2011/01/23

Uakti – “Aguas Da Amazonia”

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 10:30 pm by Yuki

仕事も一番の趣味も音楽、という音楽バカな私ですが、そんな私でも、(というか、そんな生活を送っているからこそ、ということなのかもしれませんけれども)、「今日はもう音楽は聴きたくない!」 という日が、たまーにですがあります。滅多にないんですけどね。たまーに。

練習をしたり、聞き取りをしたり、分析をしたりなど、一生懸命お勉強をした日が続いた時、脳みそが、「もうお腹いっぱいだよー。これ以上は無理だよー。」 と拒否反応を起こすのです。こういう時は、私にとっての三大ジャンル (クラシック、ブルース、ジャズ) を聴くことは、絶対に無理です。それで、拒否反応の症状が軽い時にはロックやレゲエなどを聴いたりするのですが、症状が重い時にいたっては、それさえも受け付けません。そんな重症の時にお役立ちなのが、この一枚。

“Aguas Da Amazonia”。

フィリップ・グラス (Philip Glass) が作曲した曲を、ブラジルの Uakti というグループが演奏しているアルバム。フィリップ・グラスお得意のミニマル・ミュージックなのですが、全体的にリラックスできる雰囲気です。”Aguas Da Amazonia” (waters of the Amazon) というアルバム・タイトル通り、アマゾン熱帯雨林の川がテーマとなったコンセプト・アルバムで、それぞれの曲には、アマゾンの川の名前がタイトルとしてつけられています (”Metamorphosis I” というタイトルの終曲を除く)。私が特に好きなのは、このアルバム最後の川、”Amazon River”。

Uakti – Amazon River (Composed by Philip Glass)

執拗に繰り返される音のパターンに身をゆだね、その中に起こるちょっとした変化に耳を澄ませるように聴いていると (これこそが、ミニマル・ミュージックを聴くことの醍醐味ですね。)、川から川へ、どんぶらこっこー、どんぶらこっこーと流されているような気分になります。そして最後にこのアマゾン川に流れ着き、それから終曲へと向かっていくというコンセプト・アルバムとしての出来も素晴らしい。

「浜辺のアインシュタイン (Einstein on the Beach)」 など、グラスの作品を嫌う夫でさえも、このアルバムは好きだと言っていました。 “Aguas Da Amazonia” は、ブラジルの民族楽器によって演奏され、ヴォーカルも使われていませんし、自然がテーマということもあり、温かな仕上がりとなっていて、全編に渡って無機的な感じの 「浜辺のアインシュタイン」 などとはちょっと違います。私はグラスの他の作品も大好きで、聞いていて興奮してしまうのですが、確かに音楽でおなかいっぱいになっている時には聞きたい音楽ではありません。

ちなみに、「浜辺のアインシュタイン」 はこんな感じです。こういうのが延々4時間以上続きます。演奏するのはすごく大変そう。他の人の音に紛れて、自分がどこを演奏しているのかすぐにわからなくなりそうです。

02 Einstein on the Beach- Train 1 part 1

philip glass einstein on the beach

そんなわけで、この “Aguas Da Amazonia” を聞いて頭と心をリフレッシュして、またいつもの生活 (三大ジャンル) に戻って行く、ということになります。音楽が聞きたくなかったら聞かなきゃいいんですけどね、そこはほら、何しろ音楽バカですから。