2010/11/14

NHL Festival 2010 – その2 ・ Olivier ker Ourio

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:37 pm by Yuki

今回のフェスティバルで最もインスパイアされたのが、Olivier Ker Ourio のワークショップ。オリヴィエは、パリで生まれ、レユニオンで育ち、現在はパリを中心に活躍しているクロマティック・ジャズ・プレイヤーです。コンサートでの演奏はもちろん素晴らしかったのですが、それ以上に私の音楽心をびりびり言わせたのは、実演を交えたワークショップでの彼の話。ソロの組み立て方 (コードの重要性、音の選び方、共演者との掛け合い)、それぞれのコードが持つ色 (colour)、どのように理論的なことを学び、どのようにイヤー・トレーニングをしたか、ピアノを使ってのヴォイシングの実演などなど。ハーモニカ・プレイヤーに限らず、ミュージシャンにとって貴重な話をたくさんしてくれました。

それで私は、ハーモニカ・フェスティバルだったにもかかわらず、このフェスティバルの後はピアノに夢中になっています。もちろんオリヴィエはハーモニカのテクニカルな話もして (どのように楽器を視覚化するかなど)、それにも挑戦するつもりではいるのですが、今のところはとりあえず、寝ても覚めてもピアノです。もう本当に、眠りながら復習したり、真夜中に目が覚めて頭の中で音が鳴ったりしてしまう。これはオリヴィエの話を聞いて感じたことでもあるのですが、ミュージシャンとして人を進歩させるのは、知りたいと思う心、理解したいと思う心、上手くなりたいと思う心に限ると思います。

人柄もすごく良かったオリヴィエ。「影響を受けたミュージシャンのトップ10」 に入りそうな勢いです。CDを買ったのは、彼の演奏が聞きたかったというのももちろんあるのですが、素晴らしいミュージシャンをサポートしたいという思いもありました。ミュージシャンというのはやはり、そうやって生計を立てているわけですから。

>Olivier Ker Ourio (myspace)

広告

6件のコメント »

  1. 曲単位で購入できたり、YouTubeで聴けてしまう世の中なのでわざわざアルバムで買わなくてもと思いつつも、「作り手との接点って作品の購入だよな」と思うとアルバムで買ってしまいます。
    「対価を支払う」というとなんだか、なんですが、サポートというとしっくりきます。

    • Yuki said,

      >森のなかまさん

      ミュージシャンの友人や知り合いが多かったり、私自身も細々とですが音楽で生活している身だったりで、ミュージシャンとして生きて行くことの大変さは良くわかります。才能があってがんばっている人は、やはりサポートしたくなりますね。

      でもCDとかDVDとか、ひとつひとつは小さくても、量が増えると場所を取りますよね。うちは夫婦で片付けが苦手なこともあって、「もう全部パソコンに取り込んで捨ててやる!」 と思うことがあるのも事実です。やらないですけど。

  2. Myspaceで改めて聞きましたが Olivier ker Ourioさん、良いですねぇ。
    てっきりYukiさんはクロマチックのこの手のはあまりお好きではないかと思っていましたが私的には結構ツボにはまりました。
    彼の演奏は勿論なんですがアレンジも素敵でオルガンを使ってくるとは思いませんでした。うーん、なんだか人柄でているんでしょうね。国内でCD探してみます。

    CD,DVDの置き場は本当に困りますね。私はそれほどではないのですが、友人は不織布のシースに入れ替えてケースを捨ててスペースを確保しているらしいです。
    幾らバックアップがあるとはいえ「まだ聞ける(笑)CD」を捨てるのは新品の歯磨きチューブを一気に絞り出してしまうくらいの強烈な抵抗を感じてしまいます。昭和生まれの哀しいサガでしょうか。
    カセット、ビデオ?まだ普通にありますが。。

  3. Yukiさま
    こんにちは。いつも貴重な情報をアップしていただきありがとうございます。このブログを見て凄く勉強になりました。今年一年ありがとうございました。また来年も色々と教えてくださいませ。

    それと、このOlivier Ker OurioさんのMagic Treeなんですが、アマゾンで検索したところパッケージのCDは取り扱っていなくて、mp3のダウンロードを1,500円で売っておりましたので購入してみました。おっしゃるとおり素晴らしいですね。とても感動いたしました。バックのミュージシャンも素敵です。ダウンロードだとパーソネルなんかがわからないのが難点ですけれど、実際の音源はばっちりでしたので私のiPhoneでよく聞いております。日本からですとアメリカの音楽は比較的入ってくるのですが、ヨーロッパの音楽があまり情報がありませんね。このOlivierさんもそうですけれど、素晴らしいミュージシャンがたくさんいるのでしょうね。またぜひ情報をよろしくおj願いいたします。

    よいお年をお迎えくださいませ~!

    サカイ

    • Yuki said,

      >フランク堺さん

      オリヴィエ、コンサートではモダンなアレンジでジャズのスタンダードを演奏したのですが、CDのオリジナル曲も良かったですね。

      こちらこそ、今年もお付き合いいただいて、ありがとうございました。
      よいお年をお迎え下さい!

  4. shinichi said,

    初めまして
    shinichiと申します。

    オリヴィエさんの検索で偶然こちらのブログに辿り着きました。
    オリヴィエさんのアルバムは1stから全て集めているファンです!
    Magic Treeも良いアルバムですよね♪

    オリヴィエさんのワークショップに参加されたなんてとても羨ましいです!

    “ソロの組み立て方 (コードの重要性、音の選び方、共演者との掛け合い)、それぞれのコードが持つ色 (colour)、どのように理論的なことを学び、どのようにイヤー・トレーニングをしたか、ピアノを使ってのヴォイシングの実演などなど。”

    とありましたが具体的にどのような内容だったのでしょうか。
    もし差し支えなければ部分的でも教えていただけると嬉しいです!

    それでは突然失礼いたしました。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。