2010/04/02

トレモロとビブラート

Posted in テクニック tagged , @ 9:58 am by Yuki

ビブラートの話が続いたので、今日はついでにトレモロとビブラートの違いについて。

日本では、隣り合った2つの音を交互に鳴らすテクニックをトレモロと呼ぶこともあるようですが、これは英語圏では、ウォーブル (warble)、トリル (trill)、ヘッドシェイク (head shake) などと呼ばれます。それでは英語で言うトレモロとは何なんだ、ということになりますが、これはスロート・ビブラート (= throat vibrato, 喉を使ってするビブラート) と非常に良く似たテクニックのことを指す場合が多いです。呼び方は人によって違いがあることもありますし、さほど重要ではないですが、この2つのテクニックの違いを知っておくことは大切だと思います。

トレモロとビブラートの違いは、ピッチ (音程) の変化を伴うものがビブラート、ピッチの変化を伴わないものがトレモロ、と一般的に認識されています。Wikipediaにあったスペクトログラムを使った図解がとてもわかりやすいので、ここで引用します。トレモロではピッチが一定しており、ビブラートではうねうねと音程の波があるのが見て取れると思います。

つまりハーモニカでは、一定の音にベンドを加えて (ピッチを変えて) 変化をつけるのがビブラート、ベンドを加えずに (ピッチを変えずに) 変化をつけるのがトレモロ、ということになります。テクニック的には、喉を開けたままするのがトレモロで、そのトレモロのテクニックを喉を閉じて (ベンドして) するのがビブラートです。喉を少し閉じるとソフトなビブラートとなり、たくさん閉じるとより深いベンドとなるため、ディープなビブラートとなります。ジョー・フィリスコが、ワークショップでトレモロとビブラートの違いを実演して見せてくれたことがありますが、これは目から鱗でした。
スロート・ビブラートの他にも、先日リー・サンキーが実演していた (>Lee Sankey – sweet vibrato) 顎を使ってするジョー・ビブラート (jaw vibrato) などがあり、これは喉を閉じる代わりに顎を動かしてベンドするやり方ですが、音をベンドしてピッチを変えるという点はやはり一緒です。

ビブラートに色々あるように、トレモロも非常にソフトなものから機関銃の連射音ようにシャープなものまで、色々とあります。様々なビブラートとトレモロを試しているだけで、1時間くらいあっという間に過ぎてしまいますね。

トレモロをよく使っていたのは、ビッグ・ウォルター (Big Walter Horton) とジョージ・スミス (George “Harmonica” Smith) で、この二人はもう、トレモロ王ですね。彼らが使っていたのはほとんどがトレモロで、ビブラートを使う時でも、ほぼトレモロに近いビブラートということが多いと感じます。例として、ビッグ・ウォルターの有名な “Easy” を紹介します。

Walter Horton – Easy

しかし、”Easy”、久しぶりに聞きましたが、やはりすごいですね。ちなみに、この曲の元となっているのは、アイボリー・ジョー・ハンター (Ivory Joe Hunter) の “I Almost Lost My Mind” です。

ivory joe hunter/i almost lost my mind (1950)

広告

12件のコメント »

  1. ogitetsu said,

    北海道ではモロコシ王でしょうね (なんのこっちゃ?)。

    さて、Easyは、リトル・ウォルターも吹いてましたね。
    大と小を聞き比べてみましたが、この曲では、大の方が僕の好みです。
    なんだか、音に微妙な色の違いが出ているというか、凄く心地良いです。
    喩えて言えば、ちょうど良い温度の風呂の中で寛いでいると言う感じかな。
    音楽の話をしているのに、色だとか温度とか書いてますが、耳から入った音で、体中がトレモロに喜んで聞いているというのが、僕なのでしょう。
    動物に近いのでしょうかね?
    オギ

  2. Yuki said,

    >オギさん

    リトル・ウォルターの “Easy” ってありましたっけ?”Melow Down Easy” かな?
    YouTube で “Little Walter – Easy” と表題のついているものは、ビッグ・ウォルターの間違いだと思います。

    そうそう、ビッグ・ウォルターのこの演奏は、ころころと耳に優しいトレモロから始まりますが、それがだんだんクレイジーになっていくところがすごいですよね。

  3. ogitetsu said,

    YUKIさんの指摘が正しいようですね。
    それでは、僕はYUKIさんが使われている演奏の方が好み、と書き換えましょう。

    オギ

  4. たむらまろ said,

    はじめまして。

    私は教本の関係でタングブロックしか練習してきませんでしたが、最近になりパッカーも少し試しています。

    それというのも、私の場合タングブロックですと、トレモロの周期が長くなってしまうからです。Walter Horton-Easyのような細かいトレモロをタングブロックでできるようになりたいのですが、なかなか難しいです。

    パッカーであれば、大分細かいトレモロはできるようになったのですが・・・。なにかコツなどありましたら、ぜひとも御教授お願いします。

    • Yuki said,

      >たむらまろさん

      トレモロは喉を使ってします。スロート・ヴィブラートと同じ場所を使いますが、ヴィブラートの様に音をベンドさせないので、もうちょっとやさしく喉を使う感じでしょうか。これはパッカーでもタングブロックでも同じです。

      • たむらまろ said,

        Yukiさん
        お忙しい中コメントしていただき、ありがとうございます。

        やはり、トレモロは喉を使うんですよね。パッカーではできる!と思い込んでいたのですが、私の場合、舌もつられて動いているようなので、トレモロとは言えないようです。付け焼刃はもろかったです。残念・・・(笑)。

        タングブロックでは、ゆっくりでも喉を使ってトレモロができているので、これまで通り、タングブロックに専念することにします。また、ベンドから見直して、喉の使い方を改善できるように頑張ります。

        日本で市販されているたいていのブルースハープの教本では、タングブロック奏法もトレモロも、ほんの少ししか触れられていないように思います。そもそも、タングブロック奏者による教本も少ないです。Yukiさんのブログはおもしろい上に、教本よりもためになります。本当に頼りにしています。これからも、頑張ってください。

  5. Yuki said,

    >たむらまろさん

    私はハーモニカはあくまで趣味でやっている程度なので、このブログも参考程度に読んでくださるとうれしいです。

    でも、勉強中のアマチュアだからこそ書けることもあると思うので、これからも参考になる記事を書けたらいいなと思っています。

  6. スズメ said,

    ビブラートの練習に行き詰ってネットサーフィンしているときに、このブログを見つけました。

    すごくためになる情報を提供してくれて、ありがとうございます。
    もっと早くYukiさんのブログを読んでいればよかったな~(笑)

    今まで自分がやってたビブラートは、どうやらトレモロに近いものだったようです。一朝一夕には上達しませんが、好きなハーモニカプレイヤーにほんの少しでも近づけるように、楽しみながら練習していきたいです。

    他のサイトで、ビブラート(トレモロ)の周期は人によって決まっていると書いていたのですが、個人的には練習次第で周期を短くすることが可能だと信じたいです。難しいテクニックでも、努力次第で理想に近づけるならやる気も起きますからね(笑)

    • Yuki said,

      >スズメさん

      コメントありがとうございます!
      こんなブログですが、少しでもお役に立てたらうれしいです。
      けっこういい加減な事を書いている場合もあるので、参考程度に読んでください。
      正しい喉の場所を使ったトレモロができれば、ビブラートももう一息だと思います!

      • スズメ said,

        >Yukiさん

        返信頂けるなんてうれしいです :D 
        ありがとうございます!
        ビブラート習得できるように頑張ります!

        自分は西村ヒロさんの教本でブルースハープを始めたので、
        タングブロックがメインです。
        そのため、Yukiさんのブログを読み返しているとすごく勉強になります。

        日本の楽器店で売っている教本には、正直あまり良いものがないように感じています。
        最近ではインターネットから得られる情報に頼りっきりです。
        youtube に感謝(笑)

        ですが、やはり独習は効率が悪いですね~w
        おすすめの教本などはございませんか・・・

        Yukiさんはいつも傍に「先生」がいらっしゃって、うらやましいです!

      • Yuki said,

        >スズメさん

        英語のものでもよろしければ、Jerry Portnoy の Blues Harmonica Masterclass が良いです。

  7. スズメ said,

    >Yukiさん

    Harmonica Masterclass、気になったので検索してみました。
    CDと教本のセットで内容がすごく充実しているみたいですね!

    某通販サイトで表紙だけ見て購入するとしたら勇気のいる価格ですが、
    あのJerry Portnoy氏の教本なら是非とも欲しいです!!

    とは言え、自分のような学生の財布には少々厳しいので、
    購入はもう少し先になりそうですがw

    紹介してくださり、ありがとうございます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。