2010/10/26

ハーモニカと風邪

Posted in ハーモニカ小物 / お手入れ @ 4:41 pm by Yuki

毎日、小学校を回って子供たちにハーモニカを教えている友人がいます。その彼が先日、「この仕事を始めてから、絶えず風邪をひいている」 とぼやいておりました。ハーモニカって手と口が触れたり、手で触れた部分を口に当てたりするので、風邪の菌が身近にあった場合、接触感染してしまうことが多いのだと思います。子供が何人もいる教室の中でならなおさらです。

我が家でも、「風邪ひき率」 は私よりも夫の方が明らかに高いです。頭が痛かったり、おなかが痛かったり、アレルギーでぐずぐずいったりなど、「体調が悪い率」 は全体的には私の方が高い気がしますが、風邪は夫がもらってくることの方が多いです。大抵、ギグやジャムの後、2~3日後に発病します。人と握手したり、いろいろな物を触った手で楽器や口に触れるわけですから、まあ無理もないですね。ジャムなんかだと、マイクをシェアするということもありますし。まあ風邪をひくひかないというのは、その時の体調や、もともとの体質もあるのかもしれませんが。

風邪の予防の基本は手洗いですが、ハーモニカを吹く前にいちいちトイレに駆け込むこともできないので、夫は消毒スプレーを使っているようです。私も時々ですが使います。泡状で、スプレーというよりもムースに近い。成分はなんてことはない、アルコールです。

でも、こういうものを使っても、ひく時はひいてしまうんですよね。今日もちょっとぐずぐずいっている夫と (数日前のジャムかギグでもらってきたものと思われます。)、なんとかうつされずに済むようにと、予防に余念がない妻であります。季節の変わり目ですので、みなさまも風邪などひかないように、ご自愛くださいませ!

広告

3件のコメント »

  1. 森のなかま said,

    お久しぶりです。関東は既に12月並の寒さであります。
    3週間ほど風邪にやれていて治ったところ覗いてみたらなんとタイムリーな。。
    夫婦で同じような症状で、なかなか治らないので最後は抗生物質で何とか治りました(歳のせいか回復力が落ちているような)。
    やはりハーモニカは風邪率高いのでしょうか。。喉を広く開けて吹き吸いしますので風邪菌達がたゆたう季節にはあまり自衛的な行為ではない事は確かなような気もします。。
    手洗いうがい等で予防して、なるべく普段より栄養がありそうな温かいものを食べて辛い時期を乗り切りたいもんです。。
    Yukiさんもご自愛下さいませ。

    • Yuki said,

      >森のなかまさん

      風邪は空気感染よりも接触感染することが多いらしいので、やはりハーモニカ吹きは菌をもらってくる確率が高いのではないかと思います。

      日本は鍋がおいしい季節ですね。北海道では雪が降ったとか。

      • 森のなかま said,

        官能的な接触感染ならまだしも(失礼)、飲んでいたりすると何処からとも無くハーモニカの悲鳴が聞こえてくるかと思えば、自分のハープにあらぬ情熱がインジェクションされている。。という事もありますのでスキをみせられません。ハーモニカ吹きには危険がいっぱいです(笑)。
        昨日はあまりの寒さに週末でもないのにお鍋を頂きました。タラにお手製の鳥団子(生姜が刻んで入っています)。ポカポカを通り越して汗だくになってしまいました。
        シチューなんかも美味しい季節ですよね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。