2011/07/24

Amy Winehouse – R.I.P.

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 9:39 am by Yuki

今日はマジック・サムについて書く予定だったのですが、エイミー・ワインハウスの訃報があったので、追悼の記事とします。

ものすごいファンだったというわけではないけれど、やはりその歌の上手さ、個性的なパフォーマンス、ソングライターとしての才能に、一目置かずにはいられなかったアーティスト。

昨晩、ライブの後の会場では、彼女の音楽がかかっていた。27歳という早すぎる彼女の死を誰もが悼んでいた気がする。私はフロアに出て踊って、彼女のことを思った。ドラッグ、アルコール、摂食障害、自傷行為に苦しんだ人生。その中で見せた本物の輝き。

Amy Winehouse – Valerie (live on BBC Sessions)

広告

2011/07/13

音楽はやはりメイクラブ的に

Posted in ハーモニカ・プレイヤー, ハーモニカ以外 tagged , , , , @ 2:39 pm by Yuki

このブログを読みに来て下さっている方々はご存知かと思いますが、私は古いブルースと同じくらい、現代のブルース・プレイヤーやブルース・シーンに興味があります。例えば、「何だかんだ言ってもやっぱり誰もリトル・ウォルターにはかなわないや」 というようなことを思うこともたびたびあるのですが、それでもやっぱり現代のブルース・シーンを追うのは楽しいと思います。現在トップ・プレイヤーとして活躍している人達は皆、ものすごい労力と時間を費やして真剣に古いブルースを勉強して来たはずで、そういう人達が今、どうやってブルースを自分のものとして演奏しているかというのは、彼らと同じく現代においてブルースを演奏する者の端くれとして、また純粋にブルース・ラバーのリスナーとして、私はすごくエキサイティングなことだと思うんです。

最近はまっているのが、ジョン・ネメス (John Nemeth) がキッド・アンダーセン (Kid Andersen)、ランディ・バミューデス (Randy Bermudes)、マーティー・ドッドソン (Marty Dodson) と演奏しているクリップです。このブログでは何度か取り上げて来ましたが、すごく好きな演奏で、もうちょっと書きたくなってしまったので。

>John Nemeth & Kid Andersen – Come And Get It

>John Nemeth & Kid Andersen – She’s Looking Good

ジョン・ネメスはハーピストなのでみなさんご存知かと思いますが、他の3人も、現在のブルース・シーンで活躍しているミュージシャンです。ハーピストとの共演も多くて、キム・ウィルソン、リック・エストリン、チャーリー・マッスルホワイト、マーク・ハメル、デニス・グルンリングのアルバムなどで一度は名前を目にしたことがあるかと思います。誰と誰が一緒に演っているかというのを追うのもまた、現代ブルースの楽しみのひとつです。私はそれほどくわしいわけではないですが (すべてのミュージシャンの活動を常に追っているわけではないので。)、でも例えば、デニス・グルンリングのアルバムにマーティー・ドッドソンの名前を見つけたり、リック・エストリンのライブにランディ・バミューデスがゲストで参加しているのを見たりすると、やっぱりわくわくしちゃいます。

ジョン、キッド、ランディ、マーティーという組み合わせは他では見たことがないと思うのですが (いや、他にもある!と言う方はぜひ教えてください!)、すごくかっこいいと思います。ランディが出ているので私としては視覚的に楽しいというのもありますが、そういう下心は抜きにして、純粋にバンド・サウンドとしてこのクリップの演奏はすごく好きです。マーティーのプレイにランディが反応したり、その逆もあったり、ジョンの歌とキッドの掛け合いが良かったり、マーティーがジョンのプレイに反応して煽ったり、それにランディが加わったり。4人のからみ具合がおもしろくて、何度聴いても飽きません。

ブルースに限らず、クラシックなんかでもそうなのですが、音楽には、特定の相手と演奏するからこそ生まれるエネルギーやマジックみたいなものがあって、そこがおもしろいのだと私は思います。パフォーマンスの場合は、会場の雰囲気やオーディエンスのヴァイブなどによっても演奏のエネルギーの方向性が変わります。それが生きた音楽というものであって、誰とやっても同じ、どこでやっても同じ演奏しかできないなら、それはつまらないというか、人と演奏したりパフォーマンスとして演奏をする意味はあまりないような気が私はします。

以前、知り合いのギタリストがドラマーに、ある曲 (確かマジック・サムの曲だったと思います。) を 「CDと同じようにやって」 と頼んでいるのを耳にしたことがあるのですが、傍で聞いていて、「それは無理!!」 と思いました。だって、彼 (ドラマー) はマジック・サムとやるわけではないし、他のバンド・メンバーだってCDで演奏しているミュージシャンとは別人です。バンドの編成だって違います (そのバンドには原曲にはないハーモニカが入っていました)。「全体的にこういう感じで」 というのならわかるのですが、最初から最後までCD通り叩けというのではアンサンブルから生まれる音楽の面白みを殺してしまうと思います (誤解のないようにちょっと説明しますが、私はすべての音を一音一音コピーして学ぶやり方を否定するわけではありません。それはブルースを学ぶ上では避けては通れない道だと思います。でも、それと私がここで言いたいことは別のことです)。2人のミュージシャンが、よく聞き合って、反応し合ってひとつの演奏を作り上げる時、1+1が2以上になる瞬間があるのが、音楽というものだと私は思うんです。

以前書いたマーティー・ドッドソンについての記事で、

「どういうシャッフルを演奏するのかというのは、他のプレイヤーがどういった演奏をしているのか、どういったサウンドを作り出そうとしているのかによる」

「他のバンド・メンバーと一緒に音楽的な演奏を作り出すことにエネルギーを注ぐことが大事なんだ」

というマーティーの言葉を紹介しましたが、これは人と一緒に音楽を作り上げる上で、本当に大切なことだと思います。先日ライブを見たジェリー・ジェモットも、他の人がソロを取るたびに毎回身体の向きを変えて、そのプレイヤーと会話をするかのようにベースを弾くその姿がとても印象的でした。ギター、ハモンド・オルガン、ピアノ、テナー・サックスとソロを取る楽器は多かったのですが、その度にジェモットは身体の向きを変えるんです。

他の奏者の演奏をよく聴いて、それに反応して演奏するというのはアンサンブルの基本だと思いますが、でも、他のプレイヤーがやっていることを聞かずに弾きまくる (吹きまくる) 人って意外と多いですよね。こういう演奏を、英語で “wanking” と言います。”wank” というのは、スラングでマスターベーションのことです。特にギタリストに多くて、ロックっぽいギタリストが集まるジャム・セッションでは 「大ギター・ワンク大会」 となってしまうこともあり、こういう時は私は演奏はあきらめます。でもドラマーやベーシスト、ピアニスト、ハーピストでもたまにワンキングをしている人を見かけるので、ギタリストに多いというのはただ単にギタリスト人口が多いというだけなのかもしれません。何はともあれ、音楽はやはりマスターベーション的にではなくて、メイクラブ的に楽しみたいものだと思います。

2011/07/07

Jerry Jemmott !!!

Posted in ハーモニカ以外 tagged , @ 12:43 pm by Yuki

ビックリマークを3つもつけてしまいました。すみません。興奮しています。ジェリー・ジェモットを観に行って来ました。

グレッグ・オールマンとのツアー。私はオールマンについての知識はもうほとんどゼロに近かったのですが、最新のアルバム “Low Country Blues” がブルースのカヴァーを中心としたもので、今回のツアーもこのアルバムを引っ下げてのものだということだったので、行ってみることにしました。それに、ジェモットはもちろん、ピアノが Bruce Katz、ドラムが Steve Potts というのにも惹かれました。これはぜひ観てみたいではないですか。

ジェリー・ジェモットはやっぱりかっこよかったです!さすがにフリフリのシャツは着ていませんでしたが、それでもやっぱり素敵。黒のパンツに黒のTシャツというシンプルな格好でも、歳を取ってちょっと髪が薄くなっていて、髭や髪の毛がグレーになっていても素敵。ベースを弾く姿ももちろん素敵。重心は腰の辺りに常にあって、それを膝で弾ませている感じ。ゴムマリみたいというご感想がありましたが、私はヨーヨー風船みたいだなあと思いました (笑)。たまに、フロアの上で足を滑らせてダンスするような動きも素敵でございました。シャッフルの曲では、バックビート (2拍目と4拍目) で膝を曲げて身体を浮き沈みさせながら弾くのですが、その様子もまたかわいかった!楽しそう!!ファンキーでエレガントなジェモットおじ様。

この方が演奏すると、どんな曲でも垢抜けちゃうから不思議です。サウンド的には、ホールの音響のせいか、私の座った席の位置のせいか、ベースの音がちょっと聞こえにくかったのですが、それでも生ジェモットの演奏には感動。ベース・ソロもあり、それが聞けただけで、もう大感激 (涙)。ブルースもたくさん演奏しましたが、オーディエンスには、オールマン・ブラザーズのファンの年配の方が多かったようで、オールマン・ブラザーズの曲を演奏するたびに会場は盛り上がっていました。そしてそして、なんと!! “Ridin’ Thumb” も演りました!!これはジェモット・ファンとしてうれしかったです (このクリップはたぶん、先日紹介した “Memphis Soul Stew” と同じ時の録画ですね。かっこいいです。セクシーです。惚れてしまいます)。感動!!

それにしても、先日のジョン・クリアリーといい今回のジェリー・ジェモットといい、写真を撮ることをすっかり忘れていました。まあそれだけ集中して楽しんでいたということなのだと思いますが、ブロガーとしては失格。

2011/07/03

Jon Cleary 2011

Posted in ハーモニカ以外 tagged @ 8:46 pm by Yuki

ジョン・クリアリーのライブに行ってまいりました。昨年と同じ、生ピアノ、ウッドベース、ドラムのトリオ。平日だったし、この時期他に行きたいライブも色々とあったので、実はちょっと迷っていたんですけどね。やっぱり行ってよかった。仕事キャンセルしてロンドンまで出向いた甲斐がありました。

ピアノ一本での演奏もすごく上手い人ですが、最高のバンドサウンドを作り上げる人でもあります。今回はオールスタンディングだったこともあり、踊りまくりで楽しかった!ニューオリンズの音楽もやはりバックビートが基本だと思いますが、セカンドラインやラテン音楽の要素も多く含むので、そのノリは独特です。ルンバのリズムの曲なんかでも、シカゴ・ブルースやウェスト・コースト・ブルースのそれとはぜんぜん違う。思いがけないところでアクセントが来たりするので、私は踊ると膝や腰がかくかくしちゃいます。でもその感じがすごく気持ち良い。

ジョン・クリアリーの演奏で私が特に好きなのは、やはりニューオリンズ・テイストのファンキーなノリの曲なのですが、今回はバラードがすごくよかったです。ちょっと涙なんか出ちゃいました。

CDでお勧めなのは、”Mo Hippa”。

私が今までライブを見た中で最高のバンド、the Absolute Monster Gentlemen と演奏しているライブアルバムです。このバンドのライブは本当に強烈だったのですが、その感じが良く伝わるアルバム。こちらでサンプルが聴けます。

Mo Hippa (Amazon.com)

でもやっぱりライブが最高で、日本にもたまに行っているようなので、興味のある方はぜひライブを体験して下さい!