2011/01/23

Uakti – “Aguas Da Amazonia”

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 10:30 pm by Yuki

仕事も一番の趣味も音楽、という音楽バカな私ですが、そんな私でも、(というか、そんな生活を送っているからこそ、ということなのかもしれませんけれども)、「今日はもう音楽は聴きたくない!」 という日が、たまーにですがあります。滅多にないんですけどね。たまーに。

練習をしたり、聞き取りをしたり、分析をしたりなど、一生懸命お勉強をした日が続いた時、脳みそが、「もうお腹いっぱいだよー。これ以上は無理だよー。」 と拒否反応を起こすのです。こういう時は、私にとっての三大ジャンル (クラシック、ブルース、ジャズ) を聴くことは、絶対に無理です。それで、拒否反応の症状が軽い時にはロックやレゲエなどを聴いたりするのですが、症状が重い時にいたっては、それさえも受け付けません。そんな重症の時にお役立ちなのが、この一枚。

“Aguas Da Amazonia”。

フィリップ・グラス (Philip Glass) が作曲した曲を、ブラジルの Uakti というグループが演奏しているアルバム。フィリップ・グラスお得意のミニマル・ミュージックなのですが、全体的にリラックスできる雰囲気です。”Aguas Da Amazonia” (waters of the Amazon) というアルバム・タイトル通り、アマゾン熱帯雨林の川がテーマとなったコンセプト・アルバムで、それぞれの曲には、アマゾンの川の名前がタイトルとしてつけられています (”Metamorphosis I” というタイトルの終曲を除く)。私が特に好きなのは、このアルバム最後の川、”Amazon River”。

Uakti – Amazon River (Composed by Philip Glass)

執拗に繰り返される音のパターンに身をゆだね、その中に起こるちょっとした変化に耳を澄ませるように聴いていると (これこそが、ミニマル・ミュージックを聴くことの醍醐味ですね。)、川から川へ、どんぶらこっこー、どんぶらこっこーと流されているような気分になります。そして最後にこのアマゾン川に流れ着き、それから終曲へと向かっていくというコンセプト・アルバムとしての出来も素晴らしい。

「浜辺のアインシュタイン (Einstein on the Beach)」 など、グラスの作品を嫌う夫でさえも、このアルバムは好きだと言っていました。 “Aguas Da Amazonia” は、ブラジルの民族楽器によって演奏され、ヴォーカルも使われていませんし、自然がテーマということもあり、温かな仕上がりとなっていて、全編に渡って無機的な感じの 「浜辺のアインシュタイン」 などとはちょっと違います。私はグラスの他の作品も大好きで、聞いていて興奮してしまうのですが、確かに音楽でおなかいっぱいになっている時には聞きたい音楽ではありません。

ちなみに、「浜辺のアインシュタイン」 はこんな感じです。こういうのが延々4時間以上続きます。演奏するのはすごく大変そう。他の人の音に紛れて、自分がどこを演奏しているのかすぐにわからなくなりそうです。

02 Einstein on the Beach- Train 1 part 1

philip glass einstein on the beach

そんなわけで、この “Aguas Da Amazonia” を聞いて頭と心をリフレッシュして、またいつもの生活 (三大ジャンル) に戻って行く、ということになります。音楽が聞きたくなかったら聞かなきゃいいんですけどね、そこはほら、何しろ音楽バカですから。

広告

4件のコメント »

  1. ムラヤマ said,

    全然知らない人だったので、
    ためしに全部聞いてみましたが、
    寝てしまいそうになりました(笑)

    そういう意味では、きっちりと
    リフレッシュできているのかも、です。

    STONE ROSES , JASON RICCI
    など好きな音楽が似てるのですが、
    コレはダメでしたー

    • Yuki said,

      >ムラヤマさん

      だめでしたかー。でも気持ちはわかります (笑)。
      私は、フィリップ・グラスを初めて聞いた時、「クラフトワークみたい!」 と思ってすぐに好きになったのですが、だめな人もたくさんいるみたいです。

      でも全部聞かれたんですね。ご苦労様でした!

  2. 福島誠治 said,

    はじめまして!
    37歳の男です。私、20歳のときジェイソン・リッチーとはルームメイトでした。
    短期留学で半年間、アイダホ州のboise state universityに滞在したのですが、
    3ヶ月ほどの間でしたが一緒の寮の部屋でした。当時の彼は背中ぐらいまである長髪で、スケーター風のファッションだったので、最初にネットで彼の写真を見たときには本人とは分かりませんでした。
     彼とはとても仲良くなり、故郷のメイン州の実家に1週間ほどお世話になったこともあり、とても良い思い出です。彼のお母さんも弟もとても良い人で、ご馳走してもらったメイン州名物のロブスターの味は今でも忘れられません。
    彼は当時19歳でしたが、ハープの腕は当時からなかなかのもので、地元の小さいイベントでも、みんな踊りだすほど大盛況でした。
    誕生日に彼に黒いハープ(メーカー不明)をプレゼントしました。すごく喜んでくれました。いまでも持っていてくれたらなと思います。
    日本に帰ってからも電話や手紙のやり取りをしました。ジミヘンのテープを送ったら、「すごくいい!!”風の中のマリー”が特に好きだ」と返事が来ました。
     あるときから彼の実家に電話しても別の人が住んでいることが判明し、もう二度と会うことはないのかなあと思っていました。

    「20年後に会おう」と日本に帰るときに約束しました。17年があっという間に過ぎました。今日初めて彼がすごいプレイヤーになっているのを知りました。彼のすごい演奏を聞いて、うれしくてたまりませんでした。「やったなジェイソン!!」と叫びたいぐらいでした。
     
    ひとつ心配なのですが、彼が呼吸器系の病気にかかっているというブログでの記事です。詳細についてご存知でしたら、ブログで取り上げていただけると幸いです。
    もしお時間ございましたら、直接メールいただければ幸いです。

    長々とコメントしてしまい大変失礼いたしました。
    これからもブログがんばってください。

    • Yuki said,

      >福島さん

      おおー、ジェイソン・リッチとお友達でおられましたか。

      ジェイソン、元気みたいですよ。私も詳しいことは知らないのですが、(呼吸器系の病気で・・・というのはうちのブログの情報ではないですよね。)、最近、また活動を再開したようです。現在はニューオリンズで音楽活動をしています。

      また会えるといいですね。後ほどメールさせていただきます。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。