2010/07/28

Paul Lamb & The King Snakes 2010

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , @ 12:34 pm by Yuki

Paul Lamb & The King Snakes のライブを見て来ました。以前も書きましたが、このバンドのライブはいつ見ても楽しい~。

デビューから19年のキャリアの中、これまで何度かメンバーの入れ替わりがありましたが、ここ数年はポールの息子である Ryan Lamb がギターを弾いています。私はその前の Raul de Pedro Marinero というスペイン人のギタリストがすごく好きだったのですが、ライアンもまた違った味わいを持った良いギタリストだと思います。

それから、けっこう長い間、このバンドのドラマーを勤めていた Sonny Below が抜けて、現在は West Weston’s Bluesonics のドラマー、Mike Thorne が叩いています。この方は West Weston のライブを見た時にえらく感動した、すばらしいブルース・ドラマーです。今回のライブを見た感じでは、ポールのバンドにはソニーの方が合っていたような気も若干しますけれど、演奏仕込んで行けばバンドサウンドも変わって行くかもしれません。Rod Demick も、いつもはウッド・ベースを弾くのですが、今回はエレクトリック・ベースを弾いていました。その辺もこれまでとはちょっと違う感じです。

ポールはこの日、いつにも増してノリノリでした!例外はありますけれど、私は基本的にはやはりアドリブに重みを置いたブルースが好きなので、こういうポールの演奏が見られるのはすごくうれしいです。アドリブを取り入れるのはいつものことなのですが、今回はいつもより、自分自身を前へ前へと押していた気がします。新曲もたくさん演奏して、すごく新鮮なライブでした。

上は、マイクのコードを振り回して、ライアンのソロと観客を煽るポール (爆)。『ZOKKON命』 歌ってるシブがき隊かと思いました (わかる人いますか?)

広告

4件のコメント »

  1. 森のなかま said,

    おひさしぶりです。お元気そうですね(ハイテンション?)。
    最上級のぉ〜彫れ方さぁ〜ZOKKON!^5
    っすね?
    少年隊の仮面舞踏会といい、このあたりはテンション高くて最後まで歌いきるのは覚悟いります(笑)。

  2. Yuki said,

    >森の仲間さん

    こんにちは。私はジャニーズでは、一時期マッチとシブがき隊が好きだったくらいなのですが、今となっては良い思いでですね。兄と振り付けつきで歌ったりしていました (笑)。

  3. Noginogi said,

    Yukiさん、お久しぶりです。日記を読むととてもお元気そうで良かったです。ポール・ラムは英国のハーピストで僕が一番衝撃を受けた人です。リーゼントが似合うロッキンなバンドのスタイルに、アンプリファイドのクロマチックソロが絡む独特の雰囲気は癖になります。来日して欲しいです。シブがき隊は、僕はどちらかと言えば冷淡に眺めていましたが、マッチの振り付けは一部今も覚えていたりします。

  4. Yuki said,

    >Noginigiさん

    お久しぶりです!そちらは暑くて大変みたいですね。ご自愛くださいませ。

    ポール・ラムは、イギリスではやはり、名実ともにトップ・プレイヤーとしての地位を占めていますね。ライブ・パフォーマンスも楽しいエンターテイナーだと思います。

    マッチは私の最初の男性アイドルでした (笑)。いい曲けっこうありますよね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。