2010/07/28

Paul Lamb & The King Snakes 2010

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 12:34 pm by Yuki

Paul Lamb & The King Snakes のライブを見て来ました。以前も書きましたが、このバンドのライブはいつ見ても楽しい~。

デビューから19年のキャリアの中、これまで何度かメンバーの入れ替わりがありましたが、ここ数年はポールの息子である Ryan Lamb がギターを弾いています。私はその前の Raul de Pedro Marinero というスペイン人のギタリストがすごく好きだったのですが、ライアンもまた違った味わいを持った良いギタリストだと思います。

それから、けっこう長い間、このバンドのドラマーを勤めていた Sonny Below が抜けて、現在は West Weston’s Bluesonics のドラマー、Mike Thorne が叩いています。この方は West Weston のライブを見た時にえらく感動した、すばらしいブルース・ドラマーです。今回のライブを見た感じでは、ポールのバンドにはソニーの方が合っていたような気も若干しますけれど、演奏仕込んで行けばバンドサウンドも変わって行くかもしれません。Rod Demick も、いつもはウッド・ベースを弾くのですが、今回はエレクトリック・ベースを弾いていました。その辺もこれまでとはちょっと違う感じです。

ポールはこの日、いつにも増してノリノリでした!例外はありますけれど、私は基本的にはやはりアドリブに重みを置いたブルースが好きなので、こういうポールの演奏が見られるのはすごくうれしいです。アドリブを取り入れるのはいつものことなのですが、今回はいつもより、自分自身を前へ前へと押していた気がします。新曲もたくさん演奏して、すごく新鮮なライブでした。

上は、マイクのコードを振り回して、ライアンのソロと観客を煽るポール (爆)。『ZOKKON命』 歌ってるシブがき隊かと思いました (わかる人いますか?)

広告