、と様々です。
    近くに何でも話せる人間がいないので、悩みは全て抱え込みです。自分は弱い人間なのかなぁ、とも思うのです。

    とにかく一日一日を何とか切り抜けて行くしかないですね。トンネルの先には光が見えるでしょうから。え、トンネルを抜けると、雪国だった? そんなら、冬眠するか…。

    おぎてつ

    • Yuki said,

      >オギさん

      うあー。お気持ちわかります。私も昨晩、思いっきり面倒の種を植えてしまいました。ただでさえ問題は山積みなのに、ほとんど自虐行為です。ほんと、自分の弱さに嫌気が差して、消えてなくなりたくなりました。どんなに泣いても涙って枯れないものなんだなと思います。私の方も事情が込み入っていて相談できる人がほとんどいないので、話す人がいない辛さというのも痛いほどよくわかります。トンネルの先は暖かい春だと信じて乗り切りましょうね。

  2. サンタナのサンバ・パ・ティは聴いてて気持ちが安らぎますね。
    サンタナは70年代前半に武道館に観に行きました。
    その日がドラムスのマイケル・シュリーブの誕生日だったので後半が盛り上がって
    とても良かったですよ。
    初めて買ったサンタナのレコードがアブラクサスでした。いい曲ばかりで今でも
    最高のアルバムだと思います。あの頃のロック・アルバムは素晴しいものが多い。
    その後ブルースに足がはまって抜けなくなっていますけど。
    私も大海の荒波に自ら身を投じて2-3年、明日があるさ、明日こそは、負けない、
    諦めない、挫けないと自分に言い聞かせてる日々です。
    明日がいい日になりますよう願いましょう。

    • Yuki said,

      >blues&jazz django

      こんにちは。
      Abraxas、いいですよね。
      Samba Pa Ti を聞くと、この曲をはじめて聞いた時の風や日差しや隣で笑っていた人や悪い予感のひとつさえなかった幸せな心がよみがえってきます。
      こういうものがなかったら、ほんと人生やっていけないなと思うのと同時に、音楽を聞いてきてよかったと心から思います。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。