2011/10/21

踊りのすゝめ

Posted in ハーモニカ以外 @ 10:54 pm by Yuki

先日、友人の誕生日パーティーにお呼ばれしました。ハウスパーティーだったのですが、音楽関係の人だけあって、バンドの生演奏あり、DJありで自宅がクラブ化するという、なんとも賑やかな楽しいパーティーでございました。バンドの演奏も良かったのですが、DJがまた素晴らしかった。ソウル中心で、R&B、ロックンロール、ファンクなどを織りまぜた選曲。これはもう踊るしかないです。私は現在、体調管理のため禁酒中なのですが、楽しい音楽のおかげでお酒がなくてもすっかりハイになってしまいました。音楽+お酒という組み合わせはすごく好きですが、「良い音楽があればドラッグなんていらないよなあ」と思うことが多いのもまた事実。お酒が入らないと人前では踊れない夫(恥ずかしがり屋さんなんです。)には、「素面でよくそんなに踊りまくれるもんだ」と呆れられていた気がしますが、それはさておき。

そんなわけで何とも楽しい一夜だったのですが、音楽に合わせて踊ってみるというのは、ミュージシャンにとって大切なことなのではないかと改めて感じた気がします。ソウルもR&Bもロックンロールもファンクも、どれもバックビートが基本の音楽ですけれども、そのグルーヴは曲によって違います。前の拍から次の拍へ流れるようなグルーヴの曲もあれば、バックビートにビシッと切れの良い重みが来る曲もあり、全部の拍がぼんぼんぼんぼんと弾んで思わずお尻が浮いちゃうような曲もあり。曲中でグルーブが変わるということもよくありますね。音楽を身体のどの部分でどう感じてどう表現するか、というのはやっぱり大切な気がします。以前、「動きがかっこいいハーピスト番付」という企画をやったことがありますが、上手い人は音楽をしっかりと身体で感じているんですよね。何も、上手に踊れなくったっていいんです。人前で踊るのはどうも苦手という方は、おうちで大好きな音楽をかけて思いっきり踊ってみてはいかがでしょうか。

それでは、先日のパーティーでやたらと盛り上がっていたこの曲を最後に。Let’s dance!
Wild Cherry – Play That Funky Music White Boy

広告

2件のコメント »

  1. おぎてつ said,

    僕も素面でも踊れるくちです。というか、酒が入っていない方に踊る方が好きです。
    大学時代にブラジル音楽研究会というのが有って、夏などには講堂の前でサンバを演奏するのですが、ほとんどの人は立ち見してましたね。僕は、あのリズムが聞こえると踊るのですが、余りにも踊る人が少ないので、かえって驚きました。

    ジェイムス・ブラウンなんて、背の低いチンチクリンの男でしたが、踊りだすと突然、強烈なオーラが輝いたですよね。

    踊ろう!
    そ、枯葉でも地面に落ちる前に一踊りしますもの。

    おぎ

    • Yuki said,

      >オギさん

      サンバって踊るの難しくないですか?!
      私もラテン音楽はすごく好きですが、すんなり身体が動くのはやっぱりブルースとかR&Bとか、それ系の音楽だなあ。

      あと、うねりのないロックとか、ヘッド・バンギング系のロックも、踊るの難しいと感じます。まあ、こういうのはあまり聞かないのですが。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。