2010/01/17

Nick Curran

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 11:25 am by Yuki

最近話題になっていた、ちょっとショックなニュース。ギタリストのニック・カーランが、舌の癌を患っていると診断され、2ヶ月ほど療養期間を取るそうです。完治が見込まれていることで、まあちょっと安心ですが、それにしてもショック・・・。まだ33歳ですよ。うちは癌家系なので、こういう話は人事じゃないんですよね・・・。絶対によくなって早く復帰してほしいと心から願っています。

彼の作品は 「ロックン・ロール最高!!」 という気持ちがあふれまくっていて好きなのですが、やはり私にとってはニックはブルースのセッション・プレイヤーというイメージの方が強いです。数年前に、キム・ウィルソン (Kim WIlson) 率いるファビュラス・サンダーバーズ (The Fabulous Thunderbirds) のライブで演奏している彼を見ましたが、その時の姿は本当に格好がよかった。ゲイリー・プリミチ (Gary Primich) なんかとも演奏していて、私はこのクリップがすごく好きです。
The Late Great Gary Primich 4/20/1958 – 9/23/2007 RIP

MySpace では、かっこいいロックン・ロールが聞けます。
NICK CURRAN & the LOWLIFES (MySpace)

もちろん現代では 癌は 「治る病気」 でもありますが、それでもやはり心配です。どうかどうか、よくなりますように!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。