2011/05/20

動きがかっこいいハーピスト番付 ・ 本編

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged , , , , , , , @ 8:06 am by Yuki

ブルース・ハープ界の色男たち」 に続く、くだらない企画シリーズ第二弾。ということで今回は先日の予告通り、動きがかっこいいハーピスト番付の本編です。では、さっそく行きますよ!

第5位は、片足ロッド

>Rod Piazza

片足に重心をのせて、もう一方の足でリズムを取る姿がかっこいい、ロッドおじ様でございます。0:31 あたりで足元が写ります。ライブ見て惚れそうになりました。「このボーカル・マイクの持ち方はどうなんだろうか?」 という多少の疑問もあばたもえくぼの、最高にセクシーな63才。

第4位は、踊るビッグ・ウォルター

Big Mama Thornton, John Lee Hooker, Big Walter Horton & Dr Ross

以前にも書いたことがありますが、この踊るウォルター様は本当に素敵です。ビッグ・ウォルターって、(残っている他の映像を見る限り) あまり体を動かさなで演奏することが多いと思うのですが、そのイメージとのギャップが良いです。みなさん、女性を落とすにはギャップ、ギャップですよ!あ、でも狙ってやってもだめなんですけどね。

第3位は、トルネード・デニス

Dennis Gruenling – Sweet Home Chicago – Gloucester Blues Festival

うちの夫がデニスのライブを始めて見に行った時、私は日本にいたのですが、ライブの後に、「デニスすごかった!トルネードみたいだった!蛇みたいだった!」 という興奮した電話がかかってきました。その時はなんのこっちゃと思っていたのですが、翌年にライブを見て納得。これはその時の映像ですが、今見てもやっぱり惚れ惚れしちゃいます。シャッフルのリズムに合わせて身体がぐわんぐわんうねる様に動くその姿はまさにトルネード。身体をくねらせながら口を開ける様子は威嚇する蛇 (2:35 あたりくらいからがわかりやすいかと思います)。ちなみに、夫はこのクリップを見るたびに、デニスがこの時自分のアンプを使ったということを自慢します (笑)。私は一緒にピッツァを食べに行ったことが自慢 (爆)。

第2位は、バタ足キム

Kim Wilson, Charlie Musselwhite, Mark Hummel

キム・ウィルソンって、一見演奏している音楽とは関係ないようなところで足を上げたりバタバタさせたりぶらぶらさせたりしますよね。ハープ吹きの夫によると、「この感覚はすごくよくわかる」 とのことですが、私にはどうしてこうなるのかというのは未知の世界であります。でもやっぱりかっこいい。0:52 あたりで、思いっきり盛り上げた後に見せるちょっと攻撃的な表情もいいですね。ステージ上の存在感と歌の上手さも含めて、この人はやっぱり現代ハープ界の王者。

輝く第1位は、役者・サニーボーイ・ウィリアムソン II

Sonny Boy Williamson – Nine below zero

このサニー・ボーイ2世のクリップを見るたびに、大うけ (良い意味で。) する私です。ドレスアップしてお行儀良く聞いている観客がまたおかしい。最後の足の伸びもポイントが高いです。私は演奏家というのは、自分自身のストーリーを自分自身の言葉で語る役者のようなものだと思っています。歌詞がある場合はもちろんですが、歌なし、楽器だけの演奏でもそれは同じで、レッスンでもそういう話をよくします。このクリップのサニー・ボーイ2世の雰囲気の作り方はすごいですね。演奏を始める前から曲の世界に入り込んで、その空気に観客を飲み込んでいく様は、クラシックの演奏家にも似たものがあります。ということで、めでたくこの方が1位!

さて今回、特別賞もあります。

特別賞は、尻振りジュニア・ウェルズ

>Junior Wells – What’d I Say.mpg

ジュニア・ウェルズは激しいパフォーマンスの映像がけっこう多く残っているので、それを1位から5位までに入れても良かったのですが、今回私が取り上げたかったのはハーモニカを吹かずに “What’d I Say” を歌って踊りまくるクリップだったので、特別賞ということにしました。のっけからハイテンションで首を振るジュニア・ウェルズ。ん~感じてますね~バックビート。それからすぐにお尻をふりふりする様子がアップになりますが (0:21 と 0:45 あたり)、なんでしょうか、やっぱりカメラの人は目が行っちゃったんでしょうかね。グッド・ジョブです。2:12 あたりからもかなり振ってますね。まさに特別賞にふさわしい強烈なパフォーマンスです。

それから、オギさんに悪知恵を入れられて、激励賞というのも作りました。この賞は、動きがかっこ悪いハーピストに与えられるものです。

激励賞は、棒立ちジェリー

>Muddy Waters – Blow Wind Blow

ジェリー・ポートノイのファンのみなさま、どうか怒らないでくださいね。このブログでも書いてきた様に、私もジェリーの演奏は好きなんです。なんですが、この人はなぜにいつも、ほとんど直立不動なのでしょうか?ちょっと前かがみで上半身が固まっている感じで、肩もこりそうだし・・・。このちょっと抑制した感じがジェリー・ポートノイの良いところなのかもしれませんが、たまに 「Go Jerry! Go wild! Go crazy!」 と激励の叫びを上げたくなることがある私です。不自然に動き回るハーピストよりはずっと良いですけどね。それに何しろ、演奏が上手ければ身体の動き方なんてどうでも良いことなのですが。しかし何ですね、現在も素敵ですが、この頃のウィリー・スミスはかっこいいですね。セクシーですね (またそういう話・・・)。息子のケニー君もお父さんの若い頃にそっくりで、男前であります。

みなさま、独断と偏見による 「動きがかっこいいハーピスト番付」、いかがでしたでしょうか。みなさまのご想像通りデニスが1位でも良かったんですけどね、今回はセクシーさに限らないかっこよさということで、こういう結果となりました。でもやっぱりこういう番付は、生でライブを見たことのある人が入っちゃいますね。リック・エストリンなんてライブを見たら、すぐさまトップになりそうです。この方のライブはぜひぜひ見てみたい。こういう写真だけでもう大うけ。

くだらない企画にお付き合いありがとうございました。

広告

13件のコメント »

  1. おぎてつ said,

    最初の一言。
    ご苦労様でした。
    しかし、蓼食う虫も好き好き、というかサニーボーイIIが来ましたか!
    この親父、俺ならかっこ悪いの部類に入ります。だって猫背で、顔は恐いしね。
    しかし、始めはなんだか嫌だなあ~と思っていても、その内、毒が廻って痺れたりするのよね。SBWIIは、役者だからネェ。

    僕が文句なしにカッコええなあと思ったのは、Rod Piazzaですね。着こなしも洒落ているしね。それに、とても良いバンドですね。どのパートをとっても粒が揃っているように感じます。

    俺としては、George Harmonica Smithが、どう評価されるかなあ、なんて思うのです。

    汗だくな不器用な動きですが、直情的で、いかにもブルース・ハーピストといった動きやごつい顔が好きだったりします。なんせ、俺はブルドック系の顔が好きですし。

    蛇系のデニスかあ。クネクネとした体の動き、確かに女性にはアピールするでしょうね。

    ま、激しそうな感じの人が、意外に大人しくてオーソドックスだったり、大人しそうな人が意外にも激しくかったり…。
    その意外性が楽しいんですよね。へへへ。

    オギテツ

    • Yuki said,

      >オギさん

      重ね重ねのおつきあいありがとうございます。こういうのは苦労なしにどこまででも書けちゃいます (笑)。

      私は自分の空気を作れる人が好きなんですよね。確かに顔、怖いですけどね、サニー・ボーイ2世。オギさん的にはロッドですか。へええ。こういうのの男の人の意見って興味あります。

      ジョージ・スミスもかっこいいですよね。ゴリラ顔、もといブルドック顔はそんなに好みじゃないですが、この人の演奏している表情はセクシーだと思います。

      そうです、意外性。他の人には見せない顔を自分だけに見せてくれるとか、逆に、普段しないような顔をさせてみたいとか、ね。えへへ。

  2. 森のなかま said,

    仕事から帰って来て覗いたら。。あるある♪
    「通り名?」を念頭におきながら5位からゆっくりと楽しませてもらいました。

    独断と偏見といいながらも「うんうん」と妙に納得してしまうのは、Yuki節にのせられているかなとも思いましたが、「偏見上等!独断で突っ走る!」これがこのシリーズの醍醐味だと思っているのであります。

    SBWIIは確かに意外でしたが、改めてこのクリップをみるとデカイ熊がゆっくりと身体を動かしながら獲物を食べているような姿に魅入ってしまいました。
    そうそう。あの足の伸びはポイントたかいです(笑)。

    特別賞も良かったですねー。Yukiさんの繰り返しになっちゃいますが、あそこでカメラ固定しているのはグッジョブです!
    個人的にはあのテンションのままどうやってステージに戻るのかまで見たかったです(笑)。

    でも何でリック・エストリンがないんだろうと思っていたら、しっかり最後にポーズ決めてくれていました(笑)。一番最初に動きがかっこいと思ったハーピストです。今回はランク外とはいえ嬉しいです♪

    おかげさまで週末前にかなり楽しませてもらいました。次回シリーズを楽しみに待っていまーす。

    P.S.
    ジェリーを激励する下りは何か愛めいたものを感じました(笑)

  3. 森のなかま said,

    すみません言い忘れました。
    「デニスすごかった!トルネードみたいだった!蛇みたいだった!」と電話をかけてくる旦那さん、私が言うのもなんですが私は好きです。

    • Yuki said,

      >森のなかまさん

      ご丁寧に2度もコメントありがとうございます (笑)。
      こういうくだらないこと書いていられるのも、夫婦安泰だからこそですね。

      サニー・ボーイ2世は、音楽を腰で感じている感じがして、そこがかっこいいと思います。リック・エストリンはすごく入れたかったのですが、この人のパフォーマンスはつっこみどころ満載すぎなので、またの機会にすることにしました。

      くだらない企画シリーズは書いていてすごく楽しいので (笑)、いつかまたやりたいと思います。

  4. shin555 said,

    私には納得の1位です♪
    このサニー・ボーイⅡは堪んないですね。
    気が付いたんですがベスト5、みんな大柄の人ばっかです。
    私、自分よりおっきい人(タテでもヨコでも)は
    基本的に好きになるんで気になりました(笑)

  5. Yuki said,

    >shin555さん

    おお、こ、これはするどいつっこみ!!私、背の高い人が好きなんです。あと、髪の長い人 (笑)。もちろんその中でも好みがあって、誰でもいいってわけではないですが、基本、背の高さと髪の長さは高ポイントとなります (でも髪はランディの例もあるし、実はどうでもいいのかも)。

    今回も、無意識に背の高い人を選んでましたね。指摘されてびっくりです。キムはちょっとヨコ系ですが。

  6. ジャンゴ said,

    動きがかっこいいハーピスト番付とはとても女性らしい発想に感心して、そして納得しました。
    永遠のアイドルのホートン師も入ってたので、嬉しいです。
    予想ではデニス氏がダントツと思ってましたので、意表を突かれました。
    オギテツさんも言ってる、私が最近一筋に夢中なジョージ・スミスさんのあのパワー全開な高出力なステージングの残像が忘れられない者としては個人的に入賞して欲しかったです。
    あの映像もホートンさんの映像も女流豪傑ハーピスト関連なんですけれど・・・
    あ、もう一人だけ、ライス・ミラーさんの直系の弟子ジェームス・コットンさんのテキサス・アントンズでのセッション映像にグッと来たのを思い出しました。椅子に座ってますけどエナジーに溢れた演奏がとても印象に残っています。

  7. Yuki said,

    >ジャンゴさん

    「女性らしい発想に感心」 なんて言っていただけると恐縮してしまいます。ただのアホ企画です。おつきあいありがとうございます。

    ジョージ・スミスもジェームス・コットンも入っていなくてすみません!今回は入賞は逃しましたが、二人とも大好きなハーピストです。

  8. Nogi said,

    お久しぶりです。僕もサニーボーイの映像を見て「おお!」と声を上げた一人ですが、ランキングにするのは難しいなあ。こういうのは男女の視点の差もあるでしょうから面白いですね。サクラメントでリック・エストリンを見ましたが彼も役者系?の素晴らしいパフォーマンスでした。コットンのマイクをバシバシ叩く野性味や、頷きながら吹いてるようなマーク・ハメル、あとポール・バタフィールドも格好良いと思います。昔々ライブなどやりだして間もない頃、ヴィデオで観たポール・バタフィールドのくねくねする動きを真似してみて、付け焼刃ではまったく様にならないことを思い知った記憶が蘇ります。

    • Yuki said,

      >Nogiさん

      お久しぶりです!

      そうそう、こういうのは自然にできるから (自然に身体がそう動いてしまうから) かっこいいんであって、無理して真似してもばればれだし、かっこ悪いだけなんですよね。でも、かっこよく演奏できている自分の姿や、かっこいいプレイヤーの姿を思い浮かべたりしてイメージ・トレーニングをすることは大切だと思います。

      リック・エストリン見られたんですよね。いいなあいいなあ、うらやましい。

  9. ogitetsu said,

    俺、今気がつきましたが、黄色やオレンジ、赤が好きなんですよね。
    だから、ロッドの黄色のスーツが好きなんだろうと。
    あんな、スーツを着こなしたいですネェ。
    ま、俺が着るとClownだろうけど。

    おぎ

    • Yuki said,

      >オギさん

      ロッドは派手な色のスーツを着ることが多いですね。
      黄色を着こなすのは確かに難しいですね。私も最近、赤は物によってはいけることが判明したのですが、黄色はちょっと自信ないなあ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。