2011/05/06

バックビート、横ノリ – Randy Bermudes について思うこと

Posted in テクニック, ハーモニカ以外 tagged , @ 12:33 pm by Yuki

現在のブルース・シーンで活躍するベーシスト、Randy Bermudes。この方の作り出すグルーヴはすごい。私はバンドで (キーボードをスプリット・モードにして左手で) ベースを弾くことが多いので、人の演奏を聞く時も、意識してベースを聞くことが多くなります。ランディは大好きなベーシストで、彼の演奏からは学ぶことが非常に多いです。ベーシストでなくても、彼の演奏から学ぶことはたくさんあると思うので、今日は彼の演奏とブルースのノリについて書いてみたいと思います。

演奏はもちろん上手いのですが、ランディの場合、それに加えてグルーヴの感じ方が見てわかりやすいんですよね。何て言うんですか、こう、2拍目と4拍目に重みが来て、その間をグルーヴがうねるように流れている感じと言うのでしょうか。そういうブルースのノリの感じ方が、ものすごくわかりやすい。 ブルースというのはまあ、比較的シンプルな音楽ですけれども、その独特のフィーリングを表現するのは案外難しかったりします。そして、ブルースのこのフィーリングを作り出すのに欠かせない要素のひとつが、ノリの感じ方だと私は思っています。

下のクリップは、John Nemeth と演奏するランディ。1:55 あたりくらいからがわかりやすいかと思います。

>John Nemeth & Kid Andersen – Come And Get It

ランディが演奏している様子を見て改めて思うのは、「ブルースというのは、バックビートの音楽なんだよなあ」 ということです。本当に当たり前の話で申し訳ないのですが、でも実はこのバックビートができていない人がけっこう多いんですよね。バックビートというのは、4拍子のオフビート (2拍目と4拍目) を強く感じて演奏するノリのことで、クラシック音楽などの様にオンビート (1拍目と3拍目) を強く感じたり、4拍全てを均等に感じたりしてブルースを演奏すると、ものすごくダサい (死語?) 演奏になってしまいます。それからやはり、縦ノリというより横ノリですね。1、2、3、4、1、2、3、4、、、と、首を縦に振ったり拳を振り上げたりして全てのビートを均等に感じるノリは、ロック (ロックンロールではない) の縦ノリであって、ブルースでこれをやると、所謂 「白人ブルース・ロック」 になってしまう危険性大です。誤解のない様にちょっと説明すると、私が言いたいのは、ロックが悪いということではなくて、クラシックとブルースのノリが違う様に、ロックとブルースのノリも違うのだということです。それから、「白人ブルース・ロック」 というのはもちろん、肌の色の話ではなくて、その音楽の形態の話です。現代では白人でも黄色人でもブラックなブルースを演奏する人はいるし、黒人だからといって、ブルースが演奏できる能力が先天的に備わっているというわけではないと思います。何はともあれ、このバックビート、横ノリというのは、ブルースに限らず、ジャズ、リズム・アンド・ブルース、ロックンロールなど、ブラック・ミュージック全般に共通して言えることだと思います。

次のクリップなんかは、「白人ブルース・ロック」 になりがちな可能盛大の曲ですけれども、そうならずに済んでいるのはランディの力が大きいのではないでしょうか。こういうロック調の曲でも、ランディの演奏はバックビート。そして、ビートとビートの間のうねりが感じられます。

John Nemeth & Kid Andersen – She’s Looking Good

ランディは Kim Wilson 率いる The Fabulous Thunderbirds のベーシストでもあり、私は何度か生の演奏を見ているのですが、グルーヴに浸り切って、ベースを愛でるようにひたすら弾くその姿は本当にかっこいい。ベースを弾いているというより、メイクラブしているかのようなせくしーさで、キムそっちのけでランディに見入ってしまった瞬間が何度もあった私でありました。ああ素敵 (このブログの行き着くところはまたそういう話・・・)。まあそれはともかく、私はそういうランディの姿をイメージして演奏することが少なからずあります。そうすると、良いグルーヴが作り出しやすいんですよね。

関連記事>ブルース・ロックというもの、横ノリ縦ノリについてもう少し

広告

9件のコメント »

  1. ブルース said,

    ロックでもそんなノリはしないよ(笑)

    それにブルースのノリも1234は強、中、強、中ぐらいの感
    じで、2、4を強くするとおかしくなっちゃいますよ。
    もちろんその強や中にも強弱があって、それがグルーブを生む
    のだけどね。

    よく中途半端にアフタービートを理解してるとそんな風に言う
    人もいるね。ちょうどこのランディって人がそんな感じかな。

    要するに、黒人が膝を使って歩く、あの感じがアフタービート。
    足が出て膝がカクッとなって、それが強、中。そこに腰を使っ
    てグルーブってわけ。

    • Yuki said,

      >ブルースさん

      一言でロックといっても色々ありますが。でも4拍全てに拳を振り上げるロックのオーディエンスって多いですよ。

      ブルースもまあ色々ありますが、基本、ドラムのスネアが来るのは2拍と4拍なので、そこにアクセントが生じますよね。ダブル・シャッフルでも2拍と4拍だけスネアを叩く、「ダブル・シャッフル・バックビート」 というのもありますし。シカゴ・ブルースは特に2と4が重いです。

      2拍目と4拍目を感じるというのは 「強くする」 というのは違います。ランディだって、バックビートを感じているだけで、そこだけ強く弾いているわけではありません。もちろん、バックビートにアクセントが来る場合も多々ありますが。ブギウギ・ピアノなど、2と4に極端なアクセントをつける場合が多いですよね。それはやはり、このドラムのリズムを意識しているからです。それに、あなたのおっしゃるように強、中、強、中だと、クラシックの強、弱、中強、弱というノリに近くなってしまいます。

      ご存じないようですが、ランディ・バミューデスは、キム・ウィルソン、リック・エストリン、チャーリー・マッセルホワイト、マーク・ハメル、ラスティ・ジンなど、現在のブルース界のトップ・プレイヤー達と演奏している人です。

  2. ブルース said,

    スネアがアクセントってのはわかりますが
    それがバックビートというのは少し違います。

    クラシックに近いってのも当たり前のことで
    音楽的に4分の4拍子は共通です。歩行をリズ
    ムにしてきてるんですから。1歩目を弱くする
    人いないでしょ?

    それにロックもスネアはバックに付いてま
    すよ。差を強調するあまり、観客の反応まで
    出すのはちょっと・・・。(笑)

    それとバックビートを強く感じているだけで
    そこだけ強く弾いてるのではないって、それ
    は宗教でしょ?その域に入ると会話も議論も
    できにくいです。

    本来のブルースのグルーブ感とこの方たちの
    やってることの差がわかればと思ったのですが、
    (ほんの少しの差ですよ)凝り固まってる方に
    は無理みたいです。

    どんなに現在一流のプレーやであっても本来の
    ブルースとは違うということです。だからみん
    ないまだに必死で古いブルースをコピーなさっ
    てるのでしょ?

    失礼しました。

    • Yuki said,

      >ブルースさん

      スネアはやはりバックビートを強調するものだと思います。何も難しいことを考えずに聞いても、そう聞こえます。

      それから、ロックでスネアがバックビートに来ないとは私は書いていません。でも4拍全てにスネアがつく場合も多いですよね。オーディエンスのことを書いたのは、そういうノリをもたらす種類の音楽があるということが言いたかっただけです。わかり辛くて申し訳ありませんが、本文中の 「拳を上げたり」 というのもオーディエンスのことです。ロックのギタリストがブルースを弾いているのを聞くと、「なんか違う」 と思うことが多いのが、このエントリーを書くきっかけになりました。

      私はクラシックもブルースも弾きます。共通するものもありますが、ノリの感じ方は同じ4/4でもかなり違います。1歩目はもちろん大切ですが、その感じ方はクラシックとブルースでは違います。

      宗教うんぬんというところは私にはさっぱり理解できませんでした。ドラマー (または他のプレイヤー) の作り出すリズムを体で感じながら自分自身のパートを弾くというのが宗教であるとは思いません。

      私としては、現代のブルースを頑なに否定するあなたの方が凝り固まっているように思えます。実りのある議論ができそうにないので、ここで終わらせていただきます。

      これ以上何かございましたら、ご自身のブログまたはホームページ上でお願いいたします。このブログについて否定的なことを書いていただいてもかまいません。

      • 匿名 said,

        先程、コメントさせて頂きましたが、あれはブルースさん宛です。失礼しました!

    • 匿名 said,

      今更のコメントで申し訳ないのですが・・なんでそんなに偉そうな態度なんでしょうか・・? オークランド生まれのブルーズマンと話しててあなたのコメントを読んだのですが、あなたホンマにかっこわるい人なんでしょうね・・「グルーブってわけ」爆笑

      • Yuki said,

        >匿名さん

        コメントありがとうございます。
        私へのコメントじゃなくて安心しました(笑)。

        私のことはともかく、現在活躍している一流プレイヤーを一括してダメ扱いするこの方の態度には私も唖然としました。

  3. 774 said,

    初めまして。
    アルバイト先のブルースセッションで歌いなよ!と誘われるもののブルースてなんぞ!どんな!?
    どの曲がブルースで違うの???と色々なページを拝見しましたが
    こちらが一番しっくりとわかりやすかったです。
    Randy Bermudes素敵ですね。

    • Yuki said,

      ありがとうございます。ね!ランディかっこいいですよね!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。