2012/03/28

トレイン・イミテーション

Posted in テクニック, ハーモニカ・プレイヤー tagged , , @ 9:03 pm by Yuki

舌の裏に口内炎ができました。ハーモニカを吹くと痛いので、昨日からは、舌をあまり動かさなくてもできるトレイン・イミテーションの練習を主にしています。まあこれは普段(舌が痛くない時)もだいたい毎日やるのですが、この際だからちょっと集中して練習してみようかと。

簡単なようで意外と難しいトレイン・サウンド。でもこれを練習するとブレス・コントロールが身に付くので、他の色々なことが楽にできるようになると思います。参考にしているのは、生で聴いた感動が忘れられないジョー・フィリスコのトレイン・イミテーション。

Amanda’s Rollercoaster / Joe Filisko Train Blues

ブレス・コントロールの極致。すごいなあ。私がやっているのはもちろん、これを何十倍にもシンプルにしたものです。でもそれでも難しい。息切れしちゃう。やってみるとよくわかりますが、音をいきなり小さくしたり (3:08 あたり)、いきなり大きくしたり (3:21 あたり) するのもすごく大変です。

本家はこちら。

>DeFord Bailey – Pan American Blues

>Palmer McAbee McAbee’s Railroad Piece

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。