2011/02/13

Hymne à l’amour

Posted in ハーモニカ以外 @ 10:43 am by Yuki

明日はバレンタインズ・デーということで、今日はエディット・ピアフ (Édith Piaf) の 「愛の賛歌 (Hymne à l’amour)」 で行きます。

EDITH PIAF- hymne à l’amour

シャンソンはよく聞いたりするわけでも詳しいわけでも全くないのですが、エディット・ピアフの歌声はやはりすごいなあと思わずにはいられません。

この 「愛の賛歌」 は日本語でも歌われていますが、こちらの歌詞は日本人向けに上手くアレンジされていますね。大意は合っていますが、ピアフの書いたフランス語の歌詞と比べると、ニュアンスも内容も違います。オリジナルはもっと濃くて、熱くて、不道徳で、クレイジーです。私の下手な訳で申し訳ないですが、こんな感じでしょうか。

* * * * *

空が落ちても
大地が砕けても
大したことではないわ
世の中のことなんてどうでもいい
あなたが私を愛してくれれば

朝が愛に満ちあふれている限り
私の身体があなたの腕の中で震えている限り
様々な問題なんてどうでもいい
あなたが私を愛しているから

地の果てまでだって行く
髪を金色に染めたっていい
あなたがそうしてほしいって言うなら

月だって引っ張り下ろせる
大金を盗むことさえやってのける
あなたがそうしてほしいって言うなら

祖国を見捨てることも
友達を見捨てることもするでしょう
あなたがそうしてほしいって言うなら

みんな私のことを笑うわよね
でも私、何だってできるの
何だってするわ
あなたがそうしてほしいって言うなら

いつの日か、人生が二人を引き裂いても
あなたが死んで遠くへ行ってしまっても
あなたが私を愛していてくれたら、そんなのは大した問題じゃないの
だって私も死ぬのだから

そして私たちは永遠を手にする
計り知れなく続く青色の中で
何ひとつ問題のない空の下で
ねえ愛する人よ、そうやって愛し合うことができるって信じられる?
神様が愛し合う二人をもう一度結び合わせてくれるんだわ

* * * * *

いかにもフランス人って感じですね。こういうのはイギリス人には書けません。日本人にも書けないのではないでしょうか。フランス人というのは何しろ、「ベティ・ブルー」 だとか、「髪結いの亭主」 みたいな映画を作っちゃう人達ですから。私は2年間パリに住んでいたことがあるのですが、人々の独特の我の強さについていけなくて、「もうこんなところ嫌!」 という感じで逃げ出しました。それでも、あの街の美しさや、彼らの芸術や美に対する感覚には、やはり魅かれるものがあります。

どのようなかたちであれ、皆様のバレンタインズ・デーが、素敵なものでありますように。

広告

4件のコメント »

  1. ogitetsu said,

    はは、ジミー・リードも「お前に会いに行くためにゃ、盗みも殺しも厭わないぜ~。これが本当の愛だと思わないかい、お前」って歌っているので、後先考えないで、頭に血が昇る人も居りますね。俺も数回、(若い頃ですが)、そんな気持ちになったことがありますが、何とかお縄につながれなくて、本当に良かった。この点、クレージーさが足りないかと…。

    でも、どんなに燃えた愛でも、終わる時はあるのでしょう。
    どの様に美しいユリでも、「枯れた百合ほど、汚きものはなし」となるのでしょうね。
    誰かの詩にあったのだけど、名前が思い出せない。
    ただ、この冷淡な言い切りに、残酷な真実を含むような気もしています。
    だから、愛は最高に熟れた至福の時に、味わいつくすべし…かな。
    たしか、「愛は惜しみなく奪うものである」とは、有島武夫でしたね。

    ところで、話は変わりますが、ピアノも結構、製造会社で弾き心地とか違うんでしょうか。
    コンサートピアノなどでも、鍵盤の巾とかの違いが会社によってあるのでしょうか?

    オギテツ

    • Yuki said,

      >オギさん

      秘密の恋とか、障害の多い恋の方が燃えるという人もいますね。私もそういう傾向があります。でも最近は、人を愛することの最高の恍惚は、死を思う時だと感じます。こんなに美しい人がいつか消えてしまうんだなあとか、命が消えてしまっても思い出だけはずっと残って行くんだろうなあとか、いつかは看取る (又は看取られる) 時が来るんだろうなあとか思うと、どうしようもなく悲しくなると同時に、今一緒に生きていられる幸せで目がくらみそうになります。

      ピアノは、アップライトとグランドではほとんど別の楽器ですし、個々によっても全然違います。同じメーカの同じ機種でも結構違いますね。世界的に有名なコンサート・ピアニストだと、自分のピアノを専属調律師つきで空輸することも多いです。ツイマーマンがJFK空港にピアノを持ち込んだ際、セキュリティに壊されてしまったという何ともむごい話もあります。何でも、糊から爆発物の臭いがしたそうです。

      試験やコンクールの多くは、初めて触るピアノを、試し弾きもウォーミングアップもなしで弾かねばなりません。私みたいなレベルだと、コンサートでも本番前にちょろっと触るだけということがほとんどです。

  2. ムラヤマ said,

    カズオ・イシグロの

    Nocturnes/夜想曲集

    っていう音楽を題材にした
    短編集を読んでいたら、
    このエディット・ピアフさんの
    名前が出てきました。

    タイミング良すぎて不思議な感じです。

    面白い本でした。

    エディット・ピアフさん、
    いい歌声ですね。

    • Yuki said,

      >ムラヤマさん

      この本、良かったと言う友達がいて、ずっと読みたいと思っていたんですけど、まだ読めていません。コメントをいただいて、ますます読みたくなってしましました。買いに行こう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。