2010/02/04

Too Young To Have Fun – Rod Piazza

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:34 am by Yuki

ロッド・ピアッツァはもちろんずっと前から好きだったのですが、去年ライブを見て以来、すっかり惚れてしまったハーピストです (>Rod Piazza に惚れる)。最近また、2004年のアルバム “Keepin’ It Real” あたりを聞き返していて、私の中ではすっかりロッド・ブームなのであります。ロッドのアンプリファイドの音はコンプレスされてナチュラルな音ではないですが、私はすごく好きです。そして、オリジナリティーあふれるプレイ。”Moving In A West Coast Way” の最初のリフなんて、いつ聞いても心躍ります。

しかし今日はその”Keepin’ It Real” の話ではなくて、84年に作られたプロモーション・ビデオの話。これを初めて見た時はぶっ飛びましたですよ。

>Too Young To Have Fun – Rod Piazza and the Mighty Flyers

ロッドもハニーも若いー。音楽もビデオも、いかにも80年代!という感じですね。個人的には最近の渋みを帯びたロッドの方がセクシーだと思いますが、非常に時代を感じさせるクリップで、見ていて楽しくなってしまいます。ハニーのちょっとしたお色気 (?) シーンなんかもあり、今となっては貴重なビデオです。でも途中のハープ・ソロは (短いですが) さすがだなあ、と思います。

それにしても、ロッドって声が昔から変わらないですね。最近のアルバムを聞いても、とても62歳の声とは思えません。

広告