2012/05/05

Must Be Jelly

Posted in ハーモニカ・プレイヤー tagged @ 10:02 pm by Yuki

日本滞在中、こんなことや

こんなことや

こんなことを

毎日続けていたので、見事に太りました!

危機を感じつつもダイエットに身が入らない理由はズバリ・・・

太ると夫が喜ぶ。

これに尽きます。

うちの夫に限らず、こっちの人は、ぽっちゃりした女性をせくしぃ~と言うことが多いです。女性誌 (なんて買わないですけど、買い物に行くとレジの側に置いてあるので、見出しが目に入る。) などでも取り上げられているので、「ぽっちゃり=セクシー」 というのは、男女共通の見解のようです。

ウィリアム・クラーク (William Clarke) の歌にもありますね。

ゼリーじゃなきゃダメなんだ。だってジャムじゃあんなふうには揺れないからね。

>william clarke-Must Be Jelly

原曲は、チャミー・マクレガーがグレン・ミラー・オーケストラのために書いた “It Must Be Jelly (‘Cause Jam Don’t Shake Like That)” だと思いますが、ウィリアム・クラークのバージョンは、その後に続く歌詞もおもしろいです。

あの娘に惚れてるんだ。だってすごくデカくて太ってるからさ。
俺を腕に抱いて、「小さな男の子」 って呼ぶんだ。
彼女は自分のやりたいようにやるんだ。だって俺は彼女のおもちゃだからね。

日本人の私としては、「ゼリー」 と聞いて思い浮かべるのはこういうので、

この曲を聞く度に、スムーチー (smoochy) な音楽に合わせて、頭の中でぷるるんぷるるんとゼリーが揺れるのですが、アメリカ英語で “jelly” というと、なめらかなジャムみたいなもののことを指すらしいです。しかし、ウィリアム・クラークって体格よかったですよね。あの彼を腕に抱いて 「リトル・ボーイ」 と呼ぶって、どんだけでかいんでしょうか、この女性。

ハーモニカの演奏については、6:00 あたりからが特にすごいと思います。長く伸ばす音が、6度、7度、2度、それからやっと1度 (主音) となっていて、この音のチョイスの仕方が最高に気持ち良いです。何度聴いても飽きません。今日はこれ、30回くらい聴きました (爆)。

ウィリアム・クラークって、写真やビデオではサングラスをしていることが多いですが、たまに見るサングラスなしの顔が私は好きです。いい男ですね。どうしてあんなに早く亡くなっちゃったんだろう、と胸が痛くなります。ジョージ・スミスと写っているこの写真は、こちらのサイトからお借りしました。

広告