2011/06/27

キム、客席に降りるの巻

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外 tagged , , , @ 1:05 pm by Yuki

なんだか最近ろくでもないことばかり書いていますが、一応お勉強もきちんとしています。スロー・ブルースにおけるベース・ラインと、ベースと他のパート (ヴォーカルを含む。) のからみ方をもっと勉強して改善しようということで、古い物から新しい物まで色々と聴いていたのですが、その中で大いに気に入ったクリップ。

キム・ウィルソンが非常にかっこいいです。ハーピストがステージから降りて、客席でハープを吹くというのはよくある光景ですけれども、キムがやっているのは初めて見ました!マイクなしで演奏しているのは見たことがありますが、客席に下りているのは他では見たことがなかったように思います。最後は歌までマイクなしで歌っています。キム兄、かっこいい!歌上手い!先日のクリップから名誉挽回!

ちょっと長いので2本仕立てになっています。佳境に入るのは2本目ですが、1本目はそれほど長くないので、お時間のある方はぜひぜひ1本目からどうぞ。かっこいいですよ!ロックっぽいのからソウルっぽいのまで色々演りますが、ブルースもしっかり演奏できるのが、Fabulous Thunderbirds の魅力。

>Fabulous Thunderbirds Early in the Morning Ram’s Head P1

>Fabulous Thunderbirds Early in the Morning Ram’s Head P2

マイク・ケラーのソロもすごく良いです。音きれいですねえ。それに、ちょっと袖口がはだけすぎですが (いい男のシャツのこととなるといちいち細かい。)、今回はTシャツなし!

ランディはウッド・ベースを弾くこともあって、こういう曲を演奏してもさすがに上手いと思います。この方は普段は親指をピックアップの端にのせて残りの指で弦を弾くことが多いのですが、こういう曲では親指を使って弦を弾く様に弾いたりするんですよね。スラッピングっていうんですか?詳しいことはわかりませんけれども、ちょっとウッド・ベースっぽい音が良いと思います。繊細な演奏。他のプレイヤーとのからみも上手い。かっこいい人の演奏を聴くと、私はいつも本物のベースが弾きたくなってしまうのですが、なんとか自分に言い聞かせて、手を出さないようにしています。だめだめ、そんなお金も場所も時間も体力 (ベース・アンプはさぞかし重かろう。) もないんだから。それに、私のことだから、がむしゃらに練習して腱鞘炎にでもなるに決まっている (バイオリンを練習しすぎて腱鞘炎になったアホな経験あり)。来世は絶対にベーシストになりたいと思う今日この頃。

広告