2011/07/07

Jerry Jemmott !!!

Posted in ハーモニカ以外 tagged , @ 12:43 pm by Yuki

ビックリマークを3つもつけてしまいました。すみません。興奮しています。ジェリー・ジェモットを観に行って来ました。

グレッグ・オールマンとのツアー。私はオールマンについての知識はもうほとんどゼロに近かったのですが、最新のアルバム “Low Country Blues” がブルースのカヴァーを中心としたもので、今回のツアーもこのアルバムを引っ下げてのものだということだったので、行ってみることにしました。それに、ジェモットはもちろん、ピアノが Bruce Katz、ドラムが Steve Potts というのにも惹かれました。これはぜひ観てみたいではないですか。

ジェリー・ジェモットはやっぱりかっこよかったです!さすがにフリフリのシャツは着ていませんでしたが、それでもやっぱり素敵。黒のパンツに黒のTシャツというシンプルな格好でも、歳を取ってちょっと髪が薄くなっていて、髭や髪の毛がグレーになっていても素敵。ベースを弾く姿ももちろん素敵。重心は腰の辺りに常にあって、それを膝で弾ませている感じ。ゴムマリみたいというご感想がありましたが、私はヨーヨー風船みたいだなあと思いました (笑)。たまに、フロアの上で足を滑らせてダンスするような動きも素敵でございました。シャッフルの曲では、バックビート (2拍目と4拍目) で膝を曲げて身体を浮き沈みさせながら弾くのですが、その様子もまたかわいかった!楽しそう!!ファンキーでエレガントなジェモットおじ様。

この方が演奏すると、どんな曲でも垢抜けちゃうから不思議です。サウンド的には、ホールの音響のせいか、私の座った席の位置のせいか、ベースの音がちょっと聞こえにくかったのですが、それでも生ジェモットの演奏には感動。ベース・ソロもあり、それが聞けただけで、もう大感激 (涙)。ブルースもたくさん演奏しましたが、オーディエンスには、オールマン・ブラザーズのファンの年配の方が多かったようで、オールマン・ブラザーズの曲を演奏するたびに会場は盛り上がっていました。そしてそして、なんと!! “Ridin’ Thumb” も演りました!!これはジェモット・ファンとしてうれしかったです (このクリップはたぶん、先日紹介した “Memphis Soul Stew” と同じ時の録画ですね。かっこいいです。セクシーです。惚れてしまいます)。感動!!

それにしても、先日のジョン・クリアリーといい今回のジェリー・ジェモットといい、写真を撮ることをすっかり忘れていました。まあそれだけ集中して楽しんでいたということなのだと思いますが、ブロガーとしては失格。