2009/11/25

David Barrett のニュー・サイト

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , , , , @ 11:59 am by Yuki

デヴィッド・バレットは、演奏だけではなくて 「教えること」 に力を注いでいるハーピストのひとりで、彼の素晴らしいオンライン・マガジンについては、このブログでも紹介したことがあります。
David Barrett - The Diatonic Harmonica’s Greatest Strength

そのバレットが、ブルース・ハーモニカを学ぶためのホームページを近々リリースするそうで、これがかなりエキサイティングなものになりそうだということが、ハープ界で話題になっていました。YouTube にこのサイトを紹介するビデオがアップされていますが、多くのハーピストのインタビューなどもあり、確かに興味深いです。

BluesHarmonica.com Preview

私はデニス・グルンリング (Dennis Gruenling) が出てきたところで失神しそうになったのですが (声と話し方がセクシーなのよね。)、他にもリック・エストリン (Rick Estrin), ジョー・フィリスコ (Joe Filisko), ジェイソン・リッチ (Jason Ricci), ゲイリー・プリミチ (Gary Primich), ゲイリー・スミス (Gary Smith) などなど、盛りだくさんです。ちなみに私はリック・エストリンのところでは (良い意味で) 大爆笑してしまいました。各インタビューは約1時間半の長さというのもうれしいです。

このサイト (bluesharmonica.com) がリリースされるのは12月20日。月ごとに購読料を払って、すべてのコンテンツにアクセス可能となるシステムだそうです。私なんかはデニスのインタビューを見るためだけにでも購読料払っちゃおうかなと思います。
楽しみですね。

広告

2件のコメント »

  1. sakai said,

    こんにちは。
    またまた貴重な映像のご紹介ありがとうございます。
    私はDavid Barrettさんの教則本「Classic Chicago Blues Harp #1 &#2」で練習してきたので(今でもやってますが)、この人の教え方ってとってもよくわかるんですよね。さすがに教えることにも力を入れてきたってことがわかります。ですから、このサイトは私もぜひ購読しようと思っています。それにしてもインタビューでは色々な人が出てきて面白かったです。私はBrendan Powerという人は知りませんでしたけど、このインタビューの中のソロに感銘を受けました。こんな風に吹きたいですね。益々練習に励みます。

    • Yuki said,

      >sakaiさん

      こんにちは。ブレンドン・パワーはローカル (イギリス) のアーティストなので、ギグやフェスティバルで何度かお会いしています。とても幅広い演奏をする、素晴らしい奏者です。私はどちらかというと、ブルースよりもアイリッシュ・ミュージックなどをやっている時の彼の演奏が好きです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。